クリーニング・洗濯について

クリーニングや洗濯のおすすめサブスク!お得に手軽に洋服をキレイに♪

記事更新日: 2020/03/21

執筆: 大和貴人

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

この記事では、お得にクリーニングや洗濯ができるおすすめのサブスクを紹介していきます。

各サービスのメリットやデメリットまで詳しく解説しているので、お気に入りのサービスを見つけてみてください。

自宅からクリーニングを出せる「リネット」

リネットってどんなサービス?

リネットは、自宅からクリーニングを出せるサービスです。

段ボールに衣類を詰めて配達員の方に渡すだけで、クリーニングを出すことができます。

無料会員でも利用することができますが、利用できるサービスの多さから、月額390円のサブスク(プレミアムプラン)に加入する利用者がほとんどです。

プレミアムプランに加入することで、以下のサービスを利用することができます。

プレミアムプランで利用できるサービス
  • 初回30%OFF
  • 3,000円以上送料無料
  • 朝イチ・夜イチ便無料
  • 毛玉取り・毛取り無料
  • リネット安心保証
  • 段ボール無料手配
  • スタンプカード
  • 限定キャンペーン

初回30%OFFの特典を受けるだけでも元を取ることができるので、プレミアムプランに加入するのがおすすめです。

 

リネットのメリット・デメリットは?

リネットのメリットやデメリットは、以下のようにまとめることができます。

リネットのメリット
  • 自宅から出ずにクリーニングを出すことができる
  • 料金は普通のクリーニング屋さんとそんなに変わらない
リネットのデメリット
  • 受取まで最低2日かかる
  • 事前にかかる料金を確認することができない

リネットは自宅から出ずに衣類をクリーニングに出せることが最大のメリットで、料金も都内であればそんなに普通のクリーニング屋さんと変わりません。

場合によっては、リネットの方が安いものもあります。

受取まで最低2日間かかるので、急ぎのクリーニングには向きませんが、忙しい現代人にぴったりのサービスです。

 

リネットについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

自宅から洗濯できる「しろふわ便」

しろふわ便ってどんなサービス?

リネットがクリーニングのサブスクであるのに対して、しろふわ定期便は洗濯のサブスクです。

コインランドリーに行かずに、めんどうな洗濯をしろふわ便にお任せすることができます。

2019年3月23日放送の「マツコ会議」にも出演し、話題となったサービスです。

 

しろふわ便のメリット・デメリットは?

しろふわ便のメリット・デメリットは、以下のようにまとめることができます。

しろふわ便のメリット
  • 集荷方法について、柔軟に対応してくれる
  • 朝10時までの連絡で、当日集荷が可能
  • 洗濯物は個別に洗われるので、他人の洗濯と混ざらない
しろふわ便のデメリット
  • 対象エリアは東京でも一部のみ
  • 宅配の時間指定ができない

朝10時までに連絡すれば、当日集荷が可能で、翌日午後には洗濯物が届きます。

現在サービスを利用できるのは東京の一部ですが、対応エリアは徐々に拡大しています。

 

しろふわ便の料金は?

しろふわ便の利用料金は、以下のようになっています。

  スタンダード会員 ボリューム会員 プレミアム会員
料金 8,800円 12,800円 16,800円
1回当たり料金 1,760円 1,600円 1,400円
回収頻度 5 8 12
回収・配送時期 午後回収→翌日午後配送 午後回収→翌日午後配送 依頼の際に前回分を配送

また、追加料金を支払えば衣類のクリーニングも可能です。

 

しろふわ定期便については、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

コインランドリーのサブスク「Araeru(アラエル)」

Araeruはどんなサービス?

Araeruは新宿にあるコインランドリーのサブスクです。

以前は定額でコインランドリーを利用し放題でしたが、一部ユーザーが利用し続けるなどのトラブルがあったため、定額で使える回数が制限されました。

 

Araeruのメリット・デメリットは?

Araeruのメリット・デメリットは以下のようにまとめられます。

Araeruのメリット
  • 完全会員制のコインランドリーで女性にも安心
  • 実質1回100円以下でコインランドリーを使える
  • 空き状態や残り時間をスマホで確認できる
Araeruのデメリット
  • 以前は定額で利用し放題だった
  • 店舗は新宿山吹町に1つだけ

1回あたり実質100円以下で利用できるのでコスパは良いですが、新宿山吹町にしか店舗がないので、利用できる方は限られています。

 

Araeruについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

ワイシャツレンタルの「ワイクリン」

ワイクリンはどんなサービス?

最後に紹介するのは、ワイシャツをレンタルできるサブスクの「Yclean(ワイクリン)」です。

月に20枚、自分専用のワイシャツをレンタルすることができます。

 

ワイクリンのメリット・デメリットは?

ワイクリンのメリット・デメリットは、以下のようにまとめることができます。

ワイクリンのメリット
  • 自分専用のワイシャツをレンタルすることができる
  • 使い終わったワイシャツは、クリーニングされて返ってくる
  • 自由に解約できる
ワイクリンのデメリット
  • 平日が20日以上ある月は、ワイシャツが足りなくなる
  • 半袖のワイシャツがない
  • 既製品のワイシャツが合わない人は使いづらい

利用後のワイシャツは、クリーニングの資格を保有したスタッフによってキレイにクリーニングされた状態で返ってきます。

レンタルするシャツは毎月20枚なので、平日が20日以上ある月はワイシャツが足りなくなってしまうので、注意が必要です。

 

ワイクリンの料金は?

ワイクリンの料金体系は、以下のようになっています。

アソートプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
ワイクリンが選んだ20枚が届けられるプラン ビジネスシーン向けの厳選された10種類の中から好きな20枚を選べるプラン 綿100%、メイドインJAPANのワイシャツ10種類から20枚を選ぶこだわりのプラン
8,800円/月 12,800円/月 24,800円/月

月額料金の高いプランほど、ワイシャツの質が高くなっていきます。

 

ワイクリンに関しては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

まとめ

現状は、クリーニングや洗濯に関するサービスはそこまで多くはありませんが、クリーニングや洗濯は継続的にするものなので、

サブスクとの相性は良く、今後サービスが増えてくると思います。

みなさんも、サブスクでお得に生活してみてはいかがでしょうか?

 

(画像出典元:「リネット」「しろふわ便」「Araeru」「ワイクリン」各公式HP)

クリーニング・洗濯のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。