宅配型トランクルームについて

宅配型トランクルームおすすめ15社を比較!コスパ最強サービスは?

記事更新日: 2022/08/20

執筆: 大和貴人

こんにちは、コスパ部です!

この記事では、「宅配型トランクルームを使おうと思っているけど、サービスがたくさんあってどれにすればいいかわからない!」

という方のために、宅配型トランクルーム15社についてわかりやすく且つ詳しく解説していきます。

早見表やチャートも使って解説していくので、手っ取り早く知りたい方は早見表やチャートも確認してみてください。

コスパグ

あなたに合ったサービスが見つかるよ!

この記事の監修

大和 貴人(やまと たかと)

2013年、慶應義塾大学卒業後、新卒で三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。
その後、大手広告代理店への転職を経て、2019年に㈱ユニベルを設立。
2020年1月、サブスク紹介サイト「コスパ部」を立上げ。
サブスク専門家として、日本テレビ「スッキリ!」、フジテレビ「めざまし8」などのメディアに多数出演。

サブスク専門家の大和貴人の顔写真およびメディア出演歴

このページの目次

先に結論!コスパがいいのは?

これから宅配型トランクルーム15社について徹底的に比較していきますが、忙しくて見る時間がない方のために、先に結論だけお伝えします。

段ボールに入るような荷物を預けたい方は「サマリーポケット」、「webtrunk(ウェブトランク)」「minikura(ミニクラ)」がおすすめです!

コスパ博士

この3社は、大きい荷物は扱わないことでオペレーションコストを下げ、低価格でのサービスを実現しているね。

3社の特徴を簡単にまとめたので、参考にしてください!

一方で、段ボールに入りきらない大型の荷物を預けたい方は「宅トラ」がおすすめです。

引越のときに使うようなカーゴにたくさん荷物を入れて預けることができます。

忙しい方のために先に結論を書いてしまいましたが、「もう少し詳しく!」という方のために、以下で徹底的に解説していきますので、お付き合いください。

 

宅配型トランクルームのメリットは?

ここでは、今一度宅配型トランクルームのメリットについて整理していきます。

 

1. 簡単に部屋をスッキリさせることができる

「片付けが苦手・・・」という方でも、宅配型トランクルームなら段ボールに入れるだけなので、部屋をスッキリさせることが出来ます。

預けた荷物は写真撮影されて、あとから画像で確認できるので、何を預けたかわからなくなる心配はありません。

とりあえず段ボールに荷物を入れるだけでOKです!

倉庫に荷物を送って部屋がスッキリすれば、自分の部屋がよりくつろげるようになること間違いなしです!

 

2. 実際に行くタイプのトランクルームと比べて料金が安い

実際に行くタイプのトランクルームが住宅地や商業地にあるのに比べて、宅配型トランクルームの倉庫は比較的地代の安い地方にあります。

そのため、運営する企業としては荷物を置く場所代を安く抑えることができ、結果としてユーザーに安くサービスを提供することができます。

 

3. 自宅から出なくても荷物を預けることができる

宅配型トランクルームでは、従来型トランクルームのように実際に荷物を預ける場所に行かなくても、段ボールに荷物を入れるだけで荷物を預けることができます。

実際に荷物を預けている場所に行かなくてもいい方は、宅配型トランクルームの方が料金も安いので、おすすめです。

コスパグ

トランクルームを利用している人も、宅配型トランクルームを利用できるか考えてみよう!

 

4. 預けた荷物は後から画像で確認可能

宅配型トランクルームのサービスのほとんどでは、預けた荷物は専門のスタッフによって写真撮影され、ユーザーは撮影された画像で預けた荷物を確認することができます。

写真撮影があるプランが50~100円高いサービスと、写真撮影がなくても料金が変わらないサービスがあるので、良く確認した上で利用してください。

 

5. 身分証明書等が不要!

従来型トランクルームでは、サービスを利用する前に、個人の場合は運転免許証等の身分証明書、法人の場合は履歴事項全部証明書などが必要になるケースが多いです。

一方、宅配型トランクルームではクレジットカード等の支払い情報を登録するだけでサービスを利用することが可能なので、その点でもおすすめです。

 

宅配型トランクルームのデメリットは?

宅配型トランクルームにはたくさんのメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

 

1. 荷物を取り出すのに数日かかる

宅配型トランクルームのデメリットとしてまず挙げられるのは、荷物を取り出すのが「どんなに早くても翌日」となってしまうことです。

配送の状況によっては、数日~1週間程度かかってしまう場合もあります。

「明日寒そうだからあの冬物のセーター着たかったけど、しまった、預けてたぁー。。。」

なんてことが起こり得ます。

 

2. 大型の荷物を預けられる会社が少ない

宅配型トランクルームを利用する際に注意しなければならないのは、段ボールに入らない荷物を預けられるサービスが少ないということです。

宅配型トランクルーム預けられる荷物については、以下のパターンに分けられます。

預けられる荷物についての3パターン
  1. 段ボールに入る荷物しか預けられない(minikura、CARAETOなど)
  2. ゴルフバッグなどに限り大型荷物を預けることができる(サマリーポケット、sharekuraなど)
  3. 大型の荷物を何でも預けることができる(宅トラ、アズケル、エアートランク、ものくる、クラッシーなど)

