JREパスポート

JR東日本が提供する、コーヒーやトッピングをお得に利用できるサブスク「JREパスポート」をご紹介♪

記事更新日: 2022/04/04

執筆: 且井亜美香

コスパグ

こんにちは!コスパ部です☀︎

今回紹介するサブスクは、JR東日本が提供しているサブスク「JREパスポート」です!

ベックスコーヒーやTOKYO豚骨BASEの店舗で、コーヒーやトッピングをお得に利用することができます♪

この記事では、「JREパスポート」の特徴や料金プラン、メリットや注意点を詳しく紹介していきます!

この記事の監修

大和 貴人(やまと たかと)

2013年、慶應義塾大学卒業後、新卒で三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。
その後、大手広告代理店への転職を経て、2019年に㈱ユニベルを設立。
2020年1月、サブスク紹介サイト「コスパ部」を立上げ。
サブスク専門家として、日本テレビ「スッキリ!」、MBS「ミント!」などのメディアに多数出演。
良い点

毎月定額なので、使えば使うほどお得に!

悪い点

サービスにより利用できる駅が限られます。

JR東日本のサブスク「JREパスポート」って??

JR東日本では、2022年4月1日より、全国の路線にてSuicaを利用している方向けのサブスクが提供開始されました!

利用できるサブスクには、「ベックスコーヒーでのコーヒーサブスク」「TOKYO豚骨BASEでのラーメンのサブスク」などがあります。

また、エキナカのシェアオフィスである「STATION BOOTH」をお得に利用できるプランも用意されています♪

 

JREパスポートの料金プランは?

JR東日本のサブスク「JREパスポート」では、次のようなプランが用意されています!

コーヒーやパン、ラーメンのお店から、フィットネスジムやシェアオフィスなどの17のブランドがサブスクを提供しています!

 

ベックスコーヒー(コーヒー)

ベックスコーヒーでは、次のようなプランが用意されています↓↓

コーヒープラン マイボトルプラン

月額3,500

月額2,800

【1日3回まで】

ブレンドコーヒー

Sサイズ1杯(HOT/ICE)無料 or Mサイズ1杯50円 or Lサイズ1杯100円

【1日3回まで】

テイクアウトのブレンドコーヒー

Sサイズ1杯(HOT/ICE)無料 or Mサイズ1杯50円 or Lサイズ1杯100円

ブレンドコーヒーのSサイズは、通常200円となっているので、毎日利用している人にとってはかなりお得ですね!

マイボトルプランは、テイクアウト限定のプランとなっています。

補足事項
・4月1日より『ベックスコーヒーショップ』全店舗にて利用可能です。

 

STATION BOOTH(シェアオフィス)

JR東日本が提供するエキナカ×シェアオフィスである「STATION BOOTH」では、次の3つのプランが用意されています↓↓

15分プラン 30分プラン 60分プラン
月額275 月額550 月額1,100

【月5回まで】

1回15分まで利用可能

【月5回まで】

1回30分まで利用可能

【月5回まで】

1回60分まで利用可能

「STATION BOOTH」は、通常15分275円(1人利用)となっています。

補足事項
・STATION BOOTHの各ブースで利用可能です。

 

TOKYO豚骨BASE(ラーメン)

TOKYO豚骨BASEでは、次の2つのプランが用意されています↓↓

TOKYO豚骨BASEのラーメンライフプラン 替玉or煮玉子のトッピング無料定期券プラン
月額7,300 月額500

【1日1回まで】

来店ごとに対象のラーメン

【1日1回まで】

替玉1玉(通常100円)or 煮玉子1個(通常120円)

ラーメンは通常730円となっているため、月に10回以上利用する方にはとてもお得なサービスです!

また、トッピングは通常100円~120円のため、月に5回以上利用すると元が取れるサービスとなっています!

補足事項
・TOKYO豚骨BASE赤羽店を含む、全10店舗で利用できます。

 

プランは他にも…

他にもプランは豊富に用意されています!

