電化製品について

電化製品サブスクのおすすめサービス9選!最新家電をお得に使おう♪

記事更新日: 2020/04/15

執筆: 大和貴人

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

電化製品にもサブスクがあるのは、ご存知でしょうか?

ダイソンルンバなど、あこがれの電化製品を使えるものや、忘れ物防止タグのようにユニークなものまで様々な種類があります。

この記事では、電化製品サブスクの特徴や料金などをまとめて紹介していきます!

 

ダイソン製品をレンタル「Dyson Technology +」

「Dyson Technology +(ダイソンテクノロジープラス)」は、ダイソンのコードレスクリーナーやファンヒーター、ドライヤーなどをレンタルできるサブスクリプションサービスです。

ユーザーは価格の高いダイソン社製品を、比較的低価格でレンタルすることができます。

ダイソンテクノロジープラスは以下のようなメリット・デメリットがあります。

ダイソンテクノロジープラスのメリット
  • 月額1,000円~という低価格でダイソン社製品をレンタルできる。
  • 最短2年で新しい機種に変更できる。
  • 故障しても無料で交換してもらえる。
ダイソンテクノロジープラスのデメリット
  • 3年以上の長期利用を考えている人にとっては割高になる。
  • レンタルできる商品は中古品。

3年以上利用する方にとっては割高になってしまいますが、最短2年(プランによっては3年)で新しい機種に交換できることや、

低価格でレンタルできることを考えると、かなりコスパの良いサービスです。

 

ダイソンテクノロジープラスについては、以下の記事で詳しく説明しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

ルンバをレンタル「Robot Smart Plan」

「Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)」は、お掃除ロボットの「ルンバ」と床拭きロボットの「ブラーバ」をレンタルすることができるサブスクリプションサービスです。

ロボットスマートプランには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

ロボットスマートプランのメリット
  • 月額1,200円~の低価格でルンバをレンタルできる。
  • 3年間継続してレンタルすると、レンタル品がもらえる。
ロボットスマートプランのデメリット
  • 1年以内の解約は違約金がかかる。
  • 追加の付属品は自分で買う必要がある。
  • レンタルできる商品は中古品。

低価格でルンバをレンタルできるというメリットはありますが、1年以内の解約は違約金が発生するので、短期間の利用には向いていません。

 

ロボットスマートプランについては、以下の記事で詳しく説明しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

カメラやルンバなど、幅広い製品をレンタルできる「Rentio(レンティオ)」

「Rentio(レンティオ)」では、ルンバの他、カメラやGoPro、家電など幅広い製品をレンタルすることができます。

レンティオには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

レンティオのメリット
  • 高性能カメラからブランド家電まで幅広いナインナップ。
  • 気に入った商品は購入可能。
レンティオのデメリット
  • 長期間借りていると割高になる。
  • レンタル商品は中古品。

レンティオは、GoProからルンバまで幅広いラインナップがあることや、追加料金を払えば商品を買い取れる点から、おすすめできるサービスです。

 

レンティオについては、以下の記事で詳しく説明しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

定額でカメラ借り放題「GooPass」

GooPass(グーパス)は、カメラとレンズが月額5,800円~で借り放題のサブスクです。

月額5,800円~29,800円までのプランがありますが、5,800円のプランでも、十分なラインナップから商品を選ぶことができます。

GooPassのメリット・デメリットは、以下のようなメリット・デメリットがあります。

GooPassのメリット
  • 豊富な商品ラインナップ。
  • レンタル期限がない。
GooPassのデメリット
  • 借りたい機材がいつ入荷するのかわからない。
  • レンタルしていなくても月額料金が発生する。
  • 1年ほどでレンタルすると、買った方が安くなる。

GooPassはレンタル期限が定められておらず、好きなだけレンタルすることができますが、1年ほどで買った方が安くなってしまうので、

色々なカメラを使いたい方にはおすすめのサービスです。

 

GooPassについては、以下の記事で詳しく説明しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

無償交換サービスなどが受けられる「GoPro Plus」

「GoPro Plus(ゴープロプラス)」は、GoProを購入した方が加入できるサブスクリプションサービスです。

加入することで利用できるサービスは以下の3つです。

GoPro Plusのサービス
  1. 無制限のクラウドストレージが使える。
  2. GoProが壊れた場合、無償で交換してもらえる。 ※一部料金が発生する機種あり
  3. GoProの純正アクセサリーが半額で買える。 ※一部対象外の商品あり

無制限のクラウドストレージは、GoProで良く動画を撮る方におすすめです。

また、GoPro Plusに加入することで半額で買えるアクセサリーでは、Shorty(自撮り棒)とSeeker(バックパック)が特におすすめです。

コスパ博士

↓バックパックは仕事でもプライベートでも使えて、特におすすめだよ。

 

GoPro Plusの月額料金は?