「何でも預けられるサービスを使えばいいんじゃないか?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、

大型の荷物を預けることができるサービスは、段ボールのプランの料金が高い傾向にあります。

預けようとしている荷物のサイズをよく確認してから、利用するようにしてください。

 

3. 2~6ヵ月程度の最低利用期間が設定されている場合が多い

宅配型トランクルームには、それぞれ2~6ヵ月程度の最低利用期間が定められている場合が多いです。

最低利用期間は、月額料金が安いサービスに定められている傾向があります。

最低利用期間以内に取り出すこともできますが、その場合は最低利用期間使用した場合と同等の料金を請求されます

 

引越業者の代わりに使うのは難しそう

宅配型トランクルームのサービスを見て、「引越業者の代わりに使えるかも?」

と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、最低利用期間のことを考えると、多くの場合あまりおすすめできません。

最低利用期間は6ヵ月間定められている場合もある(1ヵ月で荷物を出しても6ヵ月分の利用料金がかかる)ので、よく確認してから利用しましょう。

コスパグ

頻繁に荷物を出し入れする人は、最低利用期間がないサービスを利用しよう!

 

短期利用も可能な「ものくる」は、場合によってはおすすめできます♪

↑ものくるの料金表

 

4. 倉庫に行って荷物を取り出すことはできない

宅配型トランクルームでは、どんなに急いでいたとしても、自分で倉庫に行って荷物を取り出すことはできません。

実際に荷物がどのように保管されているかを確認したい、という方は従来型のトランクルームを利用しましょう。

 

宅配型トランクルームの選び方は?

コスパのいいサービスを紹介しましたが、コスパだけで選べないのが宅配型トランクルームです...!

ここでは、どのサービスを選ぶか迷っているときに注目すべき10ポイントを紹介します!

それぞれのポイントについて、詳しくはこちらで解説しているので、ぜひチェックしてください☀

 

宅配型トランクルームを早見表で比較!

「宅配型トランクルームのサービスがたくさんあって、自分にどれが合っているかわからない!」

そんな方もいらっしゃるかと思いますので、15社を比較した表を作ってみました!

 

 

アオイ

正直どれがいいのか、この表ではちょっとわからないなぁ、、、

頑張って表にまとめてみましたが、確かにちょっとわかりにくいです。。。

この表は、気になったサービスの特徴を細かく確認する際に利用してください。

 

結局どれを選べばいいのか、簡単にまとめました!

とにかく月額料金を抑えたい!

「minikura」「sharekura」「webtrunk」あたりがおすすめです!

表に記載しているのは最安月額料金なので、自分の預けたい荷物の大きさに合ったプランで比較しましょう!

段ボールのサイズ別おすすめサービスはこちらをチェックしてください♪

 

預けたものを個別に取り出したい方には画像確認可能のサービスがおすすめ!

箱ごと返送してもらうのではなく、個別に送ってもらいたいという方には画像確認ができるサービスがおすすめです!

写真で確認できるサービスなら、「あれって預けたっけ?捨てちゃったっけ?」となる心配もありません♪

画像確認可能なサービスはこちら↓

「サマリーポケット」「webtrunk」「minikura」「sharekura」「dinos CLOSET servise」「宅トラ」「エアトランク」「CARAETO」「AZUKEL」

 

大型の荷物を何でも預けたい方は…

「宅トラ」「AZUKEL」「ものくる」「klassy」がおすすめです!

大型の荷物といっても、スキーやスノボ板、ゴルフバッグなどから、テレビや家具など様々な大きさがあります。

家具などのとても大きなものを預けたい方は表に「なんでも可」と書いてあるサービスを選べば間違いなしです!

「なんでも可」のなかで特に安いのは「宅トラ」です...!

 

大切な洋服を預けたい方はクリーニング可能のサービスがおすすめ!

「サマリーポケット」「minikura」「dinos CLOSET servise」「エアトランク」「MONOLESS」では、

洋服を預けたままクリーニングに出すことができます!

行事で着るような大切な服を預けたい方にはおすすめです♪

dinos CLOSET serviceはクリーニングつきのプランだけでも3種類あるのでぜひ確認してみてください!

 

必要な機能を備えたサービスを選んでみてください☀

 

ひと目でわかる!宅配型トランクルームをチャート図で表現!

次に、それぞれの宅配型トランクルームのサービスについての違いを感覚的に理解するために、宅配型トランクルームの15社をチャート図で表してみました。

安い方がいい!という方が当然多いかと思いますので横軸を「料金」に、

中には大きめの荷物を預けたいと思っている方もいらっしゃるかと思いますので、縦軸を「預けられる荷物の大きさ」にしています。

コスパグ

ピンクのエリアからサービスを選んでおけば、間違いないよ!

段ボールに入るような荷物を預けるのであれば、「webtrunk」「minikura」、「サマリーポケット」、「sharekura」あたりがとてもコスパが良く、おすすめです。

「sharekura」にはボックスのサイズは小さいものの、月額110円という業界最安値プランがあるのでチェックしてみてください。

大型荷物を預けられるサービスの中では、「宅トラ」のコスパが良く、オススメです。

補足
ここでの「料金」は、月額料金や初期手数料、取出手数料などを勘案して総合的に判断しています。

 

忖度なし! 段ボールで一番コスパがいいサービス・プランは?

