美容費を節約するには?今日からできる節約術14選を徹底解説!

美容費を節約するには?今日からできる節約術14選を徹底解説!

記事更新日: 2022/07/30

執筆: 片見陽香

コスパグ

みなさんこんにちは!コスパ部です!

 

みなさんは美容費にいくらお金を使っていますか?

コスメ代、ネイル代、美容院代など、美容にかかる費用が高額になってしまい、悩んでいる方もいるのではないでしょうか!

今回は、高額になりがちな美容費の節約術14選をご紹介します♪

 

この記事の監修

大和 貴人(やまと たかと)

2013年、慶應義塾大学卒業後、新卒で三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。
その後、大手広告代理店への転職を経て、2019年に㈱ユニベルを設立。
2020年1月、サブスク紹介サイト「コスパ部」を立上げ。
サブスク専門家として、日本テレビ「スッキリ!」、フジテレビ「めざまし8」などのメディアに多数出演。

そもそも美容費とは?

美容費は、美容にかかる費用を指しますが、この記事では「コスメ」、「美容院」、「ネイル」、「エステ」の費用に絞って解説します!

人それぞれ大きく異なってきますが、月の美容費の平均は1万円前後となっています。

例として、私の先月の美容費を見てみましょう!

↑私の場合は、ネイル代の比率が大きく、コスメにはあまりお金をかけていないことが分かります。

どこにお金をかけるかも人それぞれ差があるので、自分に合った節約術をこの記事で見つけてみてください♪

 

コスメ代を節約するためには?

まず、ほとんどの方がお金をかけているコスメ代の節約術を紹介します!

スキンケアからベースメイク、ポイントメイクまで、メイクをするには様々なコスメが必要となりますよね。

お金をかけたいコスメ、逆に費用を抑えたいコスメを自分で決めて、上手に節約していきましょう♪

コスメ代の節約術
  1. コスメによって100均やプチプラを活用!
  2. スキンケアには大容量の物やオールインワン化粧水を!
  3. 毎月必要となるコスメはポイントやクーポンを活用!
  4. コスメのサブスクを活用する!

 

1.コスメによって100均やプチプラを活用!

毎日使うコスメをすべて高価な「デパコス」で揃えると、コスメ代だけで数万円かかってしまいますよね。

そのため、部分的にでも100均やプチプラのコスメを使用することによって、コスメ代を節約できます♪

ベースメイクを重視する方は、ファンデーションやコンシーラーをデパコス、その他のポイントメイクはプチプラなものを使うというように、重視するものにより使い分けましょう!

最近では、アイシャドウやアイライナー、アイブロウなどは、デパコスと変わらないクオリティのものがプチプラで販売されているので、発色や仕上がりも安心です!

↑ダイソーで販売されている「GENE TOKYO」のムード アイシャドウパレット 01は、なんと9色入って税込110円です!

アイシャドウベースからマット、シマ―、ラメなどのアイシャドウが入っているため、このパレット一つでアイメイクが完成します♪

発色も良く、調節すればナチュラルなメイクから、クールなメイクまで幅広く対応できるので、おすすめです〇

↑こちらもダイソーで販売されている「UR GRAM」のスリム スケッチ アイブロウペンシルもおすすめです♪

とにかく芯が細く、スルスルとした描き心地のため、綺麗な眉毛が簡単に作れちゃいます!

是非これらの商品もお試しください!

 

2.スキンケアには大容量の物やオールインワンの物を!

スキンケアを安く済ませたい方には、大容量の化粧水や、一本で化粧水、乳液、美容液などの役割を果たすオールインワンジェルがおすすめです!

大容量で有名な「ハトムギ化粧水」は、500㎖で税込715円とコスパ最強の化粧水となっています!

オールインワンジェルは、一度ですべてのケアが完了するので、時短にもつながります〇

安いものだと、1,000円ほどでオールインワンジェルを購入できるため、化粧水・乳液・美容液を揃える費用を考えると、とても安価にスキンケアができます♪

スキンケアにこだわりたい方にはサブスクがおすすめです!

 

詳しくは、こちらの記事↓↓をご覧ください。

スキンケアのサブスクおすすめ11選!

 

3.毎月必要となるコスメはポイントやクーポンを活用!

コスメの中には、毎月購入するコスメと購入頻度が少ないものがあるのではないでしょうか?

頻繁に購入するものは、なるべく安く済ませたいですよね!

そんな時は、ショップのポイントやクーポンを活用しましょう!

コスメを販売しているお店には、ポイント制を導入している場所も多いので積極的に利用しましょう♪

@cosme(アットコスメ)」では、アプリでポイントカードを作ると300円分のポイントがもらえ、ミニゲームで毎日ポイントを貯められます!

