フォトブックについて

フォトブックを安く作るならサブスク!おすすめサービスを徹底比較!

記事更新日: 2020/03/06

執筆: 谷奈渚子

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

みなさん、写真の管理、現像はどうしていますか?

「思い出の写真を残しておきたいけどアルバムは面倒...。」

「なるべく安く毎月子供の成長を記録しておきたい!」

「彼氏彼女へ毎月の思い出を形に残してあげたい」

なんてみなさんにおススメなのがフォトブックのサブスクリプションです!

フォトブックのサブスクでは、ワンコイン以下の価格でフォトブックが毎月作れるものもあります!

この記事では、フォトブックのサブスクについて、各サービスの特徴や料金、メリット・デメリットなどを徹底的に比較していきます!

フォトブックってそもそも何?

元々は写真を保管しておくものと言えば、写真を印刷して台紙に貼るアルバムが一般的だったと思います。

しかし、最近はスマホやパソコンで簡単に作れるフォトブックに人気が集まってきています。

 

ここで、アルバムとフォトブックについて、それぞれのメリットを整理しておきます。

アルバムのメリット
  1. 手作りならではの温かみが出ます。
  2. 写真の追加や入れ替える作業がとても楽です。
  3. 写真以外にもメモや記録なども一緒に保管することが出来ます。
フォトブックのメリット
  1.  スマホやパソコンから作れるのでとても楽ちんです。
  2.  写真屋やコンビニ行く暇がなくてもスマホ一つで印刷ができます!
  3.  耐水性に優れた紙に印刷されるため、色あせもしずらく写真が長持ちします。
  4.  ちょっとした旅行の記録や、子供の成長日記大切な人への贈り物など、日常の一コマを切り取ることが出来ます!

アルバムにも手作りの温かみがあるというメリットがありますが、

スマホやパソコンで簡単に作成できるフォトブックは、現代版のアルバムと言っても過言ではないほど、写真の保存方法として広く浸透しつつあります。

しかし、フォトブックはさまざまな業者がサービスを行っており、選ぶのが中々大変です、、、

これから様々な視点でフォトブックのサービスを比較していくので、みなさんがフォトブックを選ぶ参考になれば幸いです!

 

フォトブックを安く作るならサブスク型がおすすめ!

フォトブックの販売は購入したいときにのみオーダーするバラ売り型と、毎月1冊以上オーダーするサブスク型があります。

それぞれの特徴を整理していきます。

 

バラ売り型フォトブックの特徴

バラ売り型のフォトブックはサイズも大きくページ数の多いものやデザイン性の高いものが多くなっています。

そういった利点の一方で、値段は高めに設定されています。

クオリティの高い一冊を求めている場合にはバラ売り型が向いています。

 

サブスク型フォトブックの特徴

その一方でサブスクではソフトカバーのものがメインとなり、価格もワンコイン以下と、とても安くなっています。

その一方、サイズは小さめ、ページ数も単品購入のものと比べると少なめのものが多くなっています。

そのため、その手軽さから子供の成長記録や1カ月記念日のプレゼントなどに利用する場合が多いです。

 

サブスク型フォトブックは、バラ売り型のしまうまプリントより安い?

しまうまプリントとはフォトブックのバラ売りサービスの中で1、2を争う安さを誇っているフォトブックサービスです。

結論から言うと、フォトブックのサブスクサービスはしまうまプリントよりも安いです!

まずはしまうまプリントの金額を見てみましょう。

 

しまうまプリントでは、各サイズの最低金額に加えて送料100円がかかります。

今回はサブスク型のサービスに多いA5スクエアサイズで比べてみます。

しまうまプリントは398円~、これから紹介していくサブスク型は200円~300円程度でフォトブックを作れるので、100円以上違うことがわかります。

アオイ

毎月フォトブックを作るのは正直面倒だなあ。

1カ月だけで解約できるものもあるかな?

