subsclife(サブスクライフ)

新品家具をレンタルできるサブスクライフについて、サービスの特徴や評判などを紹介します。

記事更新日: 2020/03/25

執筆: 浅利美月

みなさんこんにちは、コスパ部です!

 

アオイ

新居の家具にはこだわりたいけど、そうすると初期費用がとても高くなってしまう、、、

 

ヒナタ

一般的な家具レンタルサービスだと、ななかなか使ってみたいものが見つからない、、、

みなさんの中に、こんな悩みをお持ちの方はいませんか??

あこがれのマイホームを建てたり、新生活で一人暮らしを始めるときなど、、、

家具を一式購入するとなると初期費用はかなりかかってしまいます。

そんなときにおすすめなのがこの「subsclife(サブスクライフ)」

このサービスでは、新品のおしゃれデザイン家具や有名ブランド家具を、手ごろな価格で1個からレンタルすることができるんです。

具体的にどのようなサービスなのか、詳しく説明していきましょう!

良い点

おしゃれな家具がそろっていて、必ず新品の商品を利用することができます。

悪い点

月額利用料とは別に、送料と回収手数料がかかります。

良い点

レンタル費用の合計額が商品の小売価格を上回らないように月額利用料が設定されています。

悪い点

利用期間内に返却や交換を行う際は、中途解約手数料が発生します。

他の家具サブスクサービスとの違いは?

まずはじめに、「subsclife」の他のサービスとの違いをおおまかに説明します!

以下の家具サブスクサービス7社比較図をご覧ください。

この図からも分かるように、「subsclife」には

デザイン性に優れた家具をレンタルすることができる
長期間の利用向けのサービスである

といった大きな二つの特徴があります。

コスパグ

他にもいろいろ特徴があるけど、この二つがメインのものになるよ!

その他の詳しいメリット・デメリットに関しては、これから説明していきます!

この比較図で取り上げられている家具のサブスクサービス7社を徹底比較した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

「subsclife(サブスクライフ)」のメリット

1.初期費用を削減できる

実家を出て一人暮らしを始める、子どもが生まれて大きな家に引っ越すなど、、、

様々なライフスタイルの変化には大きな出費がつきものです。

中でも家具の調達は、コストも労力もかさみますよね。

「subsclife」は月額制のサブスクなので、家具導入時にかかる費用は初月の月額利用料金と送料のみで済んでしまいます!

申込金やデポジットも不要なので、本来なら大きな負担になる初期費用を大幅にカットすることができるのです。

 

コスパグ

これなら、気軽にお部屋のコーディネートができるね!

 

2.デザイン性の高い家具を新品の状態で1個からレンタル

他の家具レンタルサービスでは、中古品が届いたり、お気に入りのデザインの家具が見つからないことも少なくありません。

ですが「subsclife」なら、取り扱っている家具の大半が有名ブランドのものなので、デザイン性という点では他のサービスより優秀です!

また、すべての商品が新品の状態で1点からレンタルできるのも魅力なのではないでしょうか。

 

アオイ

他の人が使った家具に抵抗がある人でも、安心して利用できるよ!

以下、主な取り扱いブランド一覧です。

「subsclife」主な取り扱いブランド
  • journal standard Furniture
  • ACME Furniture
  • FDB Mobler
  • ASPLUND
  • cado
  • TWINBIRD
  • BALMUDA

 

3.家電のレンタルも充実

「subsclife」では、家電のラインナップも充実しています

主な家電取り扱いブランドは以下の通りです。

BALMUDA
TWINBIRD
cado

コスパグ

どれも有名家電ブランドだね!

これらの人気家電を新品でレンタルできるサービスはなかなかありません。

一時的に必要な方、おためしで使ってみたい方など、どんどんレンタルしてみましょう!

家電レンタルのサブスクサービスを比較した記事もあるので、こちらもぜひ参考にしてみてください♪

 

4.利用期間は選択可能

引っ越しが多い方、進学や転勤の予定がある方など、同じ家具をずっと使い続けるのは難しいケースも多いと思います。

「subsclife」では、3か月~24か月の間で利用期間を自由に選択できるため、短期間の利用でも対応することができるのです!

