調味料について

調味料サブスクのおすすめ3選を紹介!各サービスの注意点も解説!

記事更新日: 2020/04/17

執筆: 大和貴人

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

調味料にもサブスクのサービスがあるのはご存知でしょうか?

この記事では、SNSで話題となったキッコーマンの醤油サブスクなど、調味料に関するサブスクのおすすめサービスについて、特徴や料金などを紹介していきます♪

本格スパイスでカレーを手作り「エアスパイス」

AIR SPICE(エアスパイス)は毎月980円で4人分の本格的なカレーを作るのに必要なスパイスが届くサブスクです。

スパイスと一緒にレシピやスパイスに関する情報誌も届くので、スパイスに詳しくない方でも十分にサービスを楽しむことができます。

 

エアスパイスの特徴は?

エアスパイスの特徴は、以下のようにまとめることができます。

エアスパイスの良い点
  • スパイスが使い切りの量で届くので使いやすい
  • レシピや情報誌でスパイス初心者でも楽しめる
エアスパイスの悪い点
  • カレーの具材は自分で買う必要あり
  • 届くスパイスは自分で選ぶことはできない

スパイスと一緒に届くレシピは手順が詳しく記載されていて、料理をあまり作らない方でも本格カレーを作ることができます。

カレーに使用する具材は自分で買う必要があるので、買い物に行く手間を省くことはできません。

3・6・12カ月のコースがあり、1カ月単位で自由に解約できない点にも注意が必要です。

 

エアスパイスについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

発酵の変態が選んだ発酵調味料が届く「発酵デパートメント」

発酵デパートメントは、下北沢にある全国各地のユニークな発酵調味料を買うことができるお店です。

代表の小倉ヒラクさんは、「王様のブランチ」などのTV番組にも出演しており、「発酵の変態」と呼ばれています笑

そんな発酵デパートメントが、2020年4月からサブスクを開始しています。

毎月4,000円で、発酵のプロが選んだ発酵調味料と、食品の使い方やレシピが掲載されたミニブックが届きます。

 

発酵デパートメントのサブスクの特徴は?

発酵デパートメントのサブスクの特徴は、以下のようにまとめることができます。

発酵デパートメントの良い点
  • 発酵のプロが選んだ調味料や食品が毎月届く
  • 食品のレシピや使い方が載った本が届く
発酵デパートメントの悪い点
  • 調味料に毎月4,000円はやや高め

月額4,000円はやや高めにも感じますが、全国の調味料をプロが厳選してくれていると考えると、納得できなくもないお値段です。

 

発酵デパートメントについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

しょうゆを手作りする「BOTTLE BREW」

BOTTLE BREW(ボトルブリュー)は、キッコーマンが運営する、自宅でしょうゆを手作りできるサブスクです。

初回はしょうゆを手作りするキットが届き、2回目以降は発酵原液が届くので、ボトルに継ぎ足して使っていきます。

 

BOTTLE BREWの特徴は?

BOTTLE BREWの特徴は、以下のようにまとめることができます。

BOTTLE BREWのメリット
  • 日を追うごとに成長していくMyしょうゆを楽しめる
BOTTLE BREWのデメリット
  • 入会するには、体験会に参加するかハウツー動画を見る必要がある
  • 値段設定は高め

日ごとに発酵が進み、成長していくしょうゆを楽しめるというメリットはありますが、月額3,300円という料金はやや手が出しにくいです。

しかし、このBOTTLE BREWはしょうゆの手作り体験を提供するという、ユーザーの「コト消費(not モノ消費)」への変換をとらえた先進的なサービスと言えます。

 

ボトルブリューについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

まとめ

調味料は、料理をしていれば定期的に補充する必要があるので、実はサブスクとかなり相性が良いです。

こだわりの砂糖や塩、みりんなどといったサブスクがでてきたら面白そうですね♪

そんなサービスが出てきたら、このサイトでいち早くお伝えするので、定期的に我々「コスパ部」サイトのチェックを宜しくお願いします!

 

(画像出典元「AIR SPICE」「発酵デパートメント」「BOTTLE BREW」各公式サイト)

調味料のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。