ここでは、「段ボールのプランで一番コスパがいいのはどのサービスのどのプランか?」

ということを、スモールサイズ部門、レギュラーサイズ部門、ラージサイズ部門で分けて検証しました。

調べた13社の中で、おすすめのサービスとプランを紹介します。

 

スモールサイズ部門

 

おすすめ① 「webtrunk・SSサイズ」

  SSサイズ Sサイズ Lサイズ
月額使用料 198円 440円 660円
容量 w270×h285×d400mm w345×h290×d415mm w415×h360×d760mm
保管用ケース代金 0円 0円 0円
取り出し料 1,210円 1,210円 1,210円

 

まずスモールサイズ部門でおすすめするのが、

「webtrunk」のSSサイズです。

月額198円(税込)と業界トップクラスの安さとなっています。

また、保管用ケース代金もかかりません

次に紹介する「sharekura・スモールボックス」と比較しても、体積当たりの料金は、「webtrunk」の方が安いです!

「webtrunk」は安全面・セキュリティ面にもかなり気を遣っているサービスなので、料金を重視しながらも安全に荷物を預けたいという方におすすめです!

 

おすすめ② 「sharekura・スモールボックス」

次にスモールサイズ部門でおすすめするのが、

「シェアクラ」のスモールボックスです。月額料金110円(写真撮影ありなら198円)は、業界を通じて最安値のプランとなっています。

 

大きめの宅配ボックスに入るサイズ

おすすめポイントは、ボックスのサイズが幅30㎝×奥行30㎝×高さ20㎝(=18,000㎤)とコンパクトなので、ボックスごと取りだしても、大きめの宅配ボックスであれば入るということです。

忙しいご家庭でも利用しやすいサービスとなっています。

コスパ博士

ボックスが小さめだから入れる荷物を選ぶけど、宅配ボックスに入るのは便利だね。

 

レギュラーサイズ部門

 

おすすめ 「minikura(ミニクラ)」

レギュラーサイズ部門で一番おすすめするのが、「ミニクラ」です。

ボックスのサイズは幅・奥行・高さ共に38㎝(=54,872㎤)と十分にあり、値段も275円/月と安いです。

 

サマリーポケットよりも55円安い

275円/月という価格は、ほとんど同じサイズ(52,503㎤)の「サマリーポケット」のレギュラーボックス330円/月よりも55円/月安いです。

写真撮影ありのプラン(minikura HAKO)、なしのプラン(minikura MONO)共にサマリーポケットよりも55円/月ずつ安いので、普通サイズの段ボールでお得に荷物を預けたい方は、ミニクラがおすすめです。

コスパグ

写真撮影なしなら毎月200円!安い!

 

ラージサイズ部門

 

おすすめ 「サマリーポケット・ラージボックス」

ラージサイズ部門で、一番おすすめなのは「サマリーポケット」のラージサイズボックスです。

幅68㎝×奥行45㎝×高さ37㎝(=113,220㎤)と、サイズは他サービスのレギュラーサイズボックスと比較して2倍以上大きく、価格も605円/月で利用できます。

コスパグ

たくさん荷物を預けるなら、ラージボックスを使った方がコスパが良いよ♪

 

おすすめ順にサービスを紹介!

段ボールのサイズ毎のおすすめプランを紹介したところで、個別のサービスについておすすめ順に詳しく解説していきます。

 

1. コスパが良く、オプションも豊富な「サマリーポケット」

まずは、つるの剛士さんがCMに出演していることでも有名な「サマリーポケット」です。

サマリーポケットの良さは、コスパが良いところと、オプション機能が豊富にあることです。

 

クリーニングのオプションは特にオススメ

特にクリーニングのオプションは、何でも1点あたり990円(プレミアムコースは1,276円)でクリーニングでき、クリーニング目当てでサービスを利用する方もいるほどです。

普通のクリーニング屋では2,000円以上してしまうようなコートも990円でクリーニングできます。

サービスも全国で展開しており、とにかく使いやすいサービスです。

 

幅広い支払方法

また、他のサービスのほとんどがクレジットカード払いのみですが、サマリーポケットではクレジットカード払いに加えて、振込、口座振替、コンビニ支払にも対応しています。

 

サマリーポケットについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

サマリーポケットのおすすめポイント
  • 写真撮影なしなら275円/月、写真撮影ありなら330円/月と料金が安い!
  • クリーニング、ハンガー保管、ヤフオク出品などの豊富なオプション(スタンダードプランのみで利用可)
  • 対応エリアは全国
  • 倉庫は空調完備で温度・湿度を管理
  • 支払い方法が豊富(クレカ、振込、口座振替、コンビニ支払い)
  • スーツケース、スキー・スノーボード、ゴルフバッグにも対応
サマリーポケットの注意点
  • 2ヵ月の最低利用期間がある

 

2. 業界トップクラスの安さ「webtrunk(ウェブトランク)」

次に紹介するのは、業界トップクラスの安さであるサービス「webtrunk(ウェブトランク)」です。

 

万全のセキュリティ!

webtrunkは、機械警備や防犯カメラを整備しており、安全に荷物を預けることが出来ます。

大切な荷物を預ける為、安全面は気になる部分ですよね!