コスパグ

国内の引っ越しならそのままサービスを利用できるから、中途解約手数料も必要ないよ!

 

5.家具の継続利用・交換・購入も可能

申し込み時に設定した利用期間の終了時には、利用した家具の継続・返却・購入のいずれかを選択します。

購入する際は、小売価格からすでに支払い済みの料金を差し引いた金額で購入可能なため、

お部屋の雰囲気やライフスタイルに合うかをじっくり試してから購入するか否かを決めることができます。

また、返却の際は自宅まで回収に来てくれるため、処分に関しても心配はいりません。

家具の交換に関しては、申し込み時に設定した利用期間終了後から可能になります。

 

6.安心の補償付き

「火災や台風、大雨などの災害によって商品が破損してしまった、、、」

こんなこともあるかもしれません。

そんな時でも、「subsclife」なら無料で修理や新品の商品への交換のサービスを受けることができます!

また、自分の取り扱い不注意による破損であっても、契約時の利用総金額の10%及び送料の支払いのみで新品への交換が可能です。

 

コスパグ

自分の取り扱い不注意でも、これだけの金額で済むんだね!

さらに、気づかない間についてしまった傷や子どもによる落書きなども、利用に問題ない範囲であればそのまま継続して利用でき、

返却時に追加料金が請求されることはありません。

小さな子どもやペットがいる家庭でも、これなら安心して家具を利用できますね!

注意事項
利用者による故意・重過失は、これらの補償の対象外となります。

 

「subsclife(サブスクライフ)」のデメリット

1.短期間の利用には不向き

先ほど料金の説明の際にも触れたとおり、「subsclife」では申し込み時に設定した利用期間が短いほど月額料金が高くなります。

そのため、短期間の利用にはかなり不向きなサービスとなっています。

引っ越しなどの予定が間近に決まっている中で家具のサブスクサービスの利用を考えている場合などは、他のサービスを検討してみてはいかかでしょうか。

 

コスパグ

短期間の利用だと、どうしても割高になってしまうよ。

 

2.中途解約手数料がかかる

「subsclife」では、申し込み時に設定した利用期間に満たない段階で商品を返却したい場合、残りの利用期間分の月額料金を中途解約手数料として支払う必要があります。

そのため、いつ家具を返却することになるかわからない場合などには少々使いづらさを感じるかもしれません。

「いつまで使うかわからないから、とりあえず短期間で申し込もう」

と考えても、その分月額料金が割高になってしまうのです。

「subsclife」の利用を考えている方は、いつまで家具を利用するか明確にしてから申し込みましょう!

 

subsclife(サブスクライフ)の口コミ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

+ #インテリア _ 今朝 #めざましテレビ #ココ調 でも紹介されてた #定額サービス #定額制家具レンタルサービス #subsclife #サブスクライフ _ 今このサービスで 手前のローテーブルをモニターさせていただいてます。 _ _ この #jornalstandardfurniture の #コーヒーテーブル をお迎えしてから おうちがぐっとオシャレになった気が _ _ プロフィールページにもリンク貼ってます _ #サブスク家具 #roomclip #ジャーナルスタンダードファニチャー #KAMARQ #カマルク #subsclifeモニター #roomclipモニター #サブスク家具 #jornalstandardfurniture #BRUGESDOLLY #台車モチーフ #ローテーブル #コーヒーテーブル #古材×アイアン #男前家具 #マイホーム #男前インテリア #インダストリアル #西海岸インテリア

Miho(@yonemiho)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. ─────────────── 365 Days of Interior ─────────────── 437 やっと、金曜日! . 今日は 「キッチンでのNG風水」 というテーマでブログ更新 記事は↓ココから \ @yokoyumyum / ─────────────── #365daysofinterior #subsclife#サブスクライフ#サブスク家具#リノベーションマンション#リノベーション#マンションリノベーション#マンションリノベ#ヴィンテージインテリア#リノベーションライフ#マンションライフ#マンションインテリア#マンション暮らし#マイホーム#インテリアコーディネート#リビングインテリア#見せる収納#ロッカー収納#yokoyumyumのリノベブログ #living#vintage#livstagrammer #instahome#myhome#eoskissx7#interiorhomedesign#homestyle

