shelff(シェルフ)

shelff(シェルフ)は月額1,500円〜毎月3冊の本が届くサブスク型のサービスです。本のサブスクだけではなく、本の引き取りサービスも行っています。「読書の習慣をつくりたい」という方にオススメのサービスです。

記事更新日: 2020/03/27

執筆: 石塚柚奈

みなさん、こんにちは!コスパ部です♪

「読書の習慣をつけたいけどできていない」

「本を購入することが後回しになってしまっている」

という方へオススメのサービス!

「shelff(シェルフ)」を今回の記事ではご紹介します♪

シェルフでは、読みたい本が毎月3冊ずつ届くサブスクリプションサービスです。

シェルフで届く3冊の本は、2冊が「ウィッシュリスト」に登録した本もう1冊はそれらに関連した本が自動選択され届きます!

なので、どんな本を読んだらいいのかわからないという悩みも解決できるサービスになっています♪

 

アオイ

サブスクのサービスで読書の習慣がつくようになるかもね!

 

良い点

3冊の本のうち1冊は関連した本が自動選択され届く。

悪い点

本は中古品です。

良い点

本の引き取りサービスがある。

悪い点

本の詳細がわかりにくい。

シェルフのサービス内容とは?

シェルフは定額料金で毎月3冊の本が届くサブスクリプションのサービスです。

「本を読みたいのに思うように読めていない人のため」をコンセプトにしています♪

毎月必ず3冊の本が届くため、無理せず読書の習慣をつけることが可能です。

そして、シェルフはサブスク型のサービスではあるものの、届いた本を返却する必要がありません。

なので、本を家に保管しておきたいタイプの方にはうってつけです!

逆に、「家に本が溜まっていくことが困る!」という方には、

引き取りサービスも行っています。

サブスクリプションと引き取りサービスの組み合わせにより、資源の有効活用につながっています♪

引き取った本をサブスクとして利用しているとも考えられるビジネスモデルですね!

 

ヒナタ

シェルフでは中古本が届くから、大丈夫な人にとってはいいサービスよね♪

 

シェルフの魅力に迫る!

何を読んだらいいの?を解決できる

シェルフでは、毎月3冊の本が届きます。

しかし、届く本は自分で選ぶわけではありません!

本を購入するときに、本がありすぎて何を読もうか迷ったことはないでしょうか?

 

アオイ

確かに、、、本がありすぎてわからないな

 

シェルフであればそんな悩みも解決できてしまいます!

シェルフでは、おすすめのラインナップから、読みたい本をウィッシュリストに保存できます。

そのウィッシュリストから2冊と、それらに関連する本が1冊自動選択され、合計3冊が届く仕組みになっています♪

そのため、何を読んだらいいのか、、、なんてことは起こりません!

本を選択する際に生じるストレスがかなり軽減されるサービスです♪

 

本が届くだけじゃない「引き取りサービス」

シェルフでは、本を届けるサービスだけでなく本の引き取りサービスも行っています。

引き取り可能な本はシェルフが届けた本に限らず、自宅に眠ってしまっている本も引き取ってもらえます!

ただし、コミック・雑誌・写真集・ムック本は対象外なので気をつけて下さい。

引き取りサービスは、引き取った冊数に応じて利用料金が割り引かれる仕組みになっています。(1ヶ月上限1,000円まで)

古本屋などで売るとタダ同然の価格で引き取られてしまうことがあります。

ですが、利用料金が割り引かれるので、シェルフを利用すればするほどお得になります♪

 

ヒナタ

このサービスは家に本を溜めたくない人にもぴったりだね!!

 

大人向けのラインナップ

 

シェルフで扱いのある本は大人の方向けのものがとても多い印象があります。

特に、ビジネス本自己啓発本などが多く見受けられます。

 

 

もちろん!新書や小説などもありますが、ラノベなどの本はありませんでした。

シェルフは読書が身近な存在となり、読書による学びのサイクルの確立が社会に広まることを目標としています。

特に、働いている方にとってタメになる本が多く取り揃えられているシェルフで、学び続ける習慣を作ってみてはいかがでしょうか?

 

シェルフのデメリットは?

届く本は中古!

シェルフから届く3冊の本は中古のものです。

なので、中古本でも抵抗がある人にとっては利用が難しいサービスになってしまうかもしれません。

「本の綺麗さなどは求めない!」

「本を紙媒体で読めれば平気!」

という方にはオススメです♪

 

本の詳細がわからない

シェルフでは本のラインナップを公式ホームページで確認することができます。

ですが、本の一覧が載っているだけで、詳しいあらすじや口コミなどは掲載されていません。

載っている情報は、「題名・著者名・出版日・ページ数」だけです。

そのため、気になった本を自分で調べなおさなければいけません。

アオイ

これからあらすじや口コミがサイトに載るようになることを期待だね。

 

シェルフの口コミは?

ここでは、ツイッター上でのシェルフの口コミを紹介していきます!

 

 

このように、本の引き取りサービスを評価している声がありました。

 

 

また、自動選択で届く本を楽しんでいる方もいました!

ですが、一方で中古の本の状態を心配する声があることも事実です。

自分が何を求めるかをしっかり考えた上でサービスを利用することをオススメします♪

 

気になる料金体系は?

シェルフの基本月額料金は3,500円です。

しかし、価格が変化する場合があるので、以下の表で説明していきます。

通常価格(4カ月目以降) 3,500円
初回から3ヶ月間 2,500円
引取サービス利用の場合 月額料金₋1,000円

 

補足事項
・料金は税別です。
・割引は最大1,000円です。
・送料は無料です。

引き取りサービスは、10冊引き取ってもらうごとに月額料金が1,000円割引されるサービスです。

引き取りサービスを利用すると、初回から3ヶ月間は月額料金1,500円で利用することができます!

シェルフで多く取り揃えられているビジネス本は相場が1冊1,500円です。

そのため、1,500円で月3冊の本が届くとはとてもお得であることがわかります♪

加えて、読書習慣もつくので是非試してみてください♪

 

サービス利用の仕方は?

ここでは、簡単すぎるシェルフのサービス利用の流れを説明していきます♪

シェルフの利用方法
    1. ウィッシュリストを作成する
      読みたい本をあらかじめサイト上で保存しておく。
    2. 通知を受け取る
      本が到着する2週間前にシェルフから通知が届く。
    3. 本を受け取るまとめ
      ウィッシュリストから2冊と関連した1冊が到着!

本のお届けのためには支払いカード情報と送付先情報の登録が必要です!

また、本の引き取りサービス利用の際には携帯での本人確認の手続きが必要になるので注意してください。

 

まとめ

ここまで、月額1,500円〜利用できる本の定期便サービス「shelff(シェルフ)」を紹介してきました。

月に一度届く3冊の本を元に読書習慣を作ってみてはいかがでしょうか?

「失敗しない読書」を叶えられるシェルフで読書を楽しんでみましょう♪

 

コスパグ

ここまで見てくれてありがとう♪

 

 

(画像出典:「shelff」公式ホームページより)

良い点

本の引き取りサービスがある。

悪い点

本の詳細がわかりにくい。

その他の【ビジネス】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。