アパホテル「マンスリープラン」

月額117,000円で全国のアパホテルに宿泊し放題の新プラン「マンスリープラン」をご紹介!

記事更新日: 2022/10/17

執筆: 且井亜美香

コスパグ

みなさんこんにちは!コスパ部です☀︎

今回紹介するのは、アパホテルで新たに始まる新プラン「マンスリープラン」です!

月額117,000円で、全国のアパホテルに泊まり放題となるプランです♪

この記事では、アパホテル「マンスリープラン」の料金や利用方法、メリット・デメリット、SNSの反応などを詳しく解説していきます。

この記事の監修

大和 貴人(やまと たかと)

サブスク専門家、ファイナンシャルプランナー。
2013年、慶應義塾大学卒業後、新卒で三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。
その後、大手広告代理店への転職を経て、2019年に㈱ユニベルを設立。
2020年1月、サブスク紹介サイト「コスパ部」を立上げ。
サブスク専門家として、日本テレビ「スッキリ!」、フジテレビ「めざまし8」などのメディアに多数出演。

サブスク専門家の大和貴人の顔写真およびメディア出演歴

良い点

泊まれば泊まるほとお得になります♪

悪い点

利用できる部屋タイプはシングル素泊まりのみです。

アパホテルのサブスクって?

月額117,000円で全国のアパホテルに泊まり放題の新プラン!

日本を代表するビジネスホテルである「アパホテル」が、とてもお得なサブスクを開始しました!

そのサブスクとは、月額117,000円(税込)で、全国のアパホテルに30日間泊まり放題となるマンスリープランです♪

泊まりたいホテルに空室があればいつでも利用することができます♪

 

通常なら1泊約5,000円のところ、1泊3,900円宿泊することができる♪

このプランは、月額117,000円〜で30日間泊まり放題という料金プランになっています。

アパホテルは普通に利用した場合は1泊5,000円前後(シングル素泊まりの場合)ですが、こちらのプランをを30日間フルで利用した場合には、1泊あたり3,900円ほどで宿泊できる計算になります!

ヒナタ

1泊あたり1,100円ほど安く利用できるのはお得よね♪

 

アパホテルのサブスクの料金は?

アパホテルのサブスクである「マンスリープラン」の詳しい料金はこちらです↓↓

料金プラン
  • 料金:117,000円(税込)/30日間
  • 宿泊期間:宿泊開始日から連続30日まで
  • 対象ホテル:全国のアパホテル
  • 部屋タイプ:シングル素泊まりのみ

部屋タイプはシングル素泊まりのみとなっており、部屋タイプの変更には追加料金が発生するので注意が必要です!

補足事項
・支払い方法は、事前決済限定となっています。
・リネン交換・客室清掃は3泊毎に1回無料です。

気になった方はぜひ申し込んでみてください↓↓

 

対象ホテルは?

アパホテルは2022年10月17日時点で全国に687ありますが、マンスリープランで利用できるホテルは、全国にあるアパホテルが対象です!

どこでも利用できるのは便利で嬉しいですよね♪

↓ホテルの空室はこちらからチェック!↓

 

アパホテルのサブスクに対する反応は?

アパホテルに住むことができる新サービスに対するSNS上での反応を紹介していきます!

 

かなりお得!

 

これに勝てる不動産の方が少なそう

 

空室が見つからない…

 

「かなりお得!」「賃貸借りるより良さそう。」というような声が多くありました。

たしかに、1ヶ月分の光熱費や水道代のことなどを考えたら、賃貸を借りるよりもお得になる場合もありますね!

その一方で空室がなかなか見つからないという声も多くみられました。

人気のプランであるため、長期滞在する人が多ければ多いほど空室になるのにも時間がかかりそうです…。

 

アパホテルのサブスクのメリットは?

アパホテルのサブスクのメリットはこちらです♪

メリット
  1. 泊まれば泊まるほどお得に利用できる!
  2. 全国のアパホテルに泊まれる!
  3. マンスリープランはいろいろな使い方ができる♪

 

泊まれば泊まるほどお得に利用できる!

月額117,000円で30日間泊まり放題となるので、フルに利用した場合は1泊あたり3,900円と通常よりもお得にりようすることができます!

