コンタクトについて

コンタクトのサブスクおすすめ8選を比較!コスパや注意点は?

記事更新日: 2021/08/04

執筆: 浅利美月

コスパグ

こんにちは!コスパ部です♪

みなさんの中に、こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

アオイ

コンタクトが切れるたびに買いに行くのが面倒、、、

ヒナタ

質の高いコンタクトを格安で購入したい!

そんな方におすすめしたいのが、コンタクトの定期購入サービスです!!

コンタクトの定期購入サービスを利用すれば、コンタクトが無くなるタイミングで自宅に配送されるため、店頭に出向く必要はありません。

今回はそんなコンタクトの定期購入サービスから以下【8つ】を、徹底比較していきたいと思います!

コンタクト定期購入サービス 8選
  • 3Cプラン
  • メルスプラン
  • おうちに届くアイシティ
  • dicon(ダイコン)
  • メガネスーパー コンタクト定期便
  • リフレア 定期購入
  • メアシス 定期購入
  • アットスタイル 定期購入

一口にコンタクトの定期購入といっても、サービスによって料金やシステム、特徴は異なります。

この記事を読んで、ぜひ自分にぴったりなサービスを見つけてみてください。

それではさっそく紹介していきます!

この記事の監修

大和 貴人(やまと たかと)

2013年、慶應義塾大学卒業後、新卒で三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。
その後、大手広告代理店への転職を経て、2019年に㈱ユニベルを設立。
2020年1月、サブスク紹介サイト「コスパ部」を立上げ。
サブスク専門家として、日本テレビ「スッキリ!」、MBS「ミント!」などのメディアに多数出演。

コンタクトのサブスクって?

コンタクトのサブスクとはコンタクト定期購入のことで、以下の2つのタイプあります!

コンタクトのサブスク
  • 個別に購入するよりも安く、一度注文すれば定期的にコンタクトが配送される
  • 毎月定額料金で、コンタクトが配送される

前者は、初めは通常のオンライン購入とほぼ変わらず、その後定期的にコンタクトが自動で配送されるものです!

これにより、コンタクトの買い忘れを防ぐことができます

後者は、箱ごとの支払いでは無いため、コンタクトが足りなくなっても新たに受け取ることができます!

後者のサービスは毎日コンタクトを使う方向けのサービスです。

今回は両タイプのサービスについて紹介しているので、是非最後まで読んでみてください♪

 

コンタクト定期購入のメリット・デメリットは?

ヒナタ

定期購入にすることのメリットってなんだろう??

こんな疑問をお持ちの方のために、まずは定期購入ならではの魅力について紹介していきます!

コンタクト定期購入のメリット
  • コンタクトを買いに行く手間が省ける
  • 通常よりお得に購入できる場合が多い

 

コンタクトを買いに行く手間が省ける

定期購入にする際の最大のメリットは、自分でコンタクトを買いに行く手間が省けることです!

「気づいたら明日のコンタクトがなかった、、、」なんて経験をしたことがある方はいませんか?

定期購入に切り替えれば、そんな煩わしさともおさらばできます!

定期的にコンタクトが自宅に配送されるため、「あれ、あと何日分コンタクト残ってるっけ」なんて心配も無用になりますね。

また、欲しい度数のコンタクトが取り寄せになることもなく、必要な時に確実に商品を受け取ることができます。

 

通常よりお得に購入できる場合が多い

定期購入は、通常通り店頭で購入する場合よりもお得にコンタクトを買えることが多いです!

中には充実した保証が付き、割高になるサービスもありますが、むしろその保証内容を考慮すると安いと感じるとの声も多くあります。

お得なためもうけが出にくくなるからなのか、コンタクトの定期購入サービスに関してはあまり大々的に宣伝されず、店頭でも勧められない場合も多いです。

コスパグ

 

価格と保証どちらを重視するかによって、ぴったりなサービスが変わってくるよ!