万全のセキュリティ対策がされているので、安心して預けることが出来ます♪

 

全てPCやスマホで完結する!

webtrunkでは、荷物を預ける・状況を確認する・取り出す全ての作業をPCやスマホで行うことが出来ます。

手軽に預けたり取り出したりすることが出来るので、便利ですね!

 

1箱に月1,000枚の写真で管理可能!

webtrunkでは、1箱につき1,000枚の画像で管理することが出来ます

CDやDDを預ける際には、箱の中に入れる枚数が増えてしまいがちですが、1,000枚も画像を管理できるとなると、十分ですね!

自分がこの箱に何を入れたか忘れてしまうということがなくなります!

 

自前の段ボールは使用不可

webtrunkでは、自前の段ボールは使用することが出来ません

しかし、保管用ケース代金は無料です。

現在収納しているケースから詰め替える必要はありますが、段ボール料金が無料なので、かなり使いやすいサービスだと思います。

 

webtrunkについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

webtrunkのおすすめポイント
  • 安心して荷物を預けることが出来る
  • 全てPCやパソコンで完結する
  • 1箱につき1,000枚の画像で管理が出来る
webtrunkの注意
  • 自前の段ボールを使用することはできない

 

3. サマリーポケットと似ている!?「minikura(ミニクラ)」

minikura(ミニクラ)はサマリーポケットで荷物の管理を担っている「寺田倉庫㈱」が自身で企画・運営しているサービスです。

サマリーポケットの荷物を管理している企業が運営しているだけあって、サービスの内容はサマリーポケットとかなり似ています。

月額275円から荷物を預けることができ、コスパもいいです。

サマリーポケットよりちょっとずつ安い

写真撮影なしプラン、撮影ありプランがそれぞれサマリーポケットよりも55円/月安くなっています。

クリーニングやヤフオク出品のオプションもあります。

テレビCMがないため知名度こそ低いものの、実はかなりいいサービスです。

 

段ボールに入らない荷物は×

段ボールに入りきらない荷物は預けることができません。

ミニクラにはラージサイズのボックスがないので、預ける荷物は多少選ぶ必要があります。

 

ミニクラについては以下の記事で詳しく紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

minikuraのおすすめポイント
  • 写真撮影なしプランが275円/月、撮影ありプランが330円/月とサマリーポケットよりもちょっとずつ安い
  • 990円/1点のクリーニングオプションあり(写真撮影ありプランで利用可能)
  • 対応エリアは全国
  • 倉庫は空調完備で温度・湿度を管理
minikuraの注意点
  • 段ボールに入りきらない大型荷物は預けることができない
  • ラージサイズのボックスがない
  • 自前の段ボール使用不可
  • 2ヵ月の最低利用期間あり

 

4. 業界最安値プランがある「sharekura(シェアクラ)」

次に紹介するのは、小回りが利いておすすめのサービス「sharekura(シェアクラ)」です。

 

業界最安値プラン

シェアクラの特徴は、110円/月の業界最安値プランがあるということです。

とにかく安い!でも注意しなければいけないのは、110円のプランはボックスのサイズが小さい(幅30㎝×奥行30㎝×高さ20㎝)ということです。

一度にたくさんの荷物を入れるのには向いていませんが、逆に小さいことで、大きめの宅配ボックスになら入るという利点もあります。

 

オプション機能はない

シェアクラには、クリーニングをはじめとしたオプション機能はありません。

「オプションとかはいらないから、とにかく安いサービスがいい!」という方はシェアクラを利用してみてください。

 

シェアクラについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

sharekuraのおすすめポイント
  • 月々110円の最安値プラン(スモールボックス)あり。
  • ゴルフバッグ、スキー・スノーボード、スーツケースも預けることができる(都内限定)
  • 最低利用期間がない
sharekuraの注意
  • クリーニングなどのオプションがない
  • 倉庫に空調設備がない
  • 2ヵ月の最低利用期間がある

 

5. 洋服を安心して預けられる「dinos CLOSET service(ディノスクローゼットサービス)」

dinos CLOSET serviceは、アパレル・家具などの通販を行っている「dinos」が運営する宅配型トランクルームです。

洋服や靴、布団などだけではなく、本やCDなども空調管理の行き届いた倉庫に保管してもらえます♪

アパレルを扱う会社なので、洋服を預けるにはとても安心できます!

 

アパレルを扱うdinosなので安心♪

保管だけでなく、クリーニング、写真撮影、温度と湿度の管理まで徹底しているので、大切な洋服を安心して預けられます!

クリーニング可能なサービスは多くはないので、お探しの方は選択肢に入れてみてください。

 

「クリーニングパック」がある

クリーニングパック」とは、クリーニング+6か月の保管プランです。

スタンダードプランとプレミアムプランがあり、プレミアムプランのクリーニングは洋服にこだわりのある方にもおすすめです!

通常のお預けに、オプションでクリーニングをつけることも可能です。

 

「早期取り出し料金」に注意!

全プラン、2か月の最低保管期間が設けられており、2か月以内に出庫すると追加で料金が発生します!

初月の取り出しでは、2か月分の保管料金+通常の取り出し手数料、

翌月の取り出しでは、1か月分の保管料金+通常の取り出し手数料がかかるので注意してください!