また、水道費や光熱費はかからないので、賃貸を1ヶ月借りるのと比較してもお得です!

Wi-Fiにも対応しているので、テレワークやリモートワークの拠点として利用するのもOKです♪

 

全国のアパホテルに泊まり放題!

マンスリープランの対象ホテルは、全国のアパホテルです!

大浴場や露天風呂があることで人気の「アパホテル東京木場」や、スカイツリーが見えることで人気の「アパホテル浅草蔵前」などに留まることもできちゃいます!

アパホテルはビジネスホテルという印象がある人も多いと思いますが、露天風呂を利用できたり、景色が絶景の場所もあります☀︎

同じホテルに長期滞在するのももちろんOKですが、全国のアパホテルを巡る旅をしてみるのもいいですね♪

 

マンスリープランはいろいろな使い方ができる♪

アパホテルのマンスリープランのおすすめの使い方を紹介していきます!

 

テレワークやリモートワークの拠点として利用する!

アパホテルは全ての客室でWi-Fiを利用することができるので、テレワークやリモートワークにもおすすめです♪

アクセスの良い場所にあるアパホテルに長期連泊してもいいですし、いろいろなアパホテルを移動して気分を変えながら仕事をするのもいいですね!

 

全国を旅するための宿泊場所として利用する!

マンスリープランで利用できる対象ホテルは全国にあるので、日本一周旅行をするための宿泊場所としての利用もできます☀︎

宿泊費は抑えつつ、食事や観光をちょっと豪華に楽しむのもいいですよね!

 

全国のいろいろなアパホテルを楽しむ☀︎

全国にあるいろいろなアパホテルを楽しむ「アパ巡り」をするのもOKです!

露天風呂があったり、夜景が綺麗だったり、天然温泉があったりと、いろんな場所のアパホテルを利用してみるのも楽しそうですよね♪

 

このほかにもいろいろな使い方ができると思うので、ライフスタイルや目的に合わせて活用方法を探してみてください!

 

アパホテルのサブスクの注意点は?

アパホテルのサブスクを利用したいと考えている方は、次のことに注意してください。

注意点
  1. 部屋タイプはシングル素泊まりのみ
  2. Gotoトラベルは対象外
  3. 客室清掃は3泊につき1回無料

 

部屋タイプはシングル素泊まりのみ

「マンスリープラン」で利用できる部屋タイプはシングル素泊まりのみとなっています。

部屋タイプを変更することもできますが、セミダブル・ダブルルームは3,000円〜、ツインルームは5,000円〜の追加料金が発生してしまいます。

また、朝食バイキングレストランなどがあるホテルもありますが、マンスリープランには含まれていないので注意してください!

 

Gotoトラベルは対象外

今後Gotoトラベルが再開する可能性が高くなっていますよね。

しかし、アパホテルのマンスリープランはGotoトラベルの対象外であるため注意してください!

 

客室清掃は3泊につき1回無料

マンスリープランでは一つのホテルに1泊だけするのも、長期滞在するのもOKです。

ただ長期滞在の場合、リネン交換と客室清掃は3泊につき1回無料となっており、それ以外で清掃を希望する場合には1日1,000円かかります。

浴衣やバスタオル、タオルは毎日交換なので安心です!

 

アパホテルのサブスクの利用方法は?

アパホテル「マンスリープラン」の利用方法はこちらです↓↓

利用方法
  1.  公式HPの「お申し込み・ご購入フォーム」から申し込みます。
  2.  メールに届く管理番号とパスワードをマイページの登録情報編集から入力します。
  3.  マイページトップに表示される「マンスリープランのご予約はこちらから」をクリックします。
  4.  予約ページにて、ホテルを選択して申し込めば完了です!

利用方法②〜④については、以下の画像も参考にしてください↓↓

 

まとめ

月額117,000円で全国のアパホテルに泊まることができる新プランはいかかでしたか??

気になった方はぜひチェックしてみてください♪

コスパグ

最後まで読んでくれてありがとう♪

 

この記事ではアパホテルの新プランを紹介しましたが、一般の家に住み放題のサブスクもあります!

気になった方はぜひこちらの記事もチェックしてみてください↓↓

 

(画像参照元:「アパホテル」公式HP)

その他の【ホテル】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。