YouTube Music

米津玄師さんの曲が聴ける音楽アプリがある!?しかも無料で使える!!

記事更新日: 2019/11/21

執筆: 田附柚輝

こんにちは!コスパ部です。

日常生活をより充実させてくれる音楽。皆さんの中にも毎朝通勤・通学時に音楽を聴きながら通っている方は多いのではないでしょうか?

最近はさまざまな音楽ストリーミングサービスの登場で、いつでも気軽に音楽を楽しめるようになりました。

ただ、いざ始めようと思ってもきっと「色々な音楽ストリーミングサービスがありすぎて選べない」と悩むことでしょう。

そこで、このページでは音楽ストリーミングサービスの一つである「YouTube Music」について、

料金プランや他サービスにない特徴などを徹底解説させていただきます。

 

音楽ストリーミングサービス8社の比較記事はこちら⇩⇩

 

 

良い点

YouTubeならではのカバー曲やリミックスが聴けます。さらに他の音楽アプリでは一切配信していないアーティストの楽曲も聴くことができます。

悪い点

YouTube用に作られたショートバージョンのMVしかない場合があります。

良い点

無料プランでも自分の聴きたい曲を選び、その曲をフル再生できます。

悪い点

iPhoneだとAppStoreで手数料がかかってしまうので少々割高になります。

良い点

YouTube Premiumに登録すれば音楽が聴けるほか、YouTubeも広告なしで快適に見れるようになります。

料金体系

「YouTube Music」はiPhoneの方だとAppStoreでの手数料がかかるためAndroid端末やデスクトップ版と比べて割高になってしまいます。

そんなiPhoneの方でもAndroid端末と同じ価格で利用する方法もありますので、是非とも最後までご覧ください!!

 

【料金表】

【プランの種類】 【料金】
無料プラン
Music Premium

[Android端末] ⇒ 月額980円(税込み)

[iPhone] ⇒ 月額1,280円(税込み)

YouTube Premium

[Android端末] ⇒ 月額1,180円(税込み)

[iPhone] ⇒ 月額1,550円(税込み)

ファミリープラン

[Android端末] ⇒ 月額1,480円(税込み)

[iPhone] ⇒ 月額1,950円(税込み)

学割プラン 月額480円(税込み)

 

さらに!!「YouTube Music」には1ヶ月間の無料お試し期間があります!

まずは無料で使ってみて、気に入ったらそのまま有料プランに加入することをおすすめします。

このページの目次

プラン紹介

「YouTube Music」には学割プランからファミリープランまでさまざまなプランがあるので、一番自分に合ったプランを選びましょう。

ここでは各プランについて詳しく紹介していきます。

無料プラン

「YouTube Music」の大きな魅力の1つとして「無料でも十分に楽曲を楽しめる」、ということがあります。

いったいどんなことが無料でできるのでしょうか?

無料プランでできること

無料プランでできることは以下の3つです。

 

①楽曲をフルで再生できる。

「Apple Music」を除くほとんどの音楽ストリーミングサービスには無料プランがあります。

しかしだいたいのサービスの無料プランでは、楽曲の中の30秒間だけしか聴けないなどといった制限があり、満足して聴くことはできません。

ですが「YouTube Music」では無料プランでも楽曲を最後まで再生することができます。

無料プランで楽曲をフル再生できるのは「YouTube Music」と「Spotify」のみとなっております!

 

②聴きたい曲を選んで再生することができる。

「YouTube Music」と同様に無料プランでも楽曲をフル再生できる「Spotify」でも聴きたい曲を選んで再生することはできず、

最低15曲は含まれるプレイリストをシャッフル再生することしかできません!

一方で「YouTube Music」では聴きたい曲を選んで再生するオンデマンド再生や曲順再生、シャッフル再生などあらゆる方法で楽曲を流すことができます。

コスパグ

無料プランでこんなにできるの!?

 

③ライブラリ機能で作成したプレイリストなどが見れる。

ライブラリ機能では自分の再生した曲や、自分で作成したプレイリストを見ることができます。

この機能を無料プランでも使うことができるので、自分の好みのプレイリストを作って場面に応じて使うといった楽しみ方もできます。

 

無料プランのデメリット

無料プランのデメリットは以下の2つです。

 

①バックグラウンド再生ができない。

無料プランではバックグラウンド再生ができないので、アプリを閉じたり画面をスリープ状態にすると音楽は止まってしまいます。

従って無料プランでは動画付きの曲しか再生できません。

☝動画が無く、曲だけで配信されているものは聴けなくなってしまっていますね。

⚠注意⚠
動画込みの曲を再生するわけなので、とても通信料がかかります。
屋外やWi-Fiのないところで聴く際は注意してください!!

