絵画レンタルについて

絵画レンタルサブスクのおすすめを比較して紹介!利用しやすいのは?

記事更新日: 2020/03/10

執筆: 大和貴人

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

絵画って、買うとなるとけっこうなお値段してしまいますよね。。。

そんなときに良いのが、絵画レンタルのサブスクリプションです。

お手軽な値段で、絵画をレンタルして、お部屋やオフィスに飾ることができます。

この記事では、絵画レンタルのサブスクについて、おすすめサービスを紹介していきます。

 

初心者におすすめ!「Casie(かしえ)」

絵画に関する知識がなくても楽しめるサービスが「Casie(かしえ)」です。

小さいサイズの絵は1,980円/月、リビングなどに飾れる絵は2,980円/月でレンタルすることができ、料金もお手軽価格です。

Casieには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

Casieのメリット
  • 月額1,980円~とお手軽な料金でレンタルが可能です。
  • 自分で絵を選ぶこともできるが、プロに選んでもらうこともできる。
  • 初月500円のスタータープランがあります。
  • 保険料が月額料金に含まれています。
Casieのデメリット
  • 絵を交換する際は、交換料金が発生します。
  • 500円のスタータープランは、2カ月目以降4,960円/月の通常料金が発生します。

はじめて利用する方は、初月500円のスタータープランがおすすめです。

通常1,980円/月のライトプラン、2,980円/月のレギュラープランの合計4,960円分を、500円で1ヵ月利用することができます。

しかし、2カ月目以降は通常料金の4,960円/月が発生してしまうので、気に入った方の絵を残し、もう片方は返却するのがいいと思います。

↓スタータープランでは2つの絵を500円でレンタル可能

 

Casieについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

コスパグ

初心者の方も使いやすいおすすめサービス♪

 

法人への導入事例多数「club Fm(クラブエフマイナー)」

法人への導入事例が多くあるのが、「club Fm(クラブエフマイナー)」です。

月額4,800円~で絵画をレンタルすることができます。

club Fmのメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

club Fmのメリット
  • 毎月1回、絵画を交換でき、交換の手数料は発生しません。
  • 無料でコンシェルジュに相談できます。
club Fmのデメリット
  • 月額料金は4,800円~で、「Casie」と比較して高いです。
  • 保険料は月額料金に含まれておらず、別途500円/月 発生します。
  • レンタルの最長期間は6ヶ月で、気に入った絵があっても返却しなければいけません。

club Fmは、無料で相談できるコンシェルジュの機能が便利です。

絵画を飾りたい壁の写真を送るだけで、コンシェルジュが部屋の雰囲気にあった絵画を選んでくれます。

保険料が月額料金に含まれていないことや、レンタルの最長期間が6ヶ月に定められていることは、デメリットとして挙げておきます。

 

「club Fm」については、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

業界No.1の作品数を誇る「ギャラリー四季」

「ギャラリー四季」は作品数3万点以上と、業界No.1の作品数を誇る業歴の長い絵画レンタルサービスです。

ギャラリー四季には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

ギャラリー四季のメリット
  • 作品数は業界No.1で、映画やテレビなどへの貸出実績も多数あります。
  • 絵画は毎月1,100円~と料金の安いものもあります。
  • 3・6・12カ月から絵画の交換周期を選ぶことができます。
ギャラリー四季のデメリット
  • 作品数が多く、選ぶのが大変です。おすすめしてくれる機能などもありません。
  • 最低2年間契約する必要があります。

3万点と業界No.1の作品数を誇りますが、「Casie」や「club Fm」にある「おすすめ機能」のようなサービスはありません(絵画の検索機能はあります)。

そのため、作者や技法などに関してある程度の知識がないと使いにくいサービスになっています。

また、最低2年間契約する必要があることも、デメリットとして挙げておきます。

 

温かみのあるサービス「TAJIRO工房」

「TAJIRO工房」は決して大きなサービスではありませんが、小規模だからこその温かみあるサービスを展開しています。

絵画レンタル事業の他に、絵画教室なども運営しています。

TAJIRO工房のメリット・デメリットは以下のようにまとめられます。

TAJIRO工房のメリット
  • 導入時は丁寧なヒアリングで、空間に合った絵を選ぶことが出来ます。
  • 作品は全て原画の1点ものです。
  • 万が一絵画の破損があっても、費用は請求されません。
TAJIRO工房のデメリット
  • 作品数は少なめです(あえて絞っています)。
  • 絵画のおすすめ機能などはありません。

TAJIRO工房は、小規模だからこその丁寧なサービスがメリットと言えます。

「芸術を身近に感じてほしい」という気持ちが伝わってくるサービスです。

コスパ博士

是非とも応援したいサービスだね。

 

デジタルサイネージで絵画を飾る「VALL」

VALL(ヴォール)は、4Kのデジタルサイネージをレンタルし画面に絵画を映すという、他のサブスクとは一線を画したサービスです。

1,200以上の絵画を自由に選択して、壁に映し出すことができます。

作品を投影した時間に応じて、アーティストに料金の一部が支払われるという、音楽ストリーミングサービスと同じようなお金の流れになっています。

法人のみ利用可能で、現在30日間無料トライアルを実施しています。

コスパ博士

こんなのがオフィスにあったら、「つかみ」はバッチリだろうね。

 

ARでアートを提案「ART TECHNOLOGIES」

アートテクノロジーズは、テクノロジーを通じて、アートに対する良いイメージを広げていくことをミッションとしています。

アートテクノロジーズでは個人向けにアート作品を販売している他、法人向けにサブスクリプションサービスも展開しています。

また、現在AR技術を利用した絵画のサービスも開発しており、今後の活躍に期待です。

コスパ博士

スマホやタブレットで壁を映せば、ARで疑似的に絵を飾ることができるサービスだよ。

 

機械も絵もレンタル「レント」

㈱レントは建設機械や産業機械のレンタル会社ですが、絵画のレンタルサービスも実施しています。

レンタル料金は月額3,000~10,000円で、保険料も含まれています。

 

まとめ

ユーザーと絵の接点マッチングで解決するサービスがあったり、AR、デジタルサイネージなどのテクノロジーで解決するサービスがあったりで面白いですね。

絵画は、時間経過や使用によって値段が落ちることが少ない(むしろ場合によっては値段が上がるケースもある)ので、レンタルとはかなり相性が良いと思います。

サブスク市場が広がることによって、さらにプレイヤーが増えてくる可能性も高いと思います。

 

コスパグ

↓記事のシェアも宜しくお願いします!

(画像出典元:「Casie」「Club Fm」「ギャラリー四季」「TAJIRO工房」「VALL」「ART TECHNOLOGIES」「レント」各公式HP)

絵画レンタルのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。