yokoyumyum(ヨコヤムヤム)(@yokoyumyum)がシェアした投稿 -

30代 男性 会社員 さん
評価:
レンタル期間の途中で解約すると、解約手数料が発生するので注意です。家具は新品でとてもキレイでした。
30代 女性 主婦 さん
評価:
数か月間の利用を考えていたのですが、短期間の利用では割高だだと感じたので、利用しませんでした。レンタルできるか家具は、すごくおしゃれだと思ったので、残念です。

subsclife(サブスクライフ)の料金

利用期間によって月額料金は異なる

subsclife」では、それぞれの家具に月額利用料が設定されており、その料金を毎月払う仕組みとなっています。

ですが、その月額利用料は利用期間によって異なります。

利用期間は3~24カ月まで1カ月ごとに選択可能です。例えば、

・「journal standard Furniture LAVAL SECTIONAL SOFA ARMLESS LEATHERTEX」(商品小売価格:60,480円)

→ 3か月:月額16,130円(合計48,390円)

 12か月:月額4,040円(48,480円)

 24か月:月額2,450円(合計58,800円)

・「nara.mam CAMOMILE BED FRAME SINGLE」(商品小売価格:39,960円)

→ 3か月:月額10,660円(合計31,980円)

 12か月→月額2,670円(合計32,040円)

 24か月:月額1,620円(合計38,880円)

 

といった料金となっています。

月額利用料は1か月刻みで異なるので、詳しくはそれぞれの商品の申し込み画面から確認しましょう。

このサービスを利用する際のデメリットとして、短期間のレンタルを目的とした際の利用だとかなり割高になってしまうという点が挙げられます。

3か月と12か月のレンタルの際の合計金額は数百円しか変わらないので、利用期間が決まっていない場合は少し長めに設定してもいいかもしれませんね。

 

 

・支払いはクレジットカード(Visa, MasterCard, JCB, American Express, Diners)のみとなっています。
・月額利用料金は、商品が届いた月の翌月から発生します。商品受け取り月は月額利用料金の負担はありません。

 

各手数料に関して

送料

ほかの家具レンタルサービスの中には利用料金の中に送料等が含まれているものもありますが、「subsclife」では、月額利用料金とは別に送料がかかります。

送料はそれぞれの商品によって異なるため、申し込み前の確認画面にてご確認ください。

例えば、先ほど紹介した「journal standard Furniture LAVAL SECTIONAL SOFA ARMLESS LEATHERTEX」の送料は、4,160円となっています。

 

回収手数料

商品を交換もしくは終了する際に、返却する商品の引き取りにかかる手数料です。

回収手数料は返却する商品1つずつに発生し、価格は商品ごとに異なります。

 

中途解約手数料

申し込み時に選択した利用期間に満たないタイミングで、利用終了の申し込みをした際に発生する手数料です。

料金はプランの残額となっており、例えば12か月で申し込みをして10ヶ月で利用終了する場合は、残り2か月分の月額利用料が中途解約手数料となります。

 

サービス利用の流れ

1.会員登録

まず、「subsclife」の会員登録を行います。

 

コスパグ

入会金はかからないよ!

 

2.家具と利用期間を選択

WEBサイトから、利用したい家具と利用期間を選択します。

商品選びに困った際は、コーディネートに関する相談をすることもできます。

また、申込金・デポジットなどの初期費用は必要なく、申し込み後のキャンセルは、12時間以内であれば可能です。

 

3.配送・受け取り

通常、申し込みから1週間~1カ月ほどで納品となります。

また、料金が発生するのは到着月の翌月からで、受取月は無料で利用することができます。

商品組み立ての必要の有無に関しては、それぞれの商品ページをご確認ください。

申し込み時は、日時指定はできません。別途送付される「お問い合わせ送り状No」を参考に、ご自身で配送業者へご連絡ください。

 

4.利用・支払い開始

破損時の補償もついているので、万が一傷や汚れをつけてしまっても安心して利用できます。

申し込み時に設定した期間、思う存分おしゃれな家具を楽しみましょう!

