ゼロcafe(ゼロカフェ)

定額で何杯でもコーヒーを楽しめ、何時間でもカフェでくつろげるサービス「ゼロカフェ」についてご紹介します。

記事更新日: 2019/12/11

執筆: 宮嵜颯人

こんにちは!コスパ部です。

今回は、定額でcafeを何度でも何時間でも利用できる日本初のサービス「ゼロカフェ」について紹介していきます。

仕事や勉強などで普段からカフェを多く利用している人も多いのではないでしょうか?

「ゼロカフェ」では提携したカフェを定額でいくらでも利用することができ、また飲食店でもお得に食事を楽しむことができます。

この記事には「ゼロカフェ」の料金体制やメリット、デメリットなどを記載しています。

良い点

定額でコーヒー飲み放題、電源・wifi使い放題のカフェで何時間でも過ごすことができる。

悪い点

サービスの提供エリアが狭くて、地方の人は利用できない。

ゼロカフェとは

1. サービス内容

ゼロカフェは月に定額を支払えば提携店でアプリ会員証を提示するだけで、何度でも何時間でも飲み放題になるというサービスです。

提携店はアプリで確認することができ、渋谷・東京・新宿などの主要駅の近くに多くの店舗があります。

店ごとにゼロカフェ利用時間が決まっており、その時間内であれば何杯でもコーヒーを楽しむことができ、何時間でもカフェでくつろぐことができます。

またゼロバルというサービスもあり、提携店で予約した本人も含めて4人以上で予約すると、予約した本人の飲食代は無料になるというサービスもあります。

前日までに予約の日時・人数・コースとゼロバルのサービスを利用することを伝えて、当日にアプリを提示すれば利用することができます。

2. 提携店について

ゼロカフェは全国で40店舗以上のカフェや飲食店と提携しています。

多くの店が渋谷・新宿・東京などの主要都市の近くにあります。また、おしゃれなカフェだけじゃなく「金の蔵」のような居酒屋有名チェーンとも提携しています。

アプリで多くの店からエリアなどで検索することができ、一番都合のいい店を見つけることができます。

細かいサービス内容については公式サイトへ↓

 

ゼロカフェのメリット

1. お得にカフェで何時間でもくつろぐことができる

ゼロカフェでは月額3,980円、1日に換算すると約130円で提携店でコーヒーを何杯でも楽しむことができます。

カフェに行った際に一回あたりにかかる金額についての調査(下図)では、半分以上の人が500円以上かかっており、300円以下の人はほとんどいません。

つまり、多くの人にとってお得なサービスになっているんです。

(引用元:http://j-net21.smrj.go.jp/establish/research/restaurant/cons-coffee.html)

また、提携店では電源・wifiが使い放題なんです!

そのためカフェで仕事する方や勉強する方にもピッタリなサービスで、カフェで仕事の打ち合わせなどもできちゃうんです。

2. 利用のしやすさ

ゼロカフェは登録方法や利用方法が非常に簡単です。

アプリをダウンロードして会員登録をするので、面倒な手続きなどは一切不要で会員登録を申し込んだその日に会員証を発行することができるんです。

アプリは下のQRコード、またはリンクからすることができます。

【Android版】  【iPhone版】

また、利用方法も非常に簡単です。

アプリ内でこのサービスと提携している店舗を探し、行きたい店に行って会員証を見せるだけなんです。

たったこれだけで美味しいコーヒーを飲みながらのんびりとカフェでくつろぐことができます。

3. コーヒーだけじゃなくランチや飲み会などにも使える

実はこのサービスはカフェに使えるだけじゃなく、ランチサービスの加盟店舗でお得なランチサービスを受けたり、飲み会などを安く抑えることもできるんです。

実際にアプリを入れてどのようなサービスがあるかを確認してみました。

下の写真にあるように、エリアによって店を探すことができます。そして、気になる店をタップすると提供しているサービスの内容を見ることができます。

この店ではランチメニュー全品100円引きというサービスを提供していました。

他にも全品大盛り無料など多くのお得なサービスがありました。

「ゼロバル」というサービスでは、提携店舗で4人以上で予約すると予約した本人の飲食代は無料になるんです。

現在、「金の蔵」といった居酒屋の有名チェーン店とも提携しており、幅広くこのサービスを利用することができます。

このサービスの利用方法も簡単で、前日までに予約する日時・人数・コース、そしてサービスを利用するということを伝えれば完了です。あとは当日店頭で会員証を見せればサービスを受けることができます。

このサービスが気になった方はこちらのリンクから公式サイトへどうぞ↓

 

ゼロカフェのデメリット

提携店があるエリアが限られている

現在、東京・神奈川・愛知・福岡・石川の5県にのみ展開しているサービスになっており、それ以外の県では提携店がありません。

また、ほとんどの店舗が東京にあるため実質東京以外の県では使えないといった状況です。そのため、東京住み以外の方にはあまりお勧めできません。

具体的な店舗一覧についてはこちらをご覧ください。

 

お得にゼロカフェの会員になる方法

基本的な料金としては、月額3,980円(税別)で他に料金は全くかかりません。

それが、今なら初月の会員費が無料になるキャンペーンをやっています。

このキャンペーンを利用すれば、初月はタダでコーヒーや様々なサービスを受けることができます。

ただ、このキャンペーンを利用するにはいくつかポイントがあります。

登録する際にキャンペーンコード「36659」を打ち込む。

 

3ヶ月以上の利用が必須となり、3ヶ月未満で解約すると解約料が発生する。

 

キャンペーンは告知なく終了する可能性がある。

これらのポイントをしっかりと抑え、キャンペーンに応募しましょう。

 

口コミ

 

都内を営業でまわることが多いので、日中の作業場所としてゼロカフェを利用しています。

カフェには電源もあるので、パソコン作業も大丈夫です。

 

まとめ

今回、日本初の定額制のカフェサービス「ゼロカフェ」について紹介してきました。

新しい取り組みということもあってまだ提携店舗数は少ない方で、サービスの提供エリアも狭いです。ただ今後サービスが広がっていけば非常に便利なサービスになると思います。

現在、多くの人が仕事や勉強、くつろぎの場所としてカフェを利用しています。そんなくつろぎの場をお得に利用し、おしゃれな生活にしてみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら↓

 

(画像出典元:zero-cafe公式ホームページ)

その他の【カフェ】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。