Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)

お掃除ロボットのルンバをレンタルできるロボットスマートプランの特徴やデメリット、レンタルできる機種のスペックの比較をしています。

記事更新日: 2020/03/08

執筆: 三上優樹

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

近年わりとメジャーになってきたお掃除ロボットの「ルンバ」ですが、

「ルンバを買いたいけど、結構高い...」

「ルンバってホントにきれいに掃除できるの?」

などの理由で、なかなか買う決断ができないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方たちに朗報です!

皆さん、Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)というルンバを導入しようか考えている方向けのサービスがあります!

このサービスでは、ルンバが月々1,200円~でレンタルできます!!

このページではロボットスマートプランの特徴や料金について徹底解説していきます!

 

良い点

月額料金を払うことで、低価格でルンバをお試し利用できます。

悪い点

1年以内の解約は違約金が発生します。

良い点

3年間継続して利用すると、期間中に使っていたルンバがそのままもらえます。

悪い点

追加の付属品は自分で購入する必要があります。

ロボットスマートプランは「Rentio(レンティオ)」と提携したサービス

「ロボットスマートプラン」は、家電レンタルサービスの「Rentio(レンティオ)」と提携したサービスです。

サブスクリプションサービスの構造は次のようになっています。

商品の発送や故障・トラブルの対応はレンティオが実施します。

 

Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)の料金体系

機種名 月額料金
Roomba 641 1,200円
Roomba 985 2,800円
Roomba i7+ 3,800円
Braava 390j 1,400円

さらに3年間レンタル品を使い続けると、その商品が無料でもらえます!!

機種の違いはこのページ下部に詳しく書いています。

補足事項
・金額は全て税抜き価格です。
・契約から1年以内の解約は禁止されています(解約する場合は違約金が発生)。
・支払いはクレジット決済のみです。

コスパグ

試しに使ってみて気に入ったら、3年間利用して自分のものにしちゃおう!

 

ロボットスマートプランのメリット

まず、ロボットスマートプランを使うメリットについて解説していきます。

 

① 月額1,200円~という低価格でルンバを試せる。

ルンバは自動でお掃除をしてくれる便利な家電ですが、「本当に自分で掃除するくらいキレイにしてくれるのか」「高すぎる」などの理由で、買うのには勇気がいります。

しかし、「ロボットスマートプラン」なら月額1,200円~という低価格でルンバを試すことができます。

ルンバを導入するか迷っている方は特におすすめです!!

 

② 3年間継続して利用するとレンタル品がもらえる。

「ロボットスマートプラン」でもそうですが、一般に家電のレンタルのサブスクリプションサービスは短期間で使う分にはお得なのですが、長期間の利用になると製品を購入したほうが得だった...となってしまいます。

そこで、「ロボットスマートプラン」では、3年間同じプランに加入し続けると、レンタル品がそのままもらえるというサービス内容になっています!

3年間借り続けると、購入する場合の価格よりは高くなってしまいますが、その期間中ずっと修理保証がついているので、その保証費と考えればそこまで割高になりません。

コスパグ

ページ下部で定価で買った時との比較をしているよ!

 

③ 利用期間中は修理保証がついている

「ロボットスマートプラン」では、利用期間中はずっと修理保証がついています。

利用者の過失でなければ、いかなる故障も無償で修理してもらえます。

国内正規品を購入した場合、購入後の1年間は無償の修理サービスがありますが、1年経過後は料金が発生してしまいます。

価格は500、600シリーズの場合は18,500円(税込)、700、800シリーズの場合は22,500円(税込)となっています。

 

ロボットスマートプランのデメリット

ここではRobot Smart Plan(ロボットスマートプラン)のデメリットについて書いていこうと思います。

 

① 1年以内の解約ができない。

Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)は契約から1年以内の解約を禁止しています。

違約金は、「そのプランを1年間契約した際にかかる料金とすでに払った料金の差額」です。

しかし1年で解約できないからと言って、使い続けると月額料金がかさみ、買った方が得になってしまいます。。。

「ロボットスマートプラン」のもっともコスパの良い使い方は、契約して1~2年だけお試しで使うことですね。

 

② 追加の付属品を自分で買わないといけない。

追加の付属品は自分で買わないといけません。例えばRoomba 641では、ダストボックスが紙パックなので汚れるたびに新しい付属品を買わなければなりません。

また何年も使っていたらブラシやフィルターなどが汚れますが、それらも別途で購入する必要があります。

コスパグ

いちいち買い替えるのが面倒...

