楽天マガジン

楽天マガジンなら月額380円で全11ジャンル250種類以上の雑誌が読み放題に!?

記事更新日: 2019/11/18

執筆: 田附柚輝

コスパグ

こんにちは!コスパ部です!

話題のニュースやファッションなど最新のトレンドをいち早く知ることができる雑誌。読んでおくだけで友達や上司との会話も盛り上がりますよね。

でもいざ雑誌を買うとき、こんなことを考えたことはありませんか?

 

「男性なのに女性雑誌を買うのは抵抗がある...」

「外でも雑誌を読みたいけど持ち運ぶのは重くて読みづらい...

「わざわざ雑誌の発売日に買いにいくのが面倒だなぁ...」

「毎月雑誌を買いたいけど読み終わった古い雑誌が家に溜まっていくのはなぁ...」

そんな悩みをお持ちの方に朗報です!「楽天マガジン」というサービスを利用すれば月額たったの380円で、250誌を超える雑誌がお手持ちのスマートフォン、タブレット、パソコンで読み放題になります。このページでは「楽天マガジン」の利用方法、料金体系、利用のメリット・デメリットなどを徹底解説させていただきます。

良い点

月額380円という破格の値段で雑誌が読み放題になる。

悪い点

著作権などの理由で閲覧不可のページが存在する。

良い点

実際には購入しづらい雑誌もオンラインなので周りの目を気にせず購入できる。

悪い点

付録や懸賞はついてこない。

「楽天マガジン」にはアプリ版とブラウザ版とがありますが、一部機能に違いはあるものの料金は変わりません。

料金体系

月額プラン

 

380円/月(税抜き)

年額プラン

 

3,600円/年(税抜き) ⇦年間960円お得!

補足事項
支払いにはクレジットカードの登録が必須になります。

さらに... 初回31日間無料お試し期間あり!!

まずは登録の前にお試し期間で雑誌を楽しみましょう。

【☟☟登録はこちらから☟☟】

他の雑誌読み放題サービスとの比較

この表は、「ブック放題」「dマガジン」「楽天マガジン」「Kindle Unlimited」「タブホ」「Tマガジン」「auブックパス」「U-NEXT」「マガジンウォーカー」の9社を様々な面から比較しています。

この表を見ると、「楽天マガジン」はコスパの良さ、無料期間の長さやオフライン視聴が可能であることからおすすめ度の高いサービスとなています!

同じようにおすすめ度の高い「dマガジン」も同時に検討し、自分に合ったサービスを探してみてください!

他の雑誌読み放題サービスについて詳しく知りたい方はこちらのサイトも参考にしてみてください。

 

楽天マガジンの10のメリット

①とにかく安い!

雑誌一冊は500円~600円なので月に一冊しか雑誌を買わない人でさえもこのサービスに加入したほうがお得になります。

そして月額380円(税抜き)というのは業界最安値です。例えば同じ雑誌読み放題サービスである「dマガジン」と比べてみましょう。

どちらのサービスも配信されている雑誌数は約250誌と変わりませんが、「dマガジン」は月額400円であるので「楽天マガジン」と比べて月々20円高くなります。

それに加えて「楽天マガジン」年間で契約した場合さらに年間で960円安くなるというプランが用意されているため実質月額300円となり、よりリーズナブルですまた、dマガジンには年額のプランは用意されておりません。

 

全11ジャンルの250誌以上の雑誌が読み放題。

趣味、ファッション、グラビア、週刊誌などさまざまな分野の雑誌が読むことができます。

ただし自分の読みたい雑誌が必ずしもあるわけではないため、無料期間を使ってその雑誌が配信されているか確かめておくことをお勧めします。

また、雑誌のバックナンバーも多く取り揃えているため買い逃してしまった雑誌がある方にも向いているサービスになります。

配信雑誌一例

          

 

③楽天スーパーポイントが利用可能。

「楽天マガジン」は楽天グループのサービスの一つですので当然ポイントが貯まりますし支払いでポイントを使うこともできます。

ですので楽天のサービスをすでに利用していて楽天IDをもっているような方には特におすすめです。

コスパグ

ただでさえ安いのにポイントまで貯まるなんてお得!