 

②広告が入る。

しばしば曲と曲の間に数秒ほどの広告が入ります。

広告が気になるような方は有料プランに加入しましょう。

 

「Spotify」の無料プランとの違い

さまざまな音楽ストリーミングサービスがある中で、もし無料プランを利用するとして選ぶなら現状「YouTube Music」か「Spotify」の2択になります。

ではそれらの無料プランにはどういった違いがあるのでしょうか?

大きな違いとしては以下の2つが挙げられます。

 

違い①:「YouTube Music」では聴きたい曲を選んで再生することができるが、「Spotify」ではプレイリストのシャッフル再生しかできない。

違い②:「Spotify」ではバックグラウンド再生ができるが「YouTube Music」ではバックグラウンド再生はできない。

 

「YouTube Music」ではオンデマンド再生できる分バックグラウンド再生できず通信がかなりかかってしまい、

「Spotify」ではバックグラウンド再生できる分オンデマンド再生できないので聴きたい曲は聴くことができません。

これらの違いから私がおすすめする使い方はというと、

WIFIのあるところでスマートフォンを使わずに作業するときは「YouTube Music」を使い、

屋外やスマートフォンを使った作業をする際は「Spotify」をラジオ感覚で使うというものです。

どちらにも良い点悪い点がありますし、どうせ無料なのですからどっちのアプリも入れて損はないと思いますよ!

コスパグ

屋内で使う分には「YouTube Music」は最強だね!

 

「Spotify」についての記事はこちら⇩⇩

 

 

 

Music Premium

Music PremiumはAndroid端末の方なら月額980円iPhoneの方なら月額1,280円で「YouTube Music」の音楽に関するすべての機能を利用することができます。

iPhoneのほうが料金が高いのはAppStoreで手数料がかかるからだそうです。

正直価格だけで言うと他の音楽ストリーミングサービスのほうが安いので、機能よりも価格を優先する方は別のサービスを利用することをおすすめします。

ですが「YouTube Music」には若干価格が高い分、さまざまなメリットがあるのでぜひこのページを最後までご覧ください。

 

YouTube Premium

私的にはこのプランを利用することは「YouTube Music」をコスパ良く使う方法の1つだと思います!!

YouTube PremiumはAndroid端末の方は月額1,180円iPhoneの方は月額1,550円で利用することのできるプランで、このプランに加入すると「YouTube Music」の音楽に関する機能はすべて使えて、さらに次のようなことができるようになります。

①広告なしでYouTubeを視聴できる。

最近のYouTubeは2回連続で広告が流れたり、1つの動画にたくさんの広告がついていたりと不快に感じることが多々ありませんか?

YouTube Premiumに加入している間はYouTubeを見ても広告が流れません。

このプランはYouTubeのヘビィユーザーの方には特におすすめします!!

 

 

②YouTubeの動画をダウンロードしてオフラインで視聴することができる。

通信制限が心配で外ではYouTubeを見れない。。。

そう思ったことはありませんか?YouTube Premiumに加入すればそんな心配事ともおさらばできます!

WIFIのある環境で動画をダウンロードしておけばオフラインでも視聴できるので、移動中などにもYouTubeの動画を楽しむことができます。

コスパグ

外でも通信制限を気にせずにYouTubeが見れる!!

 

③バックグラウンド再生ができる。

YouTube Premiumに加入すれば、YouTubeの動画をバックグラウンドで再生できるようになります。

本来YouTubeを見ているときに画面を切り替えると音声や動画は止まってしまいますが、このプランならYouTubeをバックグラウンド再生できるので、ラジオ感覚で楽しみながら同時にスマートフォンを使って別の作業をすることが可能になります。

 

④「YouTube Originals」が視聴可能になる。

「YouTube Originals」はYouTubeオリジナルの動画コンテンツです。

ここでは一般のYouTubeクリエイターとは雰囲気が違ったコンテンツが楽しめます。例えば次のようなコンテンツがあります。

 

①「The Fake Show」、はじめしゃちょー

これは人気YouTuberである、はじめしゃちょーによる動画でYouTuberをテーマとした連続ドラマです。

「アカウント乗っ取り」や「炎上」など、現代社会ならではの問題を扱っていたりもしていてとても面白いのでおすすめです!

 

「Weird City」

これは富裕層と貧困層が物理的な境界線によって二分されている近未来の都市が舞台の話です。

近未来ならではの面白おかしい話や少し不気味な話を一話完結の形式で配信されています。

面白そうだと感じた方はぜひ加入して視聴してみてください!

コスパグ

たった200円追加で払うだけで、こんなに色んな機能が使えるの!!?

 

 

ファミリープラン

ファミリープランはAndroid端末の方は月額1,480円iPhoneの方は月額1,950円で利用することができ、同世帯に居住する最大5人のファミリーメンバーと有料プランを共有することができます。

ですので6人で登録した場合、月額1,480円を6人で割るので、

1人当たりの月額料金は 1,480円÷6人=246.666円 になります!