 

dinos CLOSET serviceについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください↓

 

dinos CLOSET service のおすすめポイント
  • 有名な寺田倉庫で温度湿度の徹底したの管理
  • 1箱110円で写真撮影してもらえる
  • 1箱990円でクリーニング可能
  • 専用段ボールが無料!
dinos CLOSET service の注意
  • 2か月以内に取り出すと早期取り出し料金が発生する
  • 箱の中から個別に取り出す場合、写真撮影のオプション加入が必須

 

6. 本の保管サービスが良い「risoco(リソコ)」

risocoは、阪急阪神東宝グループが運営するサービスです。

なんでも預けられる「risocoボックス」と本専用の「risocoブックス」があり、本のお預けが特におすすめです!

 

大切な本を安心して保管!

本専用のトランクルーム「risocoブックス」では、預けた本の「書名」「著者名」「出版社」を登録してもらえるので、WEB上に自分の本棚ができます♪

読みたくなった本は1冊から取り出すことができます。

またオプションで、1冊ずつビニールで覆ってもらうこともできます!

 

支払いはクレジットカードのみ

対応しているのは、VISA, Master, JCB, AMEX, Dinersの5ブランドです。

 

risocoについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください↓

 

risoco のおすすめポイント
  • 本の情報を登録してもらえる
  • オプションで本を1冊ずつビニールで覆ってもらえる
  • 利用期間1年以上で取り出し手数料が無料に
risoco の注意点
  • 専用の箱がすこし高い
  • そこまでコスパはよくない?
  • 1年以内の取り出しには1箱880円がかかる

 

7. 大型荷物に強い「宅トラ」

宅トラは大型荷物中心に取り扱っているサービスです。

最小のプランは段ボール3つ分となっており、小回りが利かないところが弱点です。

また、荷物を預ける際に初回取引料と段ボール費用が発生します(段ボール3つのプランの場合、合わせて5,400円)。

 

大型荷物を預けるなら〇

段ボールで荷物を預けたい方にはおすすめできませんが、段ボールに入らないような大型の荷物も何でも預かってくれるので、大型の荷物を預けたい場合は便利なサービスです。

 

最低利用期間が6カ月設定されている

宅トラは長期的に使うのであればコスパの良いサービスですが、最低利用期間が6カ月設定されているので、短期間の利用には向きません。

 

宅トラのついては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

宅トラのおすすめポイント
  • 大型の荷物をなんでも預かってくれる
  • 対応エリアは全国
  • 空調完備で温度・湿度を管理
宅トラの注意
  • 初期手数料が発生する
  • クリーニングなどのオプションがない
  • 6ヵ月の最低利用期間が設定されている

 

8. 大型荷物の配送料も無料の「エアトランク」

エアトランクも大型の荷物を中心に扱っているサービスです。

大型の荷物を何でも預けることができ、初期費用も発生しません。

 

取出手数料が無料

15社の中で唯一取り出し手数料が無料になっています(その代わり月額の利用料金は若干高めです)。

使い勝手が悪い点としては、一番小さいプランでも0.2畳で月額6,380円となっており、一人暮らしなどで荷物が多くない方の利用には向いていないということです。

また、写真による荷物の確認はオプションとなっており、220円/1点の料金が発生します。

 

対応エリアは全国ではない

対応エリアは東京・神奈川・大阪・愛知などで、全国ではない点にも注意が必要です。

大型の荷物を初期費用無料で何でも預けられるサービスは少ないので、大型の荷物を預けたい方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

エアトランクについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

エアトランクのおすすめポイント
  • 初期費用無料で大型荷物を何でも預けることができる
  • 預入・取出手数料が無料
  • クリーニングのオプションなどのオプションが豊富
  • 倉庫は空調完備で温度・湿度を管理
エアトランクの注意
  • 最小のプランが0.2畳で、一人暮らしには向いていない
  • 写真撮影がオプションになっている(220円/1点)
  • 対応エリアは東京・神奈川・愛知など
  • 3ヶ月の最低利用期間が設定されている

 

9. マーケット機能がある「CARAETO(カラエト)」

CARAETO(カラエト)はマーケット機能を有している点に特徴があるサービスです。

利用料金などは正直に言って普通ですが、預けた荷物をカラエト内にあるマーケットに出品することができます。

0円で出品されているものもかなりあるので、見ているだけでも楽しくなります♪

大型荷物を預けられない点やクリーニングのオプションがない点は若干マイナスポイントですが、激安で商品を手に入れられる場合もあるので、気になった方は利用してみてください。

 

カラエトについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

カラエトのおすすめポイント
  • マーケット機能があり、商品を0円で手に入れられることも
  • 対応エリアは全国
  • 倉庫は空調完備で、温度・湿度を管理
カラエトの注意
  • 段ボールに入りきらない大型荷物を預けることができない
  • クリーニングなどのオプションがない

 

10. クリーニングが安い「MONOLESS(モノレス)」

MONOLESS(モノレス)は、シンプルで分かりやすいサービスが特徴の宅配型トランクルームです。

あまり大きくないものを預けたい方、洋服をクリーニングして預けたい方におすすめです。

 

1箱333円で預けられるMONOLESSボックス

通常のサービス「MONOLESSボックス」にはサイズが1つしかなく、月額料金も333円の1プランのみです!

