赤から鍋パス

赤からのサブスク「赤から鍋パス」について、サービスの特徴や注意点、評判を解説します。

記事更新日: 2020/03/25

執筆: 大和貴人

良い点

月6回で元を取れるので、比較的に元は取りやすいです。

悪い点

赤から鍋が2人前からの注文なので、1人では利用し辛いサブスクです。

赤からのサブスクとは?

赤からサブスク「赤から鍋パス」は、通常990円の赤から鍋を、1日1回まで利用することができるサブスクです。

飲食系のサブスクは、利用者にしかメリットがないものが多いですが、赤からサブスクは同伴者も半額で赤から鍋を注文することができるというメリットがあります。

以下で、赤からサブスクのコスパや注意点について詳しく解説していきます。

 

赤からサブスクのコスパは?

赤からサブスクは、月額料金4,980円で、1回990円の赤から鍋を1日1回食べることができるので、月に6回以上行けば元を取ることができます。

月に6回で元を取れるのは、他の飲食系のサブスクと比較した場合、元は取りやすいサブスクと言えます。

しかし、赤からサブスクには以下の注意点もあるので、注意点を含めてよく考えてから利用するようにしてください。

 

赤からの注意点は?

赤からサブスクには、利用する上でいくつかの注意点があります。

 

1人では使い辛い

赤から鍋は2人前からの注文なので、1人で来店すること自体は可能ですが、1人でも2人前食べる必要があります。

コスパ博士

1人で来店すると、毎回たくさん食べないといけないので、ここは是非改善してほしいね。

 

サイドメニューを2品以上頼む必要がある

サブスクを利用して来店した際、赤から鍋以外に2品以上サイドメニューを頼む必要があります。

つまり、サブスクを利用しても、お通し代と赤から鍋の半額495円、サイドメニュー2品分の料金で毎回1,500円程度は発生することになります。

コスパグ

おすすめはチーズたまご焼き!

 

利用は関東の一部店舗に限られる

赤からサブスクの利用は、関東の一部店舗に限られています。

サブスク利用可能店舗(19店舗)
渋谷店、渋谷宮益坂店、渋谷宇田川町店、銀座店、銀座5丁目店、吉祥寺店、立川北口店、新宿西口店、五反田西口店、池袋西口店、池袋東口店、中野南口店、恵比寿西口店、川崎東口店、秋葉原中央通り店、熊谷店、横浜鶴屋町店、国分寺南口店、所沢プロぺ通り店

コスパグ

対象店舗が拡大となり次第、このページでお知らせするね!

 

他のクーポン・割引サービスと併用できない

赤からサブスクは、他のクーポンや割引サービスと併用することができません。

 

結論!赤からサブスクは買い?

赤からサブスクは6回行けば元を取れるので、他の飲食店のサブスクと比較したときに、元が取りやすいサービスと言えます。

しかし、1人で使い辛い点や、2品以上のサイドメニューを頼む必要があるという点を考えたときに、総合的にはあまりコスパの良いサービスとは言えません。

したがって赤からサブスクは赤からマニアの方以外は見送りでいいかと思います。

コスパグ

1人でも使いやすいサービスだといいんだけどね。。。

 

赤からサブスクの評判は?

赤からサブスクは開始したばかりのサービスなので、まだサービスの評判に関する情報はありません。

情報が入り次第、こちらに追加していきます。

 

赤からサブスクの利用方法は?

赤からサブスクの利用方法は、以下の流れになっています。

赤からサブスクは、「モンスターパス」という飲食店のサブスクを集めたポータルサイトの一部です。

赤からサブスクに利用方法
  1. モンスターパスに会員登録する
  2. 「赤から鍋パス」を購入する
  3. 店舗でスマホ画面を見せる

コスパグ

「牛角」のサブスクもモンスターパスのサービスだよ!

 

他に飲食店のサブスクはある?

赤からサブスクの他にも、飲食店に関するサブスクは複数あります。

以下の記事でまとめて紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

まとめ

牛角のサブスクに応募が殺到して中止に追い込まれて以降、飲食チェーンのサブスクで自信をもってコスパが良いと言えるサービスはまだ出てきていません。

引き続き飲食に限らず、全ジャンルのサブスクを調査していきますので、「コスパ部」Twitterをフォローして頂けると有難いです!

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

(画像出典元:「赤から」「モンスターパス」公式サイト)

その他の【定額制ランチ・ディナー】のサービス

定額制ランチ・ディナーのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。