たとえ2人で利用する場合でも ⇒1,480円÷2人=740円

個人でMusic Premiumに加入するよりもお得なので1人でも一緒に始める家族がいる方はファミリープランに加入することをおすすめします。

さらに視聴に関する設定は自分専用になるので、お気に入りに保存した曲やおすすめ曲などは他のファミリーメンバーに共有されることはありません。

補足事項
ファミリーメンバーは13歳以上でないといけません。

 

学割プラン

「YouTube Music」には学生にうれしい学割プランがあり、認定されている大学や専門学校に所属している18歳以上の学生は月額480円でMusic Premiumと同様の機能を利用できます。

学生であることを認証するためには「SheerID」というサービスをつかわなければいけません。

SheerIDでは氏名、学校名、学校のメールアドレスなどを入力し、そのあと学校のウェブサイトにいくなど手順が少々面倒です。

補足事項
各年度の終わりに資格要件の確認手続きを行う必要があります。

 

デメリット

まずは「YouTube Music」の悪い点から知ってしまいましょう!

デメリット①:聴ける曲がYouTube用に作られたショートバージョンしかない場合がある。

例えば次の画像をご覧ください。

これは宇多田ヒカルさんの「あなた」という曲検索したときの画面なのですが、本人による曲はショートバージョンしかありません。

同じ音楽ストリーミングサービスである「LINE MUSIC」では本人による曲をフル再生することができるので、

そういった点は「YouTube Music」のデメリットと言えます。

同様に、曲を検索しても「歌ってみた」「弾いてみた」系の動画しかヒットしないこともあるので、

自分の聴きたい曲が聴けるかどうかを無料お試し期間のうちに確かめておくことをおすすめします。

「LINE MUSIC」に関する記事はこちら⇩⇩

 

デメリット②:歌詞表示機能が無い。

「YouTube Music」には歌詞を表示する機能がありません。

カラオケのように歌いたい方はブラウザで歌詞を検索して見ながら歌うしかありませんね。

 

歌詞表示機能がある音楽ストリーミングサービスを知りたい方はこちらの記事をクリック⇩⇩

 

デメリット③:iPhoneを利用している方は料金が高い。

AppStoreでは手数料がかかってしまうため、iPhoneを利用している方はAndroid端末を利用している方と比べて割高になってしまいます。

このページではiPhoneユーザーでもAndroidユーザーと同じ価格で利用する裏技を公開しているので、

気になる方はぜひもう一度ご覧ください。

 

デメリット④:無料プランだと特に通信が多くかかる。

無料プランでは曲のバックグラウンド再生ができません。よって曲を聴く際には動画を流し続けなければならないので通信が多くかかってしまいます。

それが嫌な方は有料プランにアップグレードしましょう。

 

 

YouTube Musicにしかない特徴

次は「YouTube Music」にしかない強みについて解説していこうと思います!!

ここにきて言うのもなんですが正直な話、どこの音楽ストリーミングサービスも楽曲数、料金、使える機能にほとんど違いはありません。。。

そこで大事になってくるのはやはりそれぞれのサービス独自の機能になってきますので、是非目を通してみてください。

① 他の音楽ストリーミングサービスでは聴けない曲を聴くことができる。

ここが「YouTube Music」の他の音楽ストリーミングサービスと圧倒的に違う点です!!

例えば米津玄師さんの曲はどの音楽アプリでも聴くことができません。

ですが「YouTube Music」では「YouTube」の動画を元に音楽を聴くことができるので、それらのアーティストの曲を聴くことができます!

さらに「YouTube Music」だけの強みとして、ボーカロイドや歌い手によるカバー曲なども音楽としてバックグラウンド再生できる点があります!!

「歌ってみた」系のジャンルも聴きたい方には特におすすめします。

ヒナタ

好きな歌い手さんがいる方は「YouTube Music」一択だね!!

 

 

 

② 無料プランでも自分の聴きたい曲を選び、その楽曲をフル再生することができる。

「YouTube Music」のもう1つの魅力は、無料プランだけでも十分に音楽を楽しめるという点です。

前に書いたように「YouTube Music」では無料プランでも楽曲を最後まで楽しめるほか、聴きたい曲を選択して流すことができます。

もちろん無料プランでは広告がつくことや、バックグラウンド再生できないといったデメリットはあるので、それが気になる方は有料プランに加入してみましょう。

 

③ 楽曲の検索機能が優れている。

「YouTube Music」では曲名がわからなくても、歌詞の一部分や「ビール CM」などといった言葉を検索画面に入力するだけで、探していた曲を見つけ出すことができます。

CMなどで気になっていたけど曲名がわからない!といった経験が多い方はぜひ「YouTube Music」をダウンロードしてみてください!