 

ロボットスマートプランの評判

良い評判

40代主婦 さん
評価:
買うのは高くて手が出せませんでしたがレンタルなら…
ずっとルンバを買おうと思っていたのですが、高すぎてなかなか買う勇気が出ませんでした。
「ロボットスマートプラン」なら月額1,200円でレンタルできるとのことで、使い勝手を試すのにはちょうど良かったです!

 

50代男性 さん
評価:
保証があってよかった~~!
このサービスを利用して2年くらいたった時に、突然ルンバが壊れて動かなくなってしまいました。
でも、3年間の修理保証があったおかげで無償で新しいものに取り換えてもらえました!
本来なら修理に15,000円程かかったらしく、「ロボットスマートプラン」でよかったと思いました!

 

悪い評判

40代女性 さん
評価:
始めてから1年間は解約できないのはちょっと…
実際に届いたルンバを使ってみたところ、あまり気に入らなかったので解約しようとしたら、サービス利用後1年間は解約できないとのこと。
どうせ使わないのに1年分の料金を取られるのが不満でした。

 

どの機種が一番おすすめなの??

ここでは4機種のスペックを比較するとともに、「ロボットスマートプラン」で借りたほうが、買うよりもお得なのか検証しています。

 

迷った方はこれ!Roomba 641が一番おすすめ。

月額1,200円と一番安く、ルンバとしてのだいたいの機能が揃っているので、「ロボットスマートプラン」ではRoomba 641が一番おすすめです!

 

Roomba 641の基本情報

大きさ 最大幅340mm × 高さ92mm
重量 3.6キロ
稼働時間/充電時間

1時間/3時間

Roomba 641の価格は価格.comでは29,200でした。(2020年3月7日時点での値段です)

一方で、月額料金は1,200円です。

そのため、Robot Smart Planで同じ機種をレンタルすると、29,200円÷月額1,200円=約24ヶ月 となり、

約2年以内の利用であれば購入するよりお得になります。

3年間使うと43,200円になり、定価より1万円ほど高くなりますが、3年間使えば無料でレンタル品をもらえるので、差額の1万円は3年間の補償費と考えれば、そこまで損した気はしません。

Roomba 641のスペック
  • 部屋の状況を瞬時に判断し理想的な掃除をする高速応答プロセス iAdapt®(アイアダプト)搭載しています。
  • 3つの清掃動作を同時に行う3段階クリーニングシステム搭載しています。
  • 家具との接触時の衝撃を抑えるソフトタッチバンパー機能搭載しています。

 

Roomba 641のレビュー

 

走行音が前機種と比べて静かになった!

 

ソフトタッチバンパー機能のおかげで家具との衝突音が軽減された!

 

ダストボックスがすぐ汚れるから水洗いできるようになってほしい!

 

性能はいいけどどこか中途半端なRoomba 985。

上にあるRoomba 641よりも基本性能が高いのですが、月額料金が2,800円といかんせん高いです。

Roomba 985にするなら、この次に紹介するRoomba i7+のほうが性能が良いので、Roomba 985はあまりおすすめしません。

 

Roomba985の基本情報

大きさ 最大幅353mm × 高さ92mm
重量 約4キロ
稼働時間/充電時間 2時間/3時間

Roomba 985の価格は価格.comでは70,000円でした。(2020年3月7日時点での値段です)