中には最低利用月数が決まっているサービスもありますが、基本的にはサービスの解約は1カ月おきに可能です。

さらに、後ほど紹介する「nohana」や「sarah.AI」のように月額が無料のサービスは、送料以外の料金が発生しません。

そのため、フォトブックを作らない月は料金がかからないので、特におすすめです。

 

フォトブックサブスクの選び方・チェックするポイント

フォトブックのサービスが数多くある中で、自分に合ったサービスを選ぶためのポイントを紹介します!

最重要なのはやっぱり写真の枚数!満足するフォトブックを作ろう。

フォトブックのサブスクでは1冊に20枚~23枚の写真が入るものが多いです。

アオイ

毎月20枚~23枚って、結構多いのかな?

20枚~23枚という枚数は一見多いようにも思えますが、赤ちゃんの写真は1日に何枚も撮ってしまうものではありませんか?

ときには誕生日やお出かけなどのイベントが重なり、1冊では収まらないこともあると思います。

そんな時、お気に入りの写真は1枚でも多く載せたいですよね。

サービスの中には28ぺージのフォトブックでも、写真を載せられるのは20ページしかないものもあります。

実際に写真を載せられるページ数はしっかり把握しておくべきでしょう。

 

たまには気分転換も!フォトブック以外のものと交換してくれるサービスも?!

フォトブックのサブスクリプションは毎月1冊届きます。

しかし毎月フォトブックに残すほどの写真を撮るようなイベントがあるとは限らないですよね?

スキップ機能などのフォトブック作成を1カ月見送るサービスがあるものがほとんどです。

しかし、そんな機能にも有効期限は設けられており、あまり得策とは言えません。

(中には、フォトブックの代わりにL版プリントや2カ月カレンダーを受け取れるサービスもあります。)

サブスクリプションとして毎月届くという利点を最大限に活用するのであれば、子供の成長や日常の写真などをフォトブックにしたいという人におススメです。

ヒナタ

子供の運動会とかイベント用に作りたいときはバラ売り型がいいね♪

 

迫力満点のフォトブックを作るには大きさが重要!

サブスクのサービスで届くフォトブックはそのほとんどのものが14.5cm×14.5cm程度(文庫本の縦の長さとほぼ同じの正方形)のものとなります。

普段ちょっとしたときに見返す分にはちょうどいいですが、贈り物には少し物足りないかもしれないですね。

そんな中、文庫本の2倍の大きさのA5サイズ(14.5cm×21.0cm)ものを扱っているサービスもあります。

いつ見返すのか、だれか見返すのかによっても大きさも大事になってくるので慎重に選びましょう。

ヒナタ

primiiならA5サイズの大きいのもあるよ!

 

自分だけのフォトブックを作ろう!オリジナリティをだすならレイアウトの自由度を重視!

フォトブックの大きな利点は制作の簡易さにあります。

写真にコメントをつけたり、写真の大きさや、レイアウト変更は楽しいですよね!

フォトブックの中には写真の大きさやレイアウトまですべて決まったフォームになっているものから、コメントのフォントや写真のレイアウトまで自由に変えられるものもあります。

コスパ博士

フォトブックにかけられる時間、労力、完成度と相談するべきだね!

 

フォトブック比較表

フォトブックのサブスクリプションはたくさんのサービスがあり、一気に比較するのは少し手間がかかります。

そこで今回はコスパ部オリジナルの表で解説していきます!

【*1.2ページ追加ごとに25円(税抜き)がかかります。最大96ページの追加ができます。/*2.2冊目以降は送料100円がかかります。/*3.】

 

図を見ると、本体料金が無料であっても送料が高かったり、またその逆もありますね。

2冊目以降の値段はどのサービスも割高なように思います。

また、ページ数が多くても写真が入るページ数が少ないものもあるので気を付けましょう!

この図だけでは伝わらない各サービスの特徴について以下で見ていきます。

 

各サービスの紹介

nohana ~圧倒的安さで大人気!累計注文数1200万冊突破~

nohanaの一番の売りは圧倒的安さです!