GoPro Plusの料金は、600円/月 です。

年間で契約した場合は、500円/月となります。

アオイ

GoProは激しく使って壊してしまう場合も多いから、加入する人が多いみたい。

 

バルミューダやカドーの家電をレンタルできる「subsclife」

「subsclife(サブスクライフ)」は家具レンタルがメインのサブスクですが、バルミューダのトースターカドーの空気清浄機など、一部の電化製品もレンタル可能です。

家具・家電共にデザイン性の高い商品をそろえていることがサブスクライフの特徴です。

サブスクライフには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

サブスクライフのメリット
  • レンタル料の総額を差し引いた金額で購入できる
  • 3~24カ月の利用期間を自分で選べる
  • 家具・家電共にデザイン性の高い商品が揃っている
  • 新品の商品をレンタルできる
サブスクライフのデメリット
  • 短期間の利用は割高
  • 最初に決めた利用期間内に解約すると、違約金がかかる

レンタルしたあとに商品を購入する場合、レンタル料の総額を差し引いた金額で買い取ることができるので、長期間借りたあとに買い取っても、

今まで支払ったレンタル料金が無駄になりません。

レンタル期間は3~24カ月を選択することができますが、レンタル期間が短いほど毎月のレンタル料金が高くなるので、短期間での利用には不向きです。

 

サブスクライフについては、以下の記事で詳しく説明しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

最新家電がレンタルできる「CLAS」

「CLAS」も家具レンタルのサブスクですが、最新家電もレンタルしています。

CLASでは、プロジェクター付きシーリングライト「ポップインアラジン」もレンタルすることができます。

CLASには以下の様なメリット・デメリットがあります。

CLASのメリット
  • 長期間借りる程、レンタル料金が安くなっていく。
  • 借りた商品は好きなときに返せる。
  • レンタルできる商品は新品ではない場合が多い。
CLASのデメリット
  • レンタル商品は購入できない。
  • 商品を受け取れなかった場合の再配送料が高い。

レンタルを続けた場合、2年目、3年目とレンタル料金が安くなっていくので、長期間レンタルしてもレンタル料金の合計が高くなりにくいです。

レンタル商品は買い取ることができないというデメリットもあります。

 

CLASについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

忘れ物防止トラッカー「Tile Premium」

「Tile(タイル)」という忘れ物防止トラッカーがあります。

カギや財布など、忘れがちなものに付けることで、位置情報を把握することができます。

また、Bluetoothの範囲内であれば、音を鳴らして探すこともできます。

↓カギについている白くて四角いキーホルダーのようなものがTileです。

「Tile Premium 」は、Tile利用者向けのサブスク型追加オプションです。

基本機能から追加される機能は、以下の通りです。

追加される機能の中でも、「スマートアラート」機能は、Tileとスマホが一定の距離以上離れた場合に、スマホに通知さるという機能で、

Bluetoothの範囲外でも通知を受けることができ、とても便利です。

 

Tile Premiumの月額料金は?

Tile Premiumの料金は600円/月です。

年間で契約した場合は、500円/月となります。

 

TileやTile Premiumについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

iPhoneのガラス保護フィルムもらい放題!「シーズナルディスカバリー」

Seasonal Discovery(シーズナルディスカバリー)は、年会費2,000円でiPhoneのガラス保護フィルムがもらい放題となるサブスクです。

ガラス保護フィルムは無料でもらい放題ですが、他のiPhoneアクセサリーも通常料金の半額で購入することができます。

シーズナルディスカバリーの特徴をまとめると、以下のようになります。

シーズナルディスカバリーのメリット
  • ガラス保護フィルムは無料なので、よくスマホ落とす人も安心
  • 家族も使ってOK
  • ケースなどのアクセサリーも半額で買える
シーズナルディスカバリーのデメリット
  • 家族以外は使ってはダメ
  • Androidには対応していない

保護フィルムは、家族には渡してもOKですが、家族以外に渡した場合、会員資格をはく奪されます。

運営がどうやって確認するかは謎ですが。。。

 

シーズナルディスカバリーについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

 

まとめ

電化製品のサブスクは短~中期の利用には便利ですが、長期で利用した場合は買った方が安くなってしまう場合が多いので、注意してください。

買う前のお試しとして使ってみるのも、おすすめの利用方法です。

ただ、その場合は最低利用期間が定められているサービスもあるので、注意が必要です。

みなさんも、サブスクで気軽な所有体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

コスパグ

↓記事のシェアも宜しくお願いします!

(画像出典元:「Dyson」、「アイロボットジャパン」、「Rentio」、「GooPass」、「subsclife」、「CLAS」、「Tile」、「Seasonal Discovery」各公式HP)

電化製品のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。