 

一方で、コンタクト定期購入には以下のようなデメリットもあります。

コンタクト定期購入のデメリット
  • 様々なサービスの価格を比較する必要がある
  • 初めは店舗に行かなくてはならない場合がある

 

様々なサービスの価格を比較する必要がある

コンタクト定期購入では、サービスごとに大きく価格が変わることが多いです。

また、サービスによっては特定の時期にセールで安く購入できる場合もあるので、

価格を重視したい方はサービスごとの値段を調べ、比較する必要があります…。

 

初めは店舗に行かなくてはならない場合がある

サービスによっては初めに店舗に行かなくてはならない場合があります。

店頭でのみ価格を知ることが出来るサービスもあるため、忙しい方は中々難しいですよね…。

またサポートが手厚いサービスは、定期的に処方箋を提出しに店舗に出向く必要がある場合もあります。

近くに店舗が無い方は、このようなサービスは利用が難しいかもしれません。

 

各サービスの特徴がまるわかり!8社一覧表・比較図

各サービスについて詳しく紹介する前にまず、おおまかに説明していきます!

 

サービス一覧表

この一覧表では、【アフターケアの充実度・処方箋が必要がどうか・別費用の有無・カラーコンタクトの取り扱いの有無】のポイントから全8社をまとめました。

まずはこれを参考にして、自分に合いそうなサービスを見つけてみてください!

コスパグ

送料はすべてのサービスで無料になっているよ!

アフターケアが手厚いサービスは、処方箋が必要であることが多いので、

コンタクトを使い始めたばかりで、どのレンズが合うか分からない方や不安がある方向けです!

一方で、アフターケアが薄いサービスは、処方箋が不要であることも多く、

ずっと同じコンタクトを使っていて不安が無く、いちいち店舗に行く時間が無い方向けです!

また、それぞれのサービスの「価格」・「種類の豊富さ」を簡単にまとめた図を紹介します!

8社を比較したチャート図↓

リフレアやダイコンは自社製品のみの取り扱いのため種類は少ないですが低価格を実現しています。

また、メルスプランはそもそも取り扱い商品自体が高額なものが多いため、

価格は高めとなっていますが通常購入よりはお得に購入できる場合も多いです♪

 

コンタクト定期購入は本当にお得なの?

今回ご紹介するサービスではそれぞれ取り扱う商品が異なります。

そのため、「利用しようと思ったサービスで普段自分が使っているコンタクトがなかった、、、」なんて可能性も十分あるのです。

そこでコスパ部では各サービスを徹底調査し、【1day・2weekそれぞれ代表的な商品の各サービスにおける取り扱いの有無】と、その中でも【特にお得に購入できるサービス】をまとめました!

 

コスパグ

「dicon」と「リフレア」は自社オリジナル商品のみの取り扱いになるから、各サービスの紹介ページで別途詳しく紹介するね。

今回調査した商品のラインナップは以下の通りです。

1dayレンズ
  • CooperVision 「MyDay」
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン「ワンデー アキュビュー トゥル―アイ」
  • SEED 「ワンデーピュア うるおいプラス」
  • ボシュロム「メダリスト ワンデープラス」
  • メニコン「Magic」
2weekレンズ
  • CooperVision 「バイオフィニティ」
  • SEED 「2week Pure うるおいプラス」 
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン「アキュビュー オアシス」
  • Alcon 「エアオプティクス」
  • メニコン「2WEEKメニコンプレミオ」

 

1dayレンズ

まずは1dayレンズについて紹介していきます。

1ヵ月あたりの料金で比較していきます!

コスパグ

メアシスは種類も豊富で低価格のものが多いのかな?

赤字の価格は、サービスごとに料金を比較した際の最安値です。

商品によってはどのサービスを選ぶかで毎月1,500円ほど料金が変わってくるため、

自分が普段利用しているレンズに合わせてぴったりなサービスを選ぶことがとても大切なんです!!