本体料金は無料で送料のみ(275円)発生します。

本体価格と送料を含めてもフォトブックサービスの中で最安値となっています。

作成方法も写真をスマホのアプリからアップロードするのみでとても簡単に行えます!

さらに、高画質版やギフトボックス、表紙のデザインなどのオプションも用意されています。

(高画質版:+1,210円、ギフトボックス:+330円、表紙のデザイン:+330円

コメントの追加や裏表紙には後書きを書く欄もありオリジナリティが出すことができます。

フォトブックを作るのが初めての方にはちょうどいいアレンジ幅だと思います!

nohanaのメリット
  • 圧倒的安さ!本体価格無料はnohanaのみです。
  • シンプルなデザインでモノリスト風なフォトッブクに!
  • 簡単な操作で10分程度でフォトブックが作れちゃいます。
nohanaのデメリット
  • ページ数は28ページと多いものの、写真は20ページ分しかありません。(表紙/タイトルページ/奥付/裏表紙が8ページ分入ります。)
  • 写真の位置が変更できず、縦サイズと横サイズで所定の位置に配置されていて、レイアウトのアレンジが利きません。
  • 毎月のちょっとした記録としてはいいですが、プレゼントするにはページ数や画質が少し物足りないです。
  • 高画質版やギフトボックスへの変更は安くありません。(高画質版は+1,210円、プレミアム版は+3,300円かかります。)
  • 比較的シンプルな見た目になります。(無料でできる表紙変更もありますが、あまりデザイン性が高いものではなかったです。)

nohanaは、格安な価格設定に加え制作手順もとても簡単なものになっています。

また、毎月1冊本体料金が無料と、定額の支払いも発生しません。

白を基調としたシンプルな見た目に題名やコメント、後書きを追加することで世界に1冊のフォトブックを作ることが出来ます!

なので、nohanaはフォトブック初心者さんたまに利用したい人シンプルなデザインが好きな人におススメです!

 

 

primii ~大きめのブックサイズで迫力満点!~

primiiでは安くて大きなフォトブックを楽しむことが出来ます!

他のサービスにはないA5サイズ、A6サイズを同価格で選ぶことが出来ます。

A6サイズは文庫本と同じサイズなので本棚に並べるのにちょうどいいですね。

A5サイズはA6サイズの2倍のサイズ!他のフォトブックにはない迫力が味わえます。

ヒナタ

A5とA6のサイズが同じなら大きいサイズのほうがお得ね!

フォトブックのデザインも充実しており、毎月変わるフォトブックカバー表紙の写真も自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます!

また、primiiに加入すると、L版プリントが1枚/5円で印刷が可能となります。

新機能として、真四角プリント(89mm×89mm)も可能となりました!(1枚/10円)

さらに、5GBまで写真を預けてバックアップを取ることができ、データ量に困っているときや携帯の紛失や故障対策にはありがたいですね!

コスパ部

5GBは、スマホで撮った写真約1,500枚分だね!

 

Primiiを使ってみて。
primiiの口コミ

スマートフォン内の写真をプリントしたかったのですが、他のアプリだと読み込みのできない写真がありました。プリミィでは他アプリで読み込みできない物も印刷できたため、使用していました。毎月1冊無料でフォトブックをもらえたので、友人へプレゼントすることもできました。

今までフォトアプリを使った事がなかったのでちょっと不安でしたが 使い方は簡単なので 写真がたまれば使用しています。 毎月フォトアルバムが無料なのがありがたいです。 画質をもう少しよくなれば いいです。 とうぶんは使いたいと思っています。