そのためRobot Smart Planで同じ機種をレンタルするとなると、

70,000円÷月額2,800円=25ヶ月、 つまり約2年以内の利用であれば購入するよりお得になります。

3年間使い続けると100,800円になり定価よりも3万円ほど高くなってしまいます。

 

これを借りるくらいなら、初めから購入したほうが賢明ですね。

Roomba 985のスペック
  • ルンバ本体に付いているカメラとセンサーによって、ルンバ自身が現在どこにいるのか、どこの部屋がまだ掃除されてないのか高精度に判断するiAdapt®(アイ・アダプト) 2.0ビジュアルローカリゼーションを搭載しています。
  • あらゆる床に対応するAeroForce®(エアロフォース)クリーニングシステムを搭載しています。
  • ダスト容器の構造がシンプルになりましたので、簡単にごみ捨てもできるようになりました。また、紙パックも不要になりました。
  • 専用サイトを使うことで決まった時間に掃除をスタートさせることができる、スケジュール機能があります。

 

Roomba 985のレビュー

 

スケジュール機能のおかげで仕事に行っている間に自動掃除してくれるので、仕事から帰ると家がピカピカになっています!

 

 

985はごみを入れる紙パックが要らないから、紙パックをいちいち買う必要がなくなった!

 

カーペットを掃除する際、吸引力が強すぎて絨毯のラグもろとも吸い込んでしまうので、フカフカだった絨毯が今では、しなしなになってしまった。強弱設定できるようになってほしい。

 

定価で買うよりも借りたほうがおすすめ!Roomba i7+

Roomba i7+は高性能のルンバです。

3年間借り続けた価格と、定価にあまり違いが無いので、3年間の保証がついているという点でも、「ロボットスマートプラン」で借りたほうがお得です!

コスパグ

高価だから壊れた際の保証はしっかりしていてほしいもんね!

 

Roomba i7+の基本情報

大きさ 最大幅351mm × 高さ92mm
重量 約4キロ
稼働時間/充電時間 1.25時間/3時間

Roomba i7+の価格は価格.comでは128,000円でした。(2020年3月7日時点での値段です)

なのでRobot Smart Planで同じ機種をレンタルするとなると

128,000円÷月額3,800円=約34ヶ月

3年弱の利用であれば購入するよりお得になります。

3年間使い続けると136,800円になり、定価より9千円ほど高くなってしまいますが、3年間使うと無料でレンタル品をもらえるので、その9千円は3年間の補償費だと考えれば十分お得だと思います!

Roomba i7+のスペック
  • ダストボックス30回分のゴミを収容できる自動ゴミ収集機、「クリーンベース」に対応しているので、ダストボックス内のゴミを出す手間が省けます。
  • どの部屋をいつ掃除するか設定できるImprint™スマートマッピングが搭載されています。
  • 3種類の掃除方法で吸引力が10倍になったAeroForce®三段階クリーニングシステムが搭載されています。
  • ダストボックスが水洗いできるようになりました。

 

Roomba i7+のレビュー

 

クリーンスペース対応になり、そこにゴミがたまるからいちいちダストボックスからゴミを取り出す手間が省けてとても楽ちんです!

 

i7からダストボックスが水洗いできるようになったので、お手入れがとても簡単になりました!

 

掃除しているときの音が980より静かになりました。その反面クリーンべースへの吸引時の音は大きいです。しかし、短時間なので我慢できます。

 

クリーンべースが日本の家庭サイズにしてみては大きい気がします。

 

ルンバ3機種の共通特徴

  • 落下防止センサーがあり、高い段差から落ちないようになっています。
  • 薄型デザインなので普段手が届かないソファの下なども入念に掃除してくれます。
  • 2cmほどの段差なら楽々乗り越えてくれます。
  • デュアルバーチャルウォール®を使えば入ってほしくないエリアを選択できます。
  • バッテリーがなくなると自動でホームベースまで戻って充電し、充電が終わるとまた掃除を開始します。

 

ルンバ3機種の比較

それでは3機種の具合的な比較をしていこうと思います。ここでは清掃にかかわる機能のみをピックアップします。

補足事項
吸引力はRoomba 641の吸引力を100としたときの吸引力です。

Roombai7+は価格が高いのがネックですが、価格以上のスペックを持っているので、ルンバを本格的に導入したい人やお金に余裕のある方にはオススメです!