 

5.利用期間終了

利用期間が終了したら、継続・購入・返却のいずれかを選んでWEBサイトから手続きをします。

返却の際には回収手数料を、購入の際には小売価格とそれまでの利用料金をの差額を支払う必要があります。

 

法人向けサービスもある

「subsclife」では、個人だけでなく、法人に向けたサービスも展開しています!

基本的な料金の仕組みやシステムは通常のサービスと同じですが、法人向けならではのサービスやメリットも多くあります。

具体的には、

起業したばかりで初めて店舗づくりに取り掛かる企業
今後社員の増員とオフィスの移転が見込まれる企業
既存のオフィスの空きスペースを有効活用したい企業

などがこのサービスを導入したオフィス作りをしています。

 

subsclife」を利用することで会社にとってどのようなメリットがあるのか、詳しく説明していきましょう!

 

「subsclife」導入のメリット

 

1.初期導入コストの大幅ダウン

月額利用料と送料の支払いのみでスタートできるため、オフィス家具を一括購入する際と比べて圧倒的にコストを削減することができます。

コスパグ

これが一番のメリットだね!!

 

2.オフィスの変化等にも柔軟に対応できる

「オフィス家具を一式そろえても、またすぐに違うオフィスに移ることになる、、、」

この場合、家具を一式そろえるのはためらいますよね。

「subsclife」では、短期間から利用期間を自由に設定できるため、オフィスの移動にも柔軟な対応が可能です!

 

アオイ

これなら、今のオフィスのことだけ考えて、ぴったりな家具を選べるね!

また、利用期間終了時には、

レンタルの終了・返却
家具の購入
レンタル期間の延長

から状況に合わせて選択することができます!

会社の新しいスタートに、おしゃれなオフィス家具を取り入れてみるのもいいですね。

 

3.購入価格を超えない金額設定

家具レンタルのサービスの難点として、レンタルし続けるといつか商品定価を超えてしまうという点があげられます。

コスパグ

結局商品価格を超えていたら、レンタルの意味がないよね、、、

「subsclife」では、最長である24か月レンタルし続けても商品定価を超えない月額料金設定にしているため、その点に安心して気軽に利用することができます。

 

4.無料のコーディネート提案

オフィス家具は通常の家具と比べて大きいものが多く、何をどのように配置すればスペースを有効活用をできるか悩む方も多いのではないでしょうか。

「subsclife」では、法人向けのサービスとして家具の無料コーディネートを行っているため、希望通りのオフィスを実現することができます。

「雰囲気の良い店舗にしたい」

「無駄なくスペースを活かしたオフィスにしたい」

など、それぞれの企業の希望にそったコーディネートが実現します!

 

5.固定資産管理の手間を削減

「subsclife」の月額制なら、オフィス家具を経費として処理することができます。

そのため、固定資産計上や減価償却処理などの手間のかかる作業を削減することが可能です。

 

「subsclife」導入までの流れ

1.お問い合わせ

WEBサイトのお問い合わせフォームより、お問い合わせと見積もり依頼を行います。

 

2.提案

お問い合わせをした後は、最短3営業日で見積もりと家具コーディネートの提案が行われます。

 

3.納品・設置

提案をもとに発注後、スケジュール調整を行い家具の納品と設置が行われます。

納期は商品の生産状況によって異なりますが、通常1週間~2か月程度となります。

 

三井不動産子会社と提携

2020年2月25日、サブスクライフは、三井不動産子会社の三井デザインテックとの提携を発表しました。

コスパグ

商品のラインナップが一層強化されそう♪

 

まとめ

いかかでしたか?

良心的な価格でおしゃれな家具をレンタルできるサービス「subsclife」。

このサービスなら、ライフスタイルに合わせた家具のレンタルだけでなく、自分の部屋にぴったりな家具をじっくりと試すこともできます。

あなたもぜひ利用して、日常生活の中に家具選びの楽しみを取り入れてみましょう!

(画像引用元:「subsclife」公式ホームページ)

 

良い点

レンタル費用の合計額が商品の小売価格を上回らないように月額利用料が設定されています。

悪い点

利用期間内に返却や交換を行う際は、中途解約手数料が発生します。

その他の【家具レンタル】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。