大きなものは入りませんが、こまごましたものをたくさん預けたい方にはちょうどいいサイズです。

箱は専用のものを購入せず、自前の箱でもOKです!

 

クリーニングなら「MONOLESSクリーニング」

「MONOLESSクリーニング」は5点5,980円~、クリーニングのうえ最長9か月預けることができるサービスです。

dinos CLOSET serviceのクリーニングパックより安いです!

(クリーニング後たたみ保管でもよければ、dinosのクリーニングオプションのほうが安いです)

 

大きな荷物は預けられない...

MONOLESSでは、自前の箱で収納することができますが、サイズが決まっているので、あまり大きなものは入れることができません。

入る目安として、衣類や靴など約20着、文庫本約80冊、CDやアルバム約100枚 と記載されています。

MONOLESSのおすすめポイント
  • 料金プランが分かりやすい
  • クリーニングがお得になる
  • 自前の箱でOK!
MONOLESSの注意点
  • 大きな荷物は預けられない
  • MONOLESSクリーニングは9か月以上預けられない

 

11. 大型中心のサービスでも段ボールも預けやすい「AZUKEL(アズケル)」

AZUKEL(アズケル)は大型荷物を預けられるサービスの中では、比較的段ボールのプランも使いやすく、バランスの良いサービスです。

取り出し料金が若干他のサービスよりも高めになっているので、頻繁に荷物を取り出す方は他のサービスを利用しましょう。

また、大型荷物は関東のみで預けられるという点も注意が必要です。

 

アズケルについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

AZUKELのおすすめポイント
  • 大型荷物を扱っているサービスの中では段ボールプランも使いやすい
  • 大型荷物を何でも預けられる
AZUKELの注意
  • 取出し料金が他サービスより高め
  • クリーニングなどのオプションがない
  • 倉庫に空調設備がない
  • 大型荷物の取り扱いは関東限定
  • 6ヵ月の最低利用期間が設定されている

 

12. コレクションの保管にちょうどいい「虎んくるーむ」

虎んくるーむは、本やCD、コレクションの保管に適したサービスです。

専用BOX330円+月額料金550円なのでそこまでコスパはよくありませんが、

イベント会場など自宅以外への返送が可能だったり、コレクター、オタ活にぴったりのサービスです!

 

オタクがターゲット層?

虎んくるーむは、サイトの内容からオタクをターゲット層としていることが分かります。

なんのオタクの方でも、大切なコレクションの置き場に困ったら、オタクにやさしい「虎んくるーむ」を検討してみてください♪

 

コスパはあまりよくない

虎んくるーむは、専用の箱代330円+保管料月額550円がかかるので、他のサービスに比べてそこまでコスパはよくありません。

しかし、1年以上継続利用すると取り出し料金が無料になります!

 

虎んくるーむのおすすめポイント
  • コレクションを安心して保管できる
  • 自宅以外への返送も可能
  • 中身を見られたくない人も安心
虎んくるーむの注意
  • コスパがあまりよくない
  • 大きなものは入らない

 

13. 送料は自己負担&自前の段ボールOKの「デリバリートランク」

次に紹介するのは、送料は自己負担で自前の段ボールが利用可能な「デリバリートランク」です。

送料は、自己負担なので距離的に近い人や小さな荷物を預ける際には送料が抑えられるため、おすすめです!

 

送料は自己負担

デリバリートランクは、他の多くのサービスとは異なり、送料が自己負担です。

他サービスは、配送料が込みで取り出し手数料として請求されるタイプが多いのですが、デリバリートランクでは、実際にかかった送料だけを払えばOKです。

距離的にも近く、荷物が小さめのものを預ける際には、送料を抑えることが出来るので、おすすめです!

↑23区には3つ倉庫があります!

 

専用の段ボール不要!

他のサービスでは、指定の段ボールがあり、自前のダンボールなどは使用不可の場合が多いです。

しかし、デリバリートランクでは、今あるケースのまま発送することが出来ます!

段ボールを購入するお金と、段ボールに詰める手間を省くことが出来ますね。

 

エリアは限られている

現在、利用可能エリアは関東、宮城、愛知などのみです。

他のエリアでは利用できないので注意してください!

今後のエリア拡大に期待しましょう。

 

デリバリートランクのおすすめポイント
  • 専用の段ボールは不要
  • 送料は自己負担なので、小さめの荷物を近い距離に運ぶ際にはお得
デリバリートランクの注意
  • エリアが限られている
  • 大きい荷物を遠くに運ぶ際には送料がかなりかかってしまう

 

14. 大型家具などの長期保管におすすめ「ものくる」

 

ものくるは、大型の荷物までなんでも預けることができる宅配型トランクルームです。

ボックスが大きいのでテレビや家具なども収納することができます!

 

とにかくたくさん入る!

専用の「ものくるボックス」にはこんなにたくさん入れることができます!

一時保管プラン(1か月27,280円~)もあるので、引っ越しにもちょうどいいですよ♪

 

料金が高い...