また、商品によっては定期購入よりも通常購入の方が安い場合もあります

保証が付いていることで通常価格よりも高額になっているのですが、

価格重視の方はしっかりと比較することが大切です!!

私自身、メニコンのMagicを普段1箱2,700円ほどで購入しているため、定期購入を利用したほうが月600円ほどお得になりそうです。

 

ヒナタ

コンタクトはほとんど毎日使うものだから、やっぱり安さは大切だわ。

 

2weekレンズ

次に2weekレンズについて紹介していきます。

こちらも同様に、1カ月あたりの料金で比較しました!

2weekレンズでも1day同様、サービスによって取り扱う商品や値段が様々になっています。

コスパグ

1dayよりも2weekのほうが全体的にコスパがいいね!

2weekでは、定期購入よりも通常購入の方が安く買える場合が多いという結果になりました!

ただ、2weekは1箱で3ヵ月分入っていることから次に購入するまでの期間が長く、忘れがちです。

定期購入は自動で定期的に送られてくるため、それが無いのは嬉しい点ですよね♪

 

これらをまとめると、定期購入は価格だけで比較すると割高になることが多いという結果になりました!

 

ただ、定期購入は値段以外の面でも様々な良い面があるので、

以下のサービスごとの詳細ページも参考にして自分にぴったりなサービスを見つけてみてください!

注意
「おうちに届くアイシティ」に関しては、HPやパンフレットに料金の記載がありません。
実際に利用を検討している場合は、店頭に出向きアイシティの会員登録を行ったうえで金額を確認する必要があります。

 

各サービスを詳しく紹介!!

アフターサービスが充実「3Cプラン」

「3Cプラン」は、コンタクト販売店「エースコンタクト」が展開するサービスです。

「3Cプラン」のメリットは以下の通りです!

「3Cプラン」のメリット
  • アフターサービスが充実している
  • 箱単位ではなく、完全な月額制
  • いつでも度数や商品を変更できる
  • 通常レンズだけでなく乱視用や遠近両用、カラコンも取り扱っている

3Cプランの最大のメリットは、アフターサービスが充実していることです!

3Cプランでは基本的に3カ月分のコンタクトをまとめて受け取るシステムになっています。

そのため、

ヒナタ

途中で度数変更が必要になったり、汚れなどでレンズが足りなくなったらどうしよう、、、

という不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

3Cプランでは、違和感を感じたり度数を変更したくなった場合、次のレンズを受け取る前であっても商品の変更が可能なんです!

さらに、商品1箱ずつに値段を設定する形ではなくレンズごとに月額料金を設けているため、

万が一レンズが足りなくなった場合は店頭で追加のコンタクトをもらうことができます。

 

コスパグ

万が一のトラブルの時も安心だね!

一方、「3Cプラン」のデメリットとしては以下の点が挙げられます。

「3Cプラン」のデメリット
  • 申し込み時は店舗に行く必要がある
  • 処方箋が必要
  • 一年以内の解約はできない
  • 入会金がかかる
  • HPなどから気軽に価格を確認することが出来ない

3Cプランではネットからの利用申し込みはできず、必ず店舗を訪れて入会手続きをする必要があります。

処方箋に関しても有効期限が切れる前に、店舗に出向き直接提出しなければいけません。

 

コスパグ

定期購入を利用しようとしている人には、店舗に行く時間が無い人も多いよね。

また、サービス利用開始時から一年以内の解約はできないため注意が必要です。

さらに、充実したアフターサービスがある代わりに入会金一律3,300円が別途必要になります。

この入会金は、店舗での入会手続き時に月額料金2か月分と合わせて支払うことになっています。

また、各プランの価格もオンライン接客店頭でしか知ることができません。

まとめると、「3Cプラン」は

毎日コンタクトを使っていて、店舗に行くのがそれほど面倒ではなく、充実したアフターサービスを重視する方

におすすめのサービスです!