 

④ 楽曲のおすすめ機能が特徴的。

「YouTube Music」では再生した曲の履歴などから利用者の好みを分析して、その人に合った曲をセレクトしておすすめ曲として表示してくれます。

ただ、曲のおすすめ機能であれば、他の音楽アプリにもあります。

「YouTube Music」のおすすめ機能の面白いところは、ロケーション履歴を許可することで現在地や時間帯に応じて楽曲をおすすめしてくれるようになるところです。

例えば朝なら「すがすがしい朝の曲」というプレイリストが表示され、夕方だと「リフレッシュ向け」というプレイリストがおすすめされるなどします。

 

⑤ 「Google Play Music」の有料プランを利用しているユーザーは、追加料金なしで「YouTube Music」を利用することができる。

言葉の通りです。

「Google Play Music」を利用している方は乗り換えてみてはいかがですか?

 

 

音楽ストリーミングサービスとしての特徴

① 膨大な楽曲数。

「YouTube Music」は有名アーティストの曲から素人による「歌ってみた」まで幅広く配信されているため、楽曲数はかなり多いです。

 

【聴けるアーティスト例】

 

 

② 楽曲をダウンロードしてオフラインで再生することができる。

気に入った楽曲はダウンロードすることで、電波の届かないところや飛行機での移動中にもオフラインで再生することができます。

通信料もかからないので通信制限の心配もいりません!

 

③ プロのエディターや他のユーザーが作成したプレイリストを楽しむことができる。

「YouTube Music」では膨大な数のプレイリストが公開されており、他の人が作ったプレイリストを聴くことで新たに曲に出会うこともできます。

プレイリストには「通勤で聴きたいパワフルなJーPOP」「勉強用BGM」「男性カラオケ曲:初級編」などたくさんの種類があるので、

状況に応じたプレイリストを再生しましょう。

もちろん自分でプレイリストを作ることも可能ですよ!

 

④ 学割がある。

「AWA」などの音楽ストリーミングサービスには学割プランがありませんが「YouTube Music」には学割プランがあります。

学生の方は積極的に利用しましょう。

 

⑤ 1ヶ月間の無料お試し期間がある。

新規の方は1ヶ月間、有料プランを無料で利用することができます。

自分の好みのアーティストがいるかどうかなどを、この期間のうちに確かめておきましょう。

ただ無料お試し期間はだいたいの音楽アプリにもありますし、その中でも1ヶ月という期間は短い方なので特別優れているわけではありません。

 

他の音楽ストリーミングサービスの無料お試し期間の長さが知りたい方はこちらをクリック!⇩⇩

 

iPhoneでもAndroid端末と同じ値段で利用する方法

「YouTube Music」では手数料の問題でiPhoneを利用している方の料金が高くなってしまいます。

そこでここではiPhoneを使っている方のために、「YouTube Music」をAndroid端末と同じ価格で利用できる裏技をお教えします!

その方法を簡単にいうとWEBから「YouTube Music」を始めて、その後iPhoneからそのアカウントにログインすることでできます。

詳しい手順は次のようになっております!

手順①:「YouTube Music」の公式サイトに行く

 

手順②:「無料で使ってみる」をクリックし、Googleアカウントを使って支払い方法を選択する。

 

 

Googleアカウントでログインして支払い方法を選択します。

手順③:iPhoneから「YouTube Music」をインストールし、起動する。

こちらからもダウンロードできます。

手順④:先ほどのGoogleアカウントでログインする。

 

手順⑤:これでAndroid端末と同じ価格で音楽を楽しめます!

 

利用者の口コミ

 

 

 

・星野源さんはつい最近サブスクを解禁しましたが米津玄師さんの曲をバックグラウンド再生で聴けるのは「YouTube Music」だけですね!

 

・おすすめ機能が優秀なようです。

まとめ

ここまで読んでくださりありがとうございました。

「YouTube Music」は他の音楽アプリでは聴けないアーティストの曲が聴けたり、無料でも十分に使える、アップグレードすることでYouTubeを広告なしで見れる、といった大きな特徴があります。

音楽アプリは実際に使ってみて使いやすいと思ったものを使うのが一番ですので、まずは1ヶ月の無料お試し期間だけでもいいので始めてみてはいかがですか?

 

アプリダウンロード

 

(画像出典元:YouTube Music公式サイト)

良い点

無料プランでも自分の聴きたい曲を選び、その曲をフル再生できます。

悪い点

iPhoneだとAppStoreで手数料がかかってしまうので少々割高になります。

良い点

YouTube Premiumに登録すれば音楽が聴けるほか、YouTubeも広告なしで快適に見れるようになります。

その他の【音楽ストリーミング】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。