このアプリは安く写真のプリントができるのは便利ですが、写真が多くなるとアプリが遅くなり、写真の整理が面倒になってきますので不便です。自宅まで無料発送可能の選択肢があるのは助かります

primiiのメリット
  • フォトブックのほかにも写真印刷割引データ提供などのサービスが盛りだくさん!
  • 選べる表紙デザインと写真のレイアウトでオリジナリティを出せる!
  • 大きめフォトブックで迫力のある写真をめる♪
primiiのデメリット
  • フォトブックの本体価格が無料になるのは加入した翌月から。(2冊目からは通常の値段に戻ります。)
  • 1ページの配置枚数は1枚までで、写真のレイアウト変更はできません。
  • フォトブック編集時の機能が使いづらいです。
  • 5GBのバックアップは写真を多く撮る方の場合すぐに上限に達してしまいます。
  • 120枚以上印刷しないと送料無料にならないにもかかわらず、1度に50枚ずつしか写真がアップロードできず、手間がかかります。
  • 公式ホームページから加入すると月額300円ですが、公式アプリから加入すると月額400円になります。
  • iCloud以外の外部ストレージからの写真データは、一度端末内に保存しないと読み込むことが出来ません。

Primiiには、フォトブック以外にも写真印刷の割引や写真データの保存などの特典がついてきます。

また、他のサービスとは違いその大きさはA6かA5から選ぶことができ、迫力のあるフォトブックが作れます。

さらには表紙のデザイン性もとても高く凝ったものが多いので、フォトブック以外のサービスも受けたい人大きめのフォトブックが欲しい人カラフルなデザインが好きな人におススメです!

 

 

sarah.AI ~手間とはおさらば!AIが作るフォトブック~

sarah.AIの最大の特徴はAIがフォトブックを作成してくれることです!

AIが全自動で写真の選択からレイアウトまで行ってくれます。

フォトブックは作りたいけどわざわざ写真を選んでいる時間がない人にはぴったりですね。

また、毎月1冊無料とコスパも抜群です!

送料(ゆうメール200円/レターパック650円)、決済手数料(クレジットカード支払い0円/コンビニ支払い200円)がかかります。⦆

さらに、本を守る巻きカバーにはコーティング加工が施される本格仕様に加え、豊富なデザイン高画質印刷という高いレベルのサービスです!

実際にアプリをダウンロードしてフォトブックを作成したところ....

作成にかかった時間はわずか30秒ほどでした!

AIが事前にまとめた時間や場所ごとにまとめられたフォルダーを選択、そして待つだけでできました!

コスパ博士

AIが同じ写真やピンボケの写真を除けてくれるなんて、便利な世の中になったね!

また、写真のレイアウトが気に入らなかった場合は写真の変更、追加、レイアウトの変更も可能です。

sarah.AIでは文字の書体の変更までできます!

また、1ページに最大6枚の写真を載せられたり、ページ数も自由に変えられる(+2ページごとに25円)のはとても魅力的です。

sarah.AIのメリット
  • AIにおまかせで圧倒的時短
  • 1ページに1枚の写真じゃ物足りない!最大6枚の写真を載せられる♪
  • 既定のページ数でも物足りない!そんなときは+25円で2ページ追加。
sarah.AIのデメリット
  • AIを利用する場合、AIがまとめたフォルダーからの作成になるため、載せたい写真が選択されない場合があります。
  • AIのレイアウトに任せると余白が大きすぎたり、写真が見切れてしまうこともあり、多少の手直しは必須です。
  • ページ数を増やす際は単品購入をすることが出来る同系列のサービス、sarahbookの方がお得な場合もあります。
  • アプリ上への写真のアップロードに多少時間がかかります

sarah.AIは本当に時間がない人にのみおススメです。

実際に作成した際には、ほぼすべてのページのレイアウトや写真を編集、選択しなおしました。

デザインやレイアウトにこだわりがとてもある人には向いていません。

また、sarahが行っているsarahbookではスクエア型はもちろん他の大きさのフォトブックもお手軽な値段で扱っています。

編集に費やす労力よりも完成度を重視する場合は自分でレイアウトのできるsarahbookがおすすめです。

 

 

dフォト ~その他特典あり!嬉しいL版プリントへの変更も~

dプリントでは基本のフォトブックはもちろん、L版プリントへの変更もできます!

今月はフォトブックにするほどの写真がたまっていないときには嬉しいサービスですね。

注文しなかったフォトブックを最大4冊分まで翌月以降に繰り越すことが可能です。

注文が出来なかった月でも安心ですね。

また、初回1冊分は無料です。とりあえずお試ししてみるのもいいですね。

さらにprimiiと同様、5GB分の写真預かり&バックアップサービスもあります!