 

メニコンの商品がお得に購入できる「メルスプラン」

「メルスプラン」は3Cプラン同様「エースコンタクト」が提供する、メニコンの商品に特化したサービスです。

「メルスプラン」のメリットは以下の通りです。

「メルスプラン」のメリット
  • メニコンの商品に特化している
  • アフターサービスが充実している
  • 箱単位の金額ではなく、完全な月額制
  • いつでも度数や商品を交換できる
  • 1dayレンズをお得に購入できる

「メルスプラン」の基本的なシステムやサービス内容は「3Cプラン」とほとんど変わりません!

「メルスプラン」最大の特徴はメニコンの商品に特化している点です。

また、普段はハードレンズや2weekレンズを利用している方でも、お得に1dayレンズを購入できる「1DAYプラス」サービスを利用することができます。

コスパグ

このサービスがあると、旅行の時やスポーツをするときにとても便利だね!

さらに、「メルスプラン」に加入するとレンズだけでなくケア用品も一緒に自宅に配送してもらうことが可能になります。

ケア用品は気づかないうちになくなってしまいがちなので、このサービスはとても助かりますね!

 

一方で「メルスプラン」のデメリットとしては、以下の点が挙げられます。

「メルスプラン」のデメリット
  • 申し込み時は店頭に行く必要がある
  • サービス利用開始から1年以内は解約できない
  • 処方箋が必要
  • 入会金がかかる

こちらのデメリットに関しても、基本的には「3Cプラン」と同じです。

ですが、入会金は3,000円と3Cプランよりも300円安くなっています!

コスパグ

「メルスプラン」と「3Cプラン」どちらを利用するかは、取り扱う商品のラインナップをみて決めよう!

まとめると、「メルスプラン」は

充実したアフターサービスを重視していて、メニコンのレンズにこだわりのある方

におすすめのサービスです!

 

 

 

おうちに届くアイシティ

おうちに届くアイシティは、大手コンタクト販売店「アイシティ」がアイシティ会員向け展開するサービスです。

「おうちに届くアイシティ」のメリットは以下の通りです。

「おうちに届くアイシティ」のメリット
  • 2つのコースから自分に合うものを選べる
  • 取り扱うレンズの種類が多い
  • 開封後も条件次第で商品の交換が可能

「おうちに届くアイシティ」には「おトク定期便」と「ほしいとき便」の2種類があり、自分のライフスタイルに合わせて好きな方を選べるのが最大の魅力です。

 

おトク定期便

申込時に注文したレンズが3ヵ月ごとに自宅に届く仕組み。

毎日コンタクトを使う方や買い忘れを防ぎたい方向けのコースです!

 

ほしいとき便

アイシティ店頭で注文したことのある商品を好きなタイミングで再度注文できる仕組み。

自身の使用頻度に合わせて購入できるため、毎日は使わないという人向けのコースです!

また、「おうちに届くアイシティ」では50種類以上のレンズがサービスの対象となっており、これは他のサービスに比べてもかなり多いと言えます。

さらに、途中でレンズの種類や度数の変更が必要になった場合は、開封後でも残りの枚数が以下の条件を満たしていれば店頭で交換が可能です。

レンズ交換時の残り枚数条件
・3枚入り商品・・・2枚以上 
・6枚入り商品・・・3枚以上 
・10枚入り商品・・・5枚以上
・30枚・32枚・35枚入り商品・・・15枚以上 
・90枚・96枚・100枚入り商品・・・75枚以上

他のサービスでは開封後は交換不可な場合も多いため、このようなアフターサービスがついているのはこのサービスの大きなメリットだと言えます。

対して「おうちに届くアイシティ」のデメリットとして、以下の点が挙げられます。

「おうちに届くアイシティ」デメリット
 
  • 申し込み時には店頭に行く必要がある
  • HPなどから気軽に金額を確認することができない
  • ほしいとき便に関しては、一度アイシティ店頭で購入したことがある商品でしか利用できない

「おうちに届くアイシティ」でホームページや店頭に置いてあるパンフレットには詳しい料金の記載がありません。

そのため、実際に利用する際の料金を確認するためには、会員登録を完了させたうえで店頭に行く必要があります。

 

コスパグ

気軽にほかのサービスと比較できないと、なかなか利用しようと思えないかもね。

また、「ほしいとき便」を利用する場合は、アイシティ店頭で購入履歴のあるレンズしか注文することができません。

アイシティ新規会員の方はサービスの対象外となるので注意しましょう。

まとめると、「おうちに届くアイシティ」は

ふだんからアイシティでコンタクトを購入している方、自分の使っているコンタクトにこだわりがある方

におすすめのサービスです!