貯めたポイントは買い物をする際に利用できるので、お得にコスメがゲットできます〇

また、ドラッグストアで手に入るコスメは、ドラッグストアが配布しているクーポンを活用して、安く購入しましょう!

 

4.コスメのサブスクを活用する!

コスメ代をとにかく抑えたい!という方には、サブスクの活用もおすすめです!

コスメのサブスクは、ほとんどのサービスで料金以上の商品が届くので、お得にコスメがゲットできます!

サービスによって、デパコスが中心のものや、韓国コスメが中心のものなど届くコスメに特徴があります!

デパコスを使いたい方におすすめのサービスが「My Little Box」です!

年に3回ほど「JILLSTUART」などの有名ブランドとのコラボボックスが届きます!

 

是非こちらの記事↓↓も参考にしながら、自分に合ったサブスクを選んでみてください♪

コスメのサブスクおすすめ11選!

 

美容院代を節約するためには?

一回の金額が比較的高額で、行く頻度も高い美容院代の節約術を紹介します!

カラーや長さ、髪質によって、美容院代に一番お金をかけている方も多いのでは?

そんな高い美容院代を少しでも安くしていきましょう♪

美容院代の節約術
  1. 予約サイトやアプリを活用!
  2. 染め直しが少なくなるカラーを選択!
  3. セルフカット・セルフカラーをする!
  4. 自宅でのヘアケアに力を入れる!

 

1.予約サイトやアプリを活用!

美容院を予約する際は、予約サイトやアプリを活用しましょう!

サイトやアプリを使うことで、一度にたくさんのお店を比較できたり、新規割引や学割などでお得に利用することができます!

ホットペッパービューティーは利用している方も多いのではないでしょうか?

その他にも、無料で施術してくれるお店を探せたり、モニター価格で安くサービスを受けられたりするアプリ・サイトもあります!

 

詳しくはこちらの記事↓↓をご覧ください♪

美容院代を徹底的に抑えたい方におすすめの節約術10選!

 

2.染め直しが少なくなるカラーを選択!

明るいカラーにしてしまうと、根本が伸びてきたときに染め直しが必要となってきますよね。

明るいカラーは美容院代が頻繁にかかってくるため、色落ちや伸びた根元が目立たないカラーにしましょう♪

暗めのブラウンや、ブルーブラックなどの落ち着いたカラーや、地毛にすると美容院代の節約に繋がります〇

 

3.セルフカット・セルフカラーをする!

ハードルは高いですが、セルフカット・セルフカラーをすると美容院代の大幅節約になります!

美容院でカラーをした場合、5,000円~8,000円ほどかかりますが、市販のカラー剤であれば600円ほどと、とても安価に髪を染められます〇

カットも勇気が必要ですが、美容院だと3,000円~4,000円かかるところを、ハサミなどを揃えるだけでできるため、大幅節約になります!

 

4.自宅でのヘアケアに力を入れる!

トリートメント目的で美容院に行く方もいると思います。

トリートメントを美容院で行うと3,000円~5,000円ほどかかりますが、自宅でのヘアケアを見直すことによって、美容院でのトリートメント回数を減らすことが出来ます!

髪の乾かし方やトリートメントの順番・やり方を見直すヘアアイロンの使用頻度を減らすなど、新たにヘアケア用品を購入する前に、今一度自宅でのヘアケアを見直しましょう!

どんなヘアケアが自分に合っているんだろう?と分からない方は、ヘアケアのサブスクも活用してみてください♪

ヘアケアのサブスクでおすすめの「MEDULLA」は、自分の髪の個性に合わせてカスタマイズヘアケアができるサービスとなっています〇

料金が少々お高めですが、ヘアケアの方法が分からない方や、とにかく自宅でのケアに力を入れたい方は、ぜひお試しください!

 

こちらの記事↓↓で詳しく解説しているので、ヘアケアのサブスクが気になった方はご覧ください!

ヘアケアのサブスク6選を徹底解説!セルフケアのサブスクも比較!

 

ネイル代を節約するためには?

綺麗な指先を保つためには欠かせない、ネイル代の節約術を紹介します!

指先のオシャレは、日々のモチベーションが上がるため重要ですよね!

サロンに行くとお金のかかるネイル代を抑えつつ、楽しみましょう♪

ネイル代の節約術
  1. サロンに行くならシンプルなデザインを!
  2. セルフネイルをすると大幅節約!
  3. ネイルのサブスクを利用する!

 

1.サロンに行くならシンプルなデザインを!

ネイルサロンに通いたいけど節約したい!という方は、デザインをシンプルにすることをおすすめします!