JREパスポートのプランの一例
エキュート品川のサブスク:月額300円で、エキュート品川内の対象店舗での割引や無料などの特典が受けられる。
ジェクサー横浜のサブスク:月額8,800円で、ジェクサー・フィットネス&スパ横浜にて、1日最大30分のタンニングと60分間のスパ施設利用が可能。
NEWDAYSのサブスク:月額1,200円で、カウンターコーヒー(通常1杯100円)を無料で提供。 など

中でもNEWDAYSのサブスクは、現在期間限定価格の1,200円で行っているので、気になった方はお試しください!

紹介したサブスク以外にも、魅力的なサービスがたくさんあるので、公式サイト↓↓をぜひチェックしてみてくださいね♪

 

JREパスポートの口コミは?

JR東日本のサブスク「JREパスポート」の気になる口コミを紹介していきます!

 

ベックスコーヒーとTOKYO豚骨BASEのサービスを利用している!

 

TOKYO豚骨BASEのサブスクは地元にあれば元が取れそう!

 

サービスの本格開始に合わせ、早速利用開始している方が見られました。

JREパスポートの中でも、TOKYO豚骨BASEのサブスクの注目度が高いようです!

JR東日本のサブスクはまだ利用可能店舗が限られているサービスもあるため、利用できる店が拡大することに期待ですね!

 

JREパスポートのメリットは?

JR東日本のサブスクのメリットはこちらです↓↓

メリット
  1. 使えば使うだけお得に!
  2. 利用時はスマホで会員証を提示するだけだから簡単!

 

使えば使うだけお得に!

JR東日本のサブスク「JREパスポート」は、月額定額制で毎日利用することができるので、使えば使うだけお得になります!

例えば、ベックスコーヒーのサブスクでは、月額3,500円で、通常1杯200円のコーヒーを1日3回まで毎日利用することができます。

そのため、1日1杯の利用だとしても、月に18日以上利用すればもとがとれます!

利用できる店舗はどの駅にあるので、毎日通勤で利用している人にとってはかなりお得に使うことができますね♪

 

利用時はスマホで会員証を提示するだけだから簡単!

JREパスポートの利用方法はとっても簡単で、サブスクを購入したら、あとはお店で利用時に会員証を提示するだけです!

スマホで簡単に毎日利用できるので、とっても楽ですよね!

 

JREパスポートの注意点は?

JR東日本の注意点はこちらです↓↓

デメリット
  1. サービスにより利用できる駅が限られる。
  2. Suicaを持っていないと利用できない。

 

サービスにより利用できる駅が限られる。

JR東日本のサブスク「JREパスポート」を利用できる駅は以前よりも拡大されましたが、サービスによっては利用可能店舗が数店舗のみの場合もあります。

そのため、最寄駅や普段利用する駅が含まれていない人にとっては利用しづらいですよね、、。

ただ、シェアオフィスの「STATION BOOTH」や「ベックスコーヒー」は全ての店舗で利用できます

 

Suicaを持っていないと利用できない。

JREパスポートは、Suica持っている人のみ利用することができます

そのため、普段PASMOなどSuica以外の交通系ICカードを利用している方は、Suicaを購入する必要があります。

 

JRがサブスクを始めた理由は?

JREパスポートの内容を踏まえて、なぜJR東日本がサブスクを開始したのかを考えてみました。

個人的な推測にはなってしまいますが、「本業の売上低下の防止」のためだと考えています。

JR東日本はコロナの影響もあって、2021年3月期の売上が1兆7,646億円と、前年から4割程度低下しています。

コロナを機に広まったテレワークによって定期券の解約が急激に増える中、少しでも定期券の価値を上げようとして始まったのがJREパスポートなのだと思います。

 

まとめ

JR東日本で開始されたサブスク「JREパスポート」はいかがでしたか??

これからどんどんとサービス利用可能店舗が増えていくことに期待です!

気になった方は、ぜひ一度お試ししてみてください♪

 

(画像出典元:「JREパスポート」公式HP)

 

その他の【その他】のサービス

その他のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。