 

コスパの良さが抜群!「dicon(ダイコン)」

「dicon(ダイコン)」は、カラーコンタクトの種類の豊富さが特徴的なサービスです。

「dicon」のメリットは以下の通りです。

「dicon」のメリット
  • とにかく低価格
  • スキップ機能がある
  • 度数やレンズの種類が毎月変更可能
  • レンズの破損時は無料で交換の安心サポート付き

「dicon」の最大の特徴は、なんといってもその価格の安さです!

自社開発のオリジナル製品を店舗を構えずネットから直接販売することによって、他のサービスに比べて圧倒的な低価格を実現しています。

例えば、冒頭で紹介したワンデーレンズの料金比較表の中で一番安い【メアシスでメダリストを購入した場合】は3,040円/月です。

ですがこの「dicon」でワンデークリアレンズを定期購入する場合、なんと月額1,900円(税込)で済んでしまいます!!

自社製品しか取り扱っていないためワンデークリアレンズも一種類しかありませんが、

レンズにあまりこだわりのない方にはかなりお得なサービスだということができます。

また「dicon」にはスキップ機能があり、配送指定日の10日前までに連絡することで翌月の配送をなしにすることができます!

このスキップ機能は年5回まで利用可能で、もちろんその月の月額料金は発生しません。

コスパグ

これなら、毎日コンタクトを使わない人でも損することがないね!

さらに、レンズが途中で破損してしまった場合でも新品と無料交換が可能な「安心サポート」がついているので、

万が一の時にも新しいコンタクトを使うことができます。

対して「dicon」のデメリットとして、以下の点が挙げられます。

「dicon」のデメリット
  • 自社製品の取り扱いのみ
  • 乱視用レンズの取り扱いがない
  • 定期購入は現在ワンデークリアレンズと1monthカラーコンタクトのプランのみ
  • 年会費3,000円がかかる

「dicon」はその安さを実現するために自社製品しか取り扱っていないため、

「今まで使っていたレンズから変えたくない、、、」という方には不向きなサービスです

乱視用や遠近両用レンズの取り扱いもないため、ノーマルレンズを使っている人にしか利用できないサービスであることもデメリットと言えるでしょう。

また、一番人気だったワンデーのカラーコンタクトの定期購入コースが現在新規会員受付を終了しており、

現在はワンデークリアレンズと1monthのプランのみになっています。

コスパグ

ワンデーカラコンのプランがdiconの目玉だったから残念だなぁ。

通常購入は今まで通り可能なので、リーズナブルで種類が豊富なカラコンをお探しの方はぜひ商品ラインナップを見てみてください!

まとめると、「dicon」は

レンズのメーカーや商品にこだわりがあまりなく、とにかく価格重視でコンタクトを定期購入したい方

におすすめのサービスです!

 

レンズの種類がとても豊富な「メガネスーパー コンタクト定期便」 

「メガネスーパー コンタクト定期便」はメガネ・コンタクト販売店の「メガネスーパー」が展開するサービスです。

「メガネスーパーコンタクト定期便」の主なメリットとして、以下の点が挙げられます。

「メガネスーパーコンタクト定期便」のメリット
  • レンズの種類が豊富
  • 度数や商品の種類などは毎月変更可能
  • 配送頻度の調整が可能

「メガネスーパー コンタクト定期便」の最大の特徴は、取り扱うレンズの種類の豊富さです!