フォトブックの作成もとても簡単で、コメントや日付、また写真の印刷一の調節が可能です。

らくらくモードでは、毎月好きな写真を決めておくだけで勝手にフォトブックにまとめて送ってくれる機能もあります!

アオイ

めんどくさがりな僕にはぴったりだ!

料金は上がりますが、ハードカバータイプもあり、シーンごとにソフトカバー、ハードカバー、L版プリントの使い分けができますね!

また、ドコモユーザーにはdポイント配布などのキャンペーンも期間限定で行っているのでぜひチェックしてください!

子供の成長の記録友達との思い出両親へのちょっとしたプレゼントにはシンプルな見た目がとてもいいと思います。

dフォトを使ってみて。
dフォトの口コミ

エラーが多くログイン時に問題があります。何度かインストールしなおしましたが結局同じで、注文もできませんでした。

写真を預けてもうまくいかず、クラウドマークが表示されました。もう一度試してみてももうすでに預けているとの表示が出て再送信不可です。他にもトラブルがあり、解消されていません。

満足!たまっていた写真の整理ができました。L版プリントで初回のお試しを使いましたが想像通りの出来で満足です。コンビニや写真屋に行く暇がないのでとてもありがたかったです。

dフォトのメリット
  • ドコモユーザー必見!dポイントの配布や特別キャンペーンの実施も!
  • フォトブック以外にも選べるL版プリントサービスで印刷の手間を省こう!
dフォトのデメリット
  • 登録が少し面倒くさいです。(ドコモユーザーの方はドコモIDが、それ以外の方は携帯電話番号、ネットワーク暗証番号が必要です。)
  • アプリに不具合が多く、フォトブックを作成できないとの声があります。
  • コメント欄が少し大きく、余白が広く感じます。
  • あまりアレンジが利かず、無難な仕上がりのフォトブックです。

 

Myフォト ~2カ月カレンダーへの変更も!フォトブック以外の商品も多数!~

Myフォトはソフトバンクが提供しているサービスです。

最大の特徴はフォトブック以外に交換できるアイテムの多さにあります!

なんと、L版プリントや、二カ月カレンダーへの交換が可能です!

これなら、フォトブックを作るほどの写真がたまっていなくてもサービスを満喫できますね。

また、ソフトバンクユーザーは初回登録時の初回1カ月目が無料となっています!

ヒナタ

送料も含まれているから本当にタダになるのね。

(ソフトバンクユーザー以外も料金は一律300円です。)

Myフォトを使ってみて。
Myフォトの口コミ

写真を選択した後次のステップに進めないです。アプリの再起動やインストールもし直しましたが同じでした。

ネットワーク接続が切れ、注文ができません。アプリがすぐに落ちてしまいます。

写真を選択すると強制終了してしまう!

アプリが落ちてしまうなどの口コミが多いです。。

Myフォトのメリット
  • ソフトバンクユーザーは初月無料でフォトブックが作れちゃう!
  • 他にはないフォトブックとの交換アイテム、2か月カレンダーの登場!
  • スクエアサイズもプラス料金なしで変更可能!
 
Myフォトのデメリット
  • アプリの不具合が多くフォトブックの作成ができないことがあります。
  • 対応している機種にも限りがあり、IOSをアップデートをする必要がある場合もあります。
  • ソフトバンク以外を利用しているのであればあまり得点は受けられません。

Myフォトはソフトバンクユーザーのみ初回無料特典や、2カ月カレンダーやL版かスクエア型の写真20枚セットの交換が可能です。

そのため、ソフトバンクユーザーの人、特に毎月フォトブックを作ることに不安を感じている人におススメです!無料体験から始めるのもいいですね。

 

 

Citrus(シトラス) ~ハードカバーのサブスクはここだけ!初回無料の特典も♪~

Citrusはフォトブックのサブスク業界唯一のハードカバーのフォトブックのサブスクです!