ものくるでは、スタンダードプランで月額6,908円、配送料が1回11,000円かかります。

1年預けると月額料金だけで8万円を超えてしまいます。

料金重視の方は、より安い「宅トラ」などがおすすめです。

 

ものくるのおすすめポイント
  • 大型の荷物まで対応
  • 最短1か月から利用可能
  • 運び出しを手伝ってもらえる
ものくるの注意点
  • 料金が高め…
  • 対応地域は東京都と、神奈川県と埼玉県の一部のみ

 

15. 大型専門の中では月額料金が低めの「klassy(クラッシー)」

最後に紹介するklassy(クラッシー)も大型荷物専門のサービスです。

初期費用は発生してしまいますが、月額利用料金は比較的低めに抑えられています。

関東と仙台でサービスが利用できるので、大型の荷物を預けたい場合は利用してみてはいかがでしょうか。

 

klassyのおすすめポイント
  • 大型荷物をなんでも預けることができる
  • 月額料金は比較的低め
klassyの注意
  • 初期費用が発生してしまう
  • 荷物を画像で確認することができない
  • 対応エリアは関東、仙台限定

 

 

宅配型トランクルーム 選び方の10ポイント

これまででもいくつか書いていますが、宅配型トランクルームを選ぶ中でポイントとなることを10コ紹介していきますので、参考にして頂ければと思います。

以下でそれぞれについて解説していきます。

選び方の10ポイント
  1. 初期費用(段ボール代など)
  2. 月額費用
  3. 預入・取出送料
  4. 大型荷物を預けられるか
  5. 預けた荷物を画像で確認できるか
  6. クリーニングのオプションがあるか
  7. 対応エリア
  8. 空調設備
  9. 最低利用期間
  10. 自前の段ボールが使えるか

 

1. 初期費用(段ボール代など)

サービスを利用する際、初期費用が発生するかはユーザーのみなさんにとってはかなり重要なことですよね。

宅配型トランクルームの初期費用としては、以下の3つが挙げられます。

宅配型トランクルームの初期費用
  • 段ボール代
  • 初回引取手数料
  • 段ボールの登録費用

しかし、多くのサービスで初期費用は無料となっています。

もしくは、月額料金と同程度の初期費用が発生しても、利用初月の月額料金が無料となり、実質初期費用が無料となるサービスが大半です。

大型の荷物のみを取り扱っているサービスでは10,000円以上の初期費用が発生する場合もあるので、良く確認してから利用してください。

 

2. 月額費用

宅配型トランクルームは基本的に長く利用するサービスなので、かかる費用全体の中で大半を占める月額料金を確認することが重要です。

 

ボックスの大きさも必ず確認

単純に料金のみを比較するだけでなく、預けられるボックスの大きさによって大きくコスパが異なってくるので、ボックスの大きさも比較した上で利用しましょう。

コスパグ

月額料金だけじゃなく、ボックスの大きさも踏まえて判断しようね!

 

3. 預入・取り出し手数料

預入・取り出し手数料は、ボックスを倉庫に預ける際と倉庫からボックスを取り出す際に発生する費用です。

大半のサービスでは預入手数料が無料となっていますが、逆に取り出し手数料はほとんどのサービスで発生します。

頻繁に出し入れすることが予想される場合は、取り出し料金が安いサービスを選ぶのがおすすめです。

中には1年以上などの長期間預けているボックスの取り出し手数料が無料になるサービスもありますので、よく確認した上で利用しましょう。

 

4. 大型荷物を預けられるか

宅配型トランクルームのサービスでは、段ボールに入りきらないような荷物を預けられないサービスもあります。

宅配型トランクルームのサービスは以下の3パターンに分かれます。

預けられる荷物についての3パターン
  1. 段ボールに入りきらない荷物は一切預けられない(minikura、CARAETOなど)
  2. ゴルフバッグ、スキー・スノーボードなどに限って大型荷物を預けることができる(サマリーポケット、sharekuraなど)
  3. 大型の荷物を何でも預けることができる(宅トラ、アズケル、エアートランク、ものくる、クラッシーなど)

大きい荷物を預ける可能性がある方は、利用しようとしているサービスが上記①~③のどれにあたるのかをよく確認してからにしましょう。

 

5. 預けた荷物を画像で確認できるか

宅配型トランクルームのほとんどは、預けた荷物が専門スタッフによって写真撮影され、撮影された画像で預けた荷物を確認することができます。

写真撮影代があらかじめ月額料金に含まれているサービスと、写真撮影する場合は月額料金が50~100円程度高い別のプランにする必要があるサービスがありますので、よく確認した上で利用してください。

 

6. クリーニングのオプションはあるか

宅配型トランクルームのサービスには、預けた衣類をクリーニングできるオプションを利用できるものがあります。

クリーニングは1点あたり990円(「サマリーポケット」の場合)などのように定額になっている場合が多いです。

通常のクリーニング屋では2,000円以上かかってしまう様なコートなども、かなり安い値段でクリーニングすることができます。

衣類を預けることが多そうな方は、クリーニングのオプションが利用可能なサービスを利用しましょう。

コスパグ

クリーニングのオプションはコスパが良くてオススメ♪

 

7. 対応エリア

「サマリーポケット」や「minikura」などのサービスは全国どこでも利用できます。

しかし、一部のサービスでは「大型荷物のみ関東限定」となっていたり、「東京23区限定」などと利用できる地域が限定されている場合もありますので、注意してください。

コスパ博士

転勤などで引っ越す可能性がある場合は、全国対応のサービスを利用しよう。

 