ベースカラーを自爪に近い色にし、デザインもワンカラーにするなど、シンプルにすることで爪が伸びてもあまり目立ちません

そのため、ネイルサロンに行く回数も減らすことができ、ネイル代の節約に繋がります

 

2.セルフネイルをすると大幅節約!

ネイルサロンに行くと平均6,000円ほどかかり、その出費が毎月と考えるとかなりの出費になります。

ネイルサロンに行くのは避けたい…という方は、セルフネイルにすると大幅にネイル代が節約できます

ネイルポリッシュ派の方も、ジェルネイル派の方も100均で一式揃うため、かなり安くネイルが出来ます〇

道具が比較的多いジェルネイルをセルフでする場合であっても、UVライトからオフ用品まで1,500円~2,000円ほどで100均で揃えられます

ネイルサロンと比べると4,000円も節約でき、自分の好きなデザインを楽しめるのが魅力です♪

 

3.ネイルのサブスクを利用する!

頻繁にネイルサロンへ通う方は、ネイルのサブスクも活用してみましょう♪

通うたびに料金を支払うより、定額で通い放題のサブスクの方がお得になる場合があります!

ネイルにこだわりのある方は、ネイルサロン通い放題のサブスクがおすすめです〇

 

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事↓↓もご覧ください!

ネイルのサブスクおすすめ7選!

 

エステ代を節約するためには?

ボディメイクやスキンケアに力を入れている方には身近な、エステ代の節約術を紹介します!

エステ代を毎回通うたびに支払うと、かなりの出費となってしまいますよね…

そんなエステ代を抑えながら、自分磨きをしましょう♪

エステ代の節約術
  1. 体験コースやクーポンを活用!
  2. セルフケアにも力を入れる!
  3. 高頻度で通う方はサブスクを活用!

 

1.体験コースやクーポンを活用!

エステ代は体験コースやクーポンを活用することによって、節約できます〇

エステの体験コースは、無料のお店や500円ほどかかるお店があるので、自分が受けたい施術や、マシンなどで選びましょう!

自分自身でケアを行う「セルフエステ」は、初回無料としている場所が多いです♪

また、ホットペッパービューティーをはじめとする予約サイトやアプリでサロンを探すと、初回割引が受けられるお店を見つけられます!

 

2.セルフケアにも力を入れる!

エステの相場は、フェイシャルだと1回5,000円~30,000円ほど、ボディだと1回10,000円~30,000円ほどとなっています。

この金額を毎月出費するとなると、かなり家計が圧迫されてしまいます。

セルフケアに力を入れると、エステに行く回数も減り、節約に繋がります

フェイシャルケアは、スキンケア、生活習慣を見直し、なるべく肌に摩擦などの刺激を与えないようにするなど、手軽に始められるセルフケアを見つけましょう!

ボディケアは、室内トレーニングを行ったり、食生活を見直すなど自宅でできることを取り入れることにより、体の引き締めに繋がります〇

エステに行く回数をとにかく減らしたい方は、上記のような方法をお試しください

 

3.高頻度で通う方はサブスクを活用!

フェイシャルやボディエステは継続的に行うことによって、効果があらわれてきます。

そのため、月に何回もエステを利用する方もいるのではないでしょうか。

頻繁にエステに通う方には、エステのサブスクがおすすめです〇

エステのサブスクは「セルフエステ」がほとんどですが、定額で通い放題のサービスが多く、通えば通うほどお得になります♪

エステのサブスクでおすすめの「じぶんdeエステ」は、毎月定額で大手サロンが採用している有名マシンを使い放題、予約なしで通い放題のセルフエステです!

初回体験は無料なので、気になった方はぜひお試しください〇

 

エステのサブスクの詳細を知りたい方は、こちらの記事↓↓もご覧ください!

エステのサブスクおすすめ8選!セルフエステ派の方必見!

 

美容費以外を節約するためには?

美容費にはお金をかけたいから、他の費用を節約したい!

そんな悩みがある方におすすめの節約術を、コスパ部では紹介しています!

 

↓↓これらの記事もあわせてご覧ください♪

生活費を節約したい方におすすめ!

 

食費を節約したい方におすすめ!

 

まとめ

美容費の節約術はいかがでしたか?

自分がお金をかけたい部分と、費用を抑えたい部分を考えて美容費をうまく節約していきましょう♪

コスパグ

最後まで読んでくれてありがとう!

 

(画像出典元:「ナチュリエ」、「@COSME」、「ホットペッパービューティー」、「じぶんdeエステ」公式HP)

 

↓↓記事のシェアも宜しくお願いします!

最新の記事

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。