今まで紹介してきたサービスでも、ハードカバーのフォトブックの単品購入は可能でした。

しかし、ワンコイン以下でサービスを受けられるソフトブックと比べると2000円以上するハードカバーのフォトブックは手が出しにくかったと思います。

アオイ

ハードカバータイプってそんなに高かったんだ!

そんなハードカバーのフォトブックがCitrusでは980円/1冊で作成が可能です!

もちろん単品の購入も行っていますが、1800円/1冊ととても割高に思えます。

サブスクリプションプランはその割安な料金に加え、なんと初回1冊目無料の特典もついてきます!

ここで気になるのが「最低利用期間3カ月」という条件です。

ここだけみると、結局980円×3冊分払わなくちゃいけないと思いますよね?

しかし、毎月フォトブックを頼まなかった月に発行される繰り越しチケットを効率よく使うと、

このように、980円×2回で3冊のフォトブックを作ることが可能となります!

コスパ博士

これなら最低利用期間3カ月も実質2カ月間じゃな!

さらに、Citrusの良さはそのデザイン性にあります!

今までのフォトブックはそのコスパの良さから見た目はシンプルなものが多かったり、デザインの変更にもいちいちお金がかかるものがほとんどです。

しかしCitrusではその表紙だけでも40種類以上のデザインが用意されており、そのどれもがデザイン性の高いかわいいものとなっています!

また、ハードカバーはソフトカバーと比べ、長期保存に向いています。

そのため、子供の成長の記録を未来まで取っておきたい人や、その高級感からおじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼントにしたい人におススメです。

また、ページ数も30枚越えと他のフォトブックに比べると多く、本格的なフォトブックになります!

Citrusを使ってみて。
Citrusの口コミ

印刷レベルは多少なり低いです。自宅のプリンターで印刷した方が良い色がでます。でも、ハードカバーでデザインがとても可愛いのは良いです!

思っていたよりも早く届きました。ハードカバーの高級感はとても気に入りました。ただ、印刷された写真に少し粒子が出ていたのが気になりました。

発送も早いし保存用の箱もついていておススメです!届いた荷物の中には匂いのついたCitrusのカードタグが付いていてとても可愛かったです。あとはデザインがもう少し増えると嬉しいです。

Citrusのメリット
  • ハードカバーで圧巻の高級感!
  • 毎月更新される可愛い表紙が選び放題!お気に入りのシリーズを見つけよう。
  • 登録初月は無料!繰り越しチケットを活用すればさらなる安さに辿り着けます。
 
Citrusのフォトブック
  • ソフトカバーと比べるとやはり値段は上がってしまいます。
  • 画質が多少荒く、アップロードする画像はなるべく大きいサイズのものにする必要があります。
  • 表紙のデザインの更新が遅く、新しいデザインを待つ必要があります。
  • 画質があまりよくなく、画質のいい写真をアップロードしても粒子が少し目立つ場合があります。

Citrusはフォトブック界で唯一のハードカバータイプのサブスクを行っています。

ソフトカバーのものに比べると値段は高めですが、そのデザイン性はとても高く、ハードカバーによる高級感や特別感は他のサービスにはないものとなっています。

なのでCitrusはハードカバータイプが好きな方高級感のある特別なプレゼントにしたい方かわいらしい表紙が好きな方にお勧めです!

 

 

 

フォトブックのサブスクまとめ

今回はフォトブックのサブスクを紹介しました。

値段、大きさ、ページ数、カバータイプ、その選ぶポイントはたくさんあると思います。

フォトブックは子供の成長を残すだけではなく、記念日のプレゼントや送別会でのプレゼントにもとても喜ばれると思います!

無料体験できるものや1冊目は送料のみのサービスも多々あるのでまずは1冊、体験してみてはいかがでしょうか!

 

(画像出典:「nohana」、「primii」、「sarah.AI」、「dフォト」、「Myフォト」、「Citrus」各公式HP

フォトブックのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。