対して985はなんとも言えないスペックです。値段も少し高いですし、i7+と比べれば手間もかかってしまいます。

最後に641はスペックは低いですが、圧倒的に安いので試しにルンバを使ってみたい方にはかなりオススメできます!

 

床拭きロボット!Braava 390jもおすすめ!

こちらは上の3製品とは違い、床拭きロボットです。

普通の掃除では取れない皮脂の汚れや、食べかすをしっかりとふき取ってくれます!

月額1,400円と安いので、こちらもおすすめの製品です!

 

商品紹介動画⇩

 

「ロボットスマートプラン」でのレンタル方法

レンタル方法
  1. このページ下部にあるリンクからRobot Smart Plan(ロボットスマートプラン)のサイトに飛んでください。
  2. レンタルしたい機種を選んでください。
  3. 利用規約に同意して、申し込みます。
  4. あとはルンバのレンタル会社レンティオからルンバが送られてくるのを待つだけです!

 

コスパグ

簡単にレンタルできるね!

 

Rentio(レンティオ)で借りるのとどっちがお得?

コスパグ

お試しで使いたいだけなのに1年間も契約しなきゃいけないのはなぁ...

ロボットスマートプランに対して、そう思った方も多いのではないでしょうか。

「試しにルンバを使ってみて、そのあと購入するか検討したい」

という方は、わざわざ1年間も契約しないで、1ヶ月くらいだけかりたいと思っているのではないでしょうか。

そこでスマートロボットプランと同じくルンバを借りることができる、家電レンタルサービス「Rentio」と比べてみました。

比べた製品は「Roomba641」です。

「ロボットスマートプラン」で「Roomba 641」をレンタルする場合は、月額1,200円年間14,400円です。

また、3年間利用して計43,200円で3年間試したあと、そのまま自分のものにできます。

 

一方「レンティオ(Rentio)」では、15日間のプランがあり、料金は4980円です。+20,000円でそのまま購入することもできます。

要するにレンティオでは、計24,800円で15日間試した後に自分のものにできます。

15日のプランはかなり割高ですが、ほんとに少しの期間お試ししたいならこのプランでもいいかもしれません。

 

また1ヶ月のプランもありました。

これは3か月間は必ず契約しなければならない代わりに月額4,500円で利用できます。

しかし3か月利用すると13,500円になり、1年間借りられる「ロボットスマートプラン」とあまり変わらないので、おすすめしません。

まとめ
  • かなり割高になってもいいからになっても、短期間のお試しでいい方は「レンティオ」
  • 1ヶ月単位では安価だが、1年間契約しなければいけないという、長期間のお試しでいい方は「ロボットスマートプラン」

 

他に家電のサブスクはある?

ダイソンテクノロジープラスの他にも家電に関するサブスクリプションは複数あります。

以下の記事でまとめて紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

まとめ

Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)はいかがでしたか?

毎月1,200円というリーズナブルな値段でルンバをレンタルできるのは嬉しいですね!

もしルンバが故障したときは無料で修理してもらえるので、修理代を気にする必要もありません。

 

この記事のまとめ
  • 「ロボットスマートプラン」は契約後の1年間は解約できませんのでご注意ください。
  • 機種に迷った人はRoomba 641の1,200円プランがオススメです!
  • お金に余裕がある方や本格的にルンバを導入したい方なら、Roomba i7+がオススメ。

当てはまった方はぜひご加入ください!

 

(画像出典元「Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)」公式ホームページ、「アイロボット」公式ホームページ)

 

良い点

3年間継続して利用すると、期間中に使っていたルンバがそのままもらえます。

悪い点

追加の付属品は自分で購入する必要があります。

その他の【電化製品】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。