 

④初回の31日間は無料で利用可能。

電子書籍を初めて利用する方はその読み心地などに不安を覚えることもあるでしょう。そんな方のために、「楽天マガジン」は初回31日間を無料で利用可能にしております。

補足事項
31日以内に解約すれば料金は発生いたしません。

 

⑤現物だと買いづらいものでも気にせず購入できる。

例えば男性が女性週刊誌を買うのはどこか抵抗があると思います。そんな方でも「楽天マガジン」を使えば誰の目を気にすることもなく、目当ての雑誌を楽しむことができます。

 

⑥快適な使い心地。

まるで紙のページをめくっているかのような操作感で電子書籍を読むのが初めての方にも分かりやすいです。

さらに雑誌のお気に入り機能や、どこまで読んだかを覚えていられる付箋機能があり、快適に雑誌を読むことができます。

補足事項
ブラウザ版には付箋機能はありません。

 

⑦ホーム画面のカスタマイズが可能。

自分の好みに合ったジャンルを登録すれば、ホーム画面にその人に合ったものだけが表示されるようになります。そのためわざわざ興味のない雑誌を見る必要がなくなり、より快適に利用できます。

 

⑧雑誌はダウンロードしてオフラインでも読むことができる。

読み始めた雑誌は自動的にダウンロードされるため、電波の届かないところや移動中にも読むことができます。

WIFIのある環境でまとめてダウンロードしておいて、まとめて読むというのもおすすめです。

アオイ

オフラインで読めるので飛行機での移動中などに役立っています。

 

⑨スマートフォンやタブレット端末で読めるので持ち運びが楽。

雑誌を持ち歩くのは重たく荷物がかさばるので大変です。しかしこのサービスに加入すればスマートフォンを使って読むことができるので、どこでも雑誌を楽しむことができます。

 

⑩1つのアカウントで5台までの端末で利用することができる。

大きい画面で雑誌を読みたいときはタブレット端末やPCを利用し、電車などで利用するときはスマートフォンで利用するなどシチュエーションに応じた利用が可能です。また家族のスマートフォンに登録すれば1つのアカウントで5人までの家族全員が利用可能にすることもできます。

 

楽天マガジンのデメリット

 

①雑誌の懸賞や付録などはついてこない。

電子書籍である以上、付録を入手することはできません。

 

②閲覧不可のページが存在する。

例えば「ジャニーズ」のタレントなどは権利の問題上見ることができず灰色のシルエットで表されます。ほかには過激なグラビアのページも規制の対象となっております。

 

③容量が重い。

数多くの雑誌がある以上、容量は重たくなってしまいます。ただマイページからダウンロードしている雑誌一覧を確認することができ、まとめて削除することもできるので、読み終わったものをこまめに消せば問題はないでしょう。

補足事項
Android端末であればSDカードにダウンロードすることができます。

 

④配信期限を過ぎると雑誌を読むことができない

楽天マガジンをはじめとした雑誌読み放題サービスで読むことができる雑誌には、配信期限が設定されており、その日を過ぎると雑誌を読むことが出来なくなってしまいます。

配信期限は雑誌によって異なり、数週間から数か月程度設定されています。

例えば「AERA」では、2019年10月12日配信開始の号は、配信期限が2020年1月11日となっています。

 

まとめ

ここでは月額380円で人気雑誌が読み放題になる「楽天マガジン」について紹介させていただきました。

わざわざ雑誌を買いにいかなくてもスマホを使ってどこでも気軽に雑誌を読むことができるこのサービスを使って、最新のニュースを手に入れたり、自分の趣味を広げてみてはいかがですか?

 

(画像出典元:「楽天マガジン」公式HP)

良い点

実際には購入しづらい雑誌もオンラインなので周りの目を気にせず購入できる。

悪い点

付録や懸賞はついてこない。

その他の【雑誌読み放題】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。