Hammosurfing

月額7,000円で全国の拠点に泊まり放題になるサービスを紹介します!

記事更新日: 2020/06/08

執筆: 田附柚輝

コスパグ

こんにちは!コスパ部です!

「多拠点生活」という言葉をを聞いたことがある方はいますか?

多拠点生活は、複数の拠点を持ち、移り住むもので様々な環境で仕事ができてリフレッシュができたり、休日に家族で旅行ができるなどのメリットがあります!

そんな生活を月額7,000円で可能にするサービスが「ハンモサーフィン」です!

このページでは「ハンモサーフィン」の特徴、料金、デメリットについて徹底解説させていただきます。

良い点

他のサブスク型住居サービスと比べて圧倒的に利用料が安いです。

悪い点

ほとんどの拠点が四国にあります。

とにかく安い!これからに期待の「ハンモサーフィン」

「ハンモサーフィン」は「ADDress」のように、使われなくなった空き家を再生して共有別荘としているサービスです。

今はまだ利用可能な拠点が20か所ほどと少ないですが、利用料金が安く、登録者の一親等以内の方も利用できるようになる素晴らしいサービスなので、これから拠点が増えていくことに期待です!

また、ハンモサーフィンの利用者同士で空き家を生まれ変わらせ、その地域に根付いていく取り組みもしており、人とのつながりも実感できます。

 

他のサブスク型住居サービスとの比較しました!

料金や拠点数の違いが分かりやすくなるようにサービスの比較表を作ったので、ご覧ください。

 

 

拠点数 料金(制限なく利用できるプラン) 料金(利用に制限があるプラン)
HafH(ハフ)

200か所以上

82,000円/月 

・32,000円/月  制限:1ヶ月に10泊まで

・16,000円/月  制限:1ヶ月に5泊まで

・3,000円/月   制限:1ヶ月に2泊まで

Hostel Life(ホステルライフ) 14か所

75,000円/月

 

45,000円/月

→日~木曜日のみ利用可能

・50,000/月 

長期プランにするほどお得に!(10個のプランがあります)

・280,000円/年 (23,333円/月)

制限:1度に予約できるのは2泊まで

日~木曜日限定プランの場合

・30,000円/月

長期プランにするほどお得に!(10個のプランがあります)

・180,000円/年 (15,000円/月)

制限:1度に予約できるのは2泊まで

ADDress(アドレス) 36か所

・50,000円/月

・480,000円/年 (40,000円/月)

制限:1度に予約できるのは14泊まで

制限:同じ拠点に連泊できるのは7泊まで

 

XROSS HOUSE(クロスハウス) 300か所以上

部屋のタイプ:料金

ドミトリー:一律29,800円/月

セミプライベート:39,800円

個室:52,000円

※どれも初期費用で35,000円ほどかかります。

ハンモサーフィン 21か所

10,800円/月

長期プランにするほどお得に!

(4個のプランがあります)

84,000円/年(7,000円/月

制限:連泊などのルールは施設によって違います

 unito(ユニット) 1ヶ所

 

78,000円 or 86,000円

※外泊を一泊するたびに2,000円安くなります

ー 

 

「ハンモサーフィン」の料金体系は?

ハンモサーフィンの料金プランは以下のようになっています。

1年で契約した場合は月額7,000円となりとってもお得です!

 

ハンモサーフィンの良い点

コスパグ

まずはメリットから紹介!

 

① 料金が安い!

他のサブスク型住居サービスでは月額50,000円程するにもかかわらず、ハンモサーフィンの年間プランでは月額7,000円で泊まり放題になります。

連泊などの制限は拠点のホストによって異なるのでチェックが必要です。

 

② 登録者の1親等以内の人であれば自由に利用できる。

利用者の親や配偶者や子供もハンモサーフィンの会員として認められるため、家族で拠点に泊まることも可能です!

 

③ 共有別荘だけでなく共有スペースも利用可能!

泊まるための共有別荘だけでなく、コワーキングスペースなどの共有スペースも利用可能です!

いつもと違う環境で仕事をしてリフレッシュしましょう!

 

「ハンモサーフィン」のデメリット

コスパグ

続いてデメリットも紹介するよ!

 

共有別荘、共有スペースのほとんどが四国にしかない。

現在約20か所の拠点がありますが、ほとんどが四国です。

四国以外だと千葉県と長崎県に1拠点ずつありますが、拠点の混雑状況なども考えると、四国在住の方でないと多拠点生活は難しいでしょう。

以下はハンモサーフィンの拠点の分布です。

 

混雑していて予約が取れないことも

ハンモサーフィンはあくまでも「月額料金を払って物件を利用できるさービス」ではなく、「会員同士によって社会法人で運営されているコミュニティ」です。

会員の特典として拠点が利用できるだけですので、混雑で利用できない場合も受け入れましょう。

 

ハンモサーフィンの評判は?

コスパグ

ハンモサーフィンの評判を紹介するよ!

 

⇒フリーランスやエンジニアの方にはとってもおすすめです!

⇒四国に移住したい方にもおすすめです!

⇒これからの拠点数の増加に期待ですね!

 

ハンモサーフィンで利用できる拠点を紹介!

ここでは、ハンモサーフィンで利用可能になる拠点を紹介します!

千葉県にあるゲストハウス

こちらは唯一の千葉県にあるゲストハウスです。

成田空港にも比較的近く、早朝のLCC便にも間に合うほどなので、飛行機をよく利用する方には特におすすめです!

ただし、会員は同時に1人しか泊まれないため、複数での宿泊は厳しいです。

 

長崎県の離島にあるゲストハウス「コウレン」

こちらは長崎県の離島にあるゲストハウスです!

離島の落ち着いた雰囲気や絶景はリモートワークに最適です!

たまのリフレッシュに宿泊してみてはいかがですか!

☝エメラルドグリーンの海も見れます!

 

四国の中心にある「heso camp」

こちらは徳島県の拠点で、風情を感じる日本家屋です。

こちらでは最大10人の会員が同時に利用できるので、会員同士のコミュニケーションをとることも可能です!

 

浅草にあるコワーキングスペース

こちらは共有別荘ではなく、共有スペースです。

浅草駅から徒歩1分の好立地にあるコワーキングスペースで、もちろんWI-FIや電源もあるので、デスクワークに最適です!

利用可能な時間は日曜日の9時~20時と、月曜日の9時~20時のみなのでご注意ください!

 

他にも住居サブスクはあります!

ハンモサーフィン以外にも、住居のサブスクは多数あります。

以下の記事で住居のサブスクを比較しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

ハンモサーフィンはまだまだこれからに期待のサービスですので、サービスが変更され次第こちらの記事も更新していきます!

公式サイトはこちら⇩⇩

その他の【住居】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。