大手コンタクト販売店の「メガネスーパー」が公式通販の一環として展開するサービスなので、

特定のメーカーと提携しているサービスや自社製品のみ取り扱っているサービスに比べて商品の種類は圧倒的に多くなっているのです。

コスパグ

これなら、レンズの種類にこだわりがある人でも使いやすいね!

クリアレンズは1day、2week、1month、乱視用、遠近両用をすべてカバーしており、カラコンに関しても同様に1day、2week、1monthを取りそろえています。

また、店舗で申し込みをした場合は、通常3カ月に1回の配送頻度を自分のライフスタイルに合わせたかたちで変更することができます。

これなら、毎日コンタクトを使わない人でも無駄なくサービスを利用することができますね。

対して「メガネスーパーコンタクト定期便」のデメリットとして、以下の点が挙げられます。

「メガネスーパーコンタクト定期便」のデメリット
  • アフターサービスなどはほとんどない

3Cプランやメルスプランなどのサービスに比べて比較的価格が安い分、アフターサービスなどはそこまで充実していないと言えます。

ですが「メガネスーパーコンタクト定期便」のデメリットと言えばこれくらいで、配送頻度の調整もできるので比較的欠点の少ないサービスです!

コスパグ

「メガネスーパーコンタクト定期便」は万人受けするサービスだよ!

まとめると、「メガネスーパー コンタクト定期便」は

コンタクトの種類にこだわりがあって、メガネとの併用なども考えられる人

におすすめのサービスです!

 

2種類の含水率から選べる!「リフレア 定期購入」

「リフレア 定期購入」は、コンタクトレンズメーカーのリフレアが自社製品を割安で提供しているサービスです。

「リフレア 定期購入」の主なメリットとして、以下の点が挙げられます。

「リフレア 定期購入」のメリット
  • 他社製品を販売している他のサービスよりも格安
  • 2つのプランから選べる
  • 2つの異なる含水率のレンズがある
  • ポスト投函なので、不在時でも受け取れる

「リフレア 定期購入」は「dicon」と同様に、

完全自社製品のみの取り扱いのため、他のサービスと比べてかなり格安にコンタクトを購入することができます!

例えば、元値が一箱1,406円の「ワンデーリフレアモイスチャー  38」を2か月定期プランで購入した場合、一箱あたり1,100円まで値下げされます。

これを月額に換算すると1,100×2=2,200円/月となり、冒頭の1day レンズ価格一覧表で紹介した他のサービスよりもかなり格安であることがわかります。

ここまで読んで、

アオイ

「リフレア」も確かに安いけど、「dicon」よりは高いし違いがよくわからないなぁ

と思った方も多いのではないでしょうか。

たしかに「リフレア」と「dicon」は自社製品を格安で販売しているという点でとても似ていると言えます。

ですが「dicon」はワンデークリアレンズのラインナップが一種類なのに対し、「リフレア 定期購入」では含水率の異なる2種類のレンズから選ぶことができます!

2種類のレンズから、自分に合うレンズを選べるのは嬉しいですよね!

コスパグ

含水率は、38%と55%の2種類から選べるよ!

 

一方で「リフレア 定期購入」のデメリットとしては、以下の点が挙げられます。

「リフレア 定期購入」のデメリット
  • ワンデーレンズの取り扱いのみ
  • カラコンの取り扱いがない
  • アフターサービスなどはほぼない

「リフレア」自体はワンデーレンズ以外にも2week や 1month の商品も製造していますが、

定期購入の対象になっているのはワンデーレンズのみとなっています。

同じくカラーコンタクトに関しても通常販売ではラインナップがとても豊富ですが、定期購入で買うことはできません。

まとめると「リフレア 定期購入」は

含水率などコンタクトの性能にこだわりがありつつも、お得にワンデークリアレンズを購入したい方

におすすめのサービスです!