8. 空調設備

宅配型トランクルームで預けた荷物は倉庫で保管されることになりますが、倉庫は空調が整っていて温度・湿度が管理されている場合と、空調設備がなく常温で管理される場合があります。

空調設備がない倉庫で衣類や本などを保管した場合、カビが生えてしまう可能性があるので、衣類や本を預けたい方は極力空調設備が整っているサービスを利用しましょう。

 

9. 最低利用期間

前述の通り、宅配型トランクルームの中には、最低利用期間が設定されているサービスがあります。

最低利用期間以内に荷物を取り出した場合、最低利用期間サービスを保管した場合と同程度の手数料を支払う必要があります。

最低利用期間は2~6ヵ月程度あり、月額料金が安いサービスで設定されている場合が多いです。

頻繁に荷物を出し入れする可能性がある方は、最低利用期間が設定されていないサービスを利用しましょう。

コスパ博士

運営企業が赤字にならないように、1顧客当たりの単価を調整しているんだね。

 

10. 自前の段ボールが使えるか

宅配型トランクルームは、自前の段ボールも使用できるサービスと、専用の段ボールを取り寄せる必要があるサービスに分かれます。

自前の段ボールを利用することができないサービスでは、荷物を預ける前に段ボールを取り寄せる必要があります。

一方、自前の段ボールを利用することができるサービスでは、段ボールを取り寄せる必要がないので、早く荷物を預けることができます。

自前の段ボールも使用できるサービスで、自前の段ボールがない場合は、段ボールを取り寄せることになります。

その場合は段ボールを取り寄せる場合に200~500円程度の料金がかかる場合が多いので、注意してください。

アオイ

段ボールがなかったときに困るから、段ボール取り寄せるサービスを使うのが無難かな。

 

そもそも宅配型トランクルームとは?トランクルームとの違いは?

アオイ

そもそも、宅配型トランクルームってどんなサービス?普通のトランクルームとどんな違いがあるの?

という方もいらっしゃるかと思うので、簡単に説明させて頂きます。

近年、都心部への人口集中を背景とした住宅の増加を理由として、収納スペースが十分に確保されていない部屋が増えており、部屋が物でいっぱいになってしまうという方が多くなってきました。

そんな方を救うべく誕生したのが、(実際に行くタイプの)トランクルームのサービスです。

トランクルームとは、個人や法人で一定のスペースを借りて、自分でそのスペースに荷物を預けたり、取り出したりできるサービスです。

トランクルームに荷物を預けることで、部屋をスッキリさせることができるようになっただけでなく、今まで荷物を置く場所にかかっていた家賃も浮く様になりました。

トランクルームの店舗数は現在8,000店舗以上とも言われ、全国のファミリーレストランの約9,000店舗にも迫る勢いです。

日本でトランクルームを利用している家庭は1%未満ですが、トランクルーム先進国のアメリカでは10%程度の家庭がトランクルームを利用しています。

コスパ博士

アメリカに比べて土地の狭い日本では、まだまだ業界全体として伸びしろがかなりあるかもしれないね。

トランクルーム業界が急速に成長していく中で、「もっと安い料金でトランクルームのサービスを提供できないか」という考えから生まれたのが宅配型トランクルームです。

宅配型トランクルームでは、段ボールに荷物を入れて集荷してもらうだけで、家から出ることなく荷物を預けることができます。

また、実際に行くタイプのトランクルームが住宅地や商業地などにあるのに比べて、宅配型トランクルームの倉庫は比較的地代の安い地方にあります。

そのため、運営する企業側としては倉庫の家賃を抑えることができ、結果としてユーザーに安い料金でサービスを提供できています。

 

預けられているものベスト3

宅配型トランクルームの利用者で多く預けられているものベスト3を発表します!

コスパグ

預ける荷物の参考にしてね!

宅配型トランクルームに預けられているものベスト3
  1. 衣類
  2. 書籍
  3. CD/DVD

やはり1位は衣類でした!

宅配型トランクルームに預けられている荷物の半分以上が衣類となっています。

オフシーズンの衣類、特に冬物は分厚くてかさばるので、預ける方が多いようですね。

2位は書籍です。いつかまた読むと思ってとっておくのですが、月に何冊か買っているとたまっていって、地味に場所をとるんですよね。。。

3位はCD/DVDです。古いCDのコレクションを、まとめて預ける方が多いようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

これまでたっぷりと宅配型トランクルームのサービスを紹介してきましたが、ご自身に合ったサービスは見つかりましたでしょうか?

宅配型トランクルームを利用して、スッキリしたお部屋でくつろぎましょう♪

コスパグ

記事のシェアもよろしくお願いします♪

 

(画像出典元 「サマリーポケット」、「webtrunk」、「sharekura」、「dinos CLOSET service」、「risoco」、「minikura」、「宅トラ」、「エアトランク」、「CARAETO」、「MONOLESS」、「AZUKEL」、「虎んくるーむ」、「デリバリートランク」、「ものくる」、「klassy」各公式ホームページ)

 

 

宅配型トランクルームのサービス

宅配型トランクルームのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。