 

価格の安さが売り!「メアシス 定期購入」

「メアシス 定期購入」は、コンタクトレンズの通販サイトメアシスが展開するサービスです。

「メアシス 定期購入」のメリットは以下の通りです。

「メアシス 定期購入」のメリット
  • 価格が安い
  • 取り扱う商品の種類が豊富
  • メアシスサイト内のポイントが通常の3倍になる

メアシスは冒頭のコンタクト価格表からもわかるように、今回紹介するサービスの中で価格の安さという点では一番です!

また、「メガネスーパー 定期購入」と同様に特定のメーカーと提携を結んでいるわけではないので取り扱う商品のラインナップも比較的豊富になっています。

コスパグ

安さと種類の豊富さを兼ね備えている点では、万人受けするサービスといえるね!

さらに定期購入を利用することでメアシスのゴールド会員にランクアップし、コンタクト購入時にもらえるポイントが通常の3倍になります!

このポイントは1ポイント=1円と換算して利用できるので、通常購入の場合もお得に買い物ができるようになります。

対して「メアシス 定期購入」のデメリットとして

「メアシス 定期購入」のデメリット
  • アフターサービスなどはほぼない
  • 定期購入にした場合、配送頻度の調整はできない

などの点が挙げられます。

「メアシス 定期購入」は価格が安い分アフターサービスなどの制度はそこまで充実していません。

そのため、コンタクトが破損したり足りなくなった場合は別途購入し直す必要があります。

また、他の多くのサービスと違って配送頻度の調整もできないため、毎日コンタクトを使うことがない人には不向きなサービスと言えます。

まとめると、「メアシス 定期購入」は

毎日コンタクトを使っていて、価格重視で有名メーカーの商品を購入したい方

におすすめのサービスです!

 

セット買いがお得な「アットスタイル 定期購入」

コンタクト通販サイト「アットスタイル」は、一部商品を定期購入でも販売しています。

アットスタイル 定期購入のメリットは以下の通りです。

「アットスタイル 定期購入」のメリット
  • 比較的安価で種類も豊富
  • 通常購入と同様に定期購入が出来る

アットスタイルの定期購入は、いままで紹介してきたサービスの中でも比較的安価で種類が豊富です!

また他のサービスでは、処方箋の提出などオンラインの通常購入とは異なる手続きが必要となる場合もありますが、

アットスタイルは通常購入と定期購入で手続きの違いが無いので、

今までコンタクトをオンラインで購入していて、これから定期購入に切り替えることを検討している方にもおすすめです♪

一方で、アットスタイル 定期購入には以下のようなデメリットもあります。

「アットスタイル 定期購入のデメリット」
  • 配送間隔を選択できない
  • 定期購入の商品を見つけづらい

アットスタイルでは、配送の間隔が決められています。

さらに。1dayでは90日間隔、2weekでは180日間隔など配送の間隔が長い商品が多いです。

このため、一度に届くコンタクトの数が多く、今まで毎月購入していた方は保管に困ってしまうかもしれません!

また、定期購入の商品と通常購入の商品が全て同じページで表示されるため、

定期購入の商品を見つけづらいです…!

しかし、通常購入の商品もセット購入で安く購入できたり、

定期購入には対応していない商品でも、他サイトより安く購入できるので、

コンタクトを安く買うために定期購入を検討していた方は、同時に通常購入も検討できるので良いかもしれません♪

まとめると、「アットスタイル 定期購入」は、

価格重視でこれから定期購入に切り替えを検討している方

におすすめのサービスです!

 

まとめ

いかかでしたか??

一口にコンタクト定期購入サービスといっても、取り扱う商品やサービス内容、価格まで様々です。

ぜひこの記事を参考にして、自分にぴったりなサービスを見つけてみてください!

コスパグ

最後まで読んでくれてありがとう♪

(画像出典元:「3Cプラン」、「メルスプラン」、「おうちに届くアイシティ」、「dicon」、「メガネスーパー 定期便」、「リフレア」、「メアシス」公式ホームページ)

 

 

コンタクトのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。