ハナノヒ

日比谷花壇のお花サブスク「ハナノヒ」の特徴や評判を解説します。

記事更新日: 2020/07/02

執筆: 大和貴人

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

お花のサブスクがジワジワ人気が出てきているのはご存知でしょうか?

今回は、大手花屋日比谷花壇のサブスク「ハナノヒ」について、サービスの特徴やメリット・デメリット、評判などを解説していきます!

良い点

花屋さんのお花を直接受け取るので、お花がとても新鮮です。また、料金も安いです。

悪い点

日比谷花壇の店舗に通う必要があります。また、日比谷花壇の半分ほどの店舗でしか実施していません。

ハナノヒってどんなサービス?

「ハナノヒ」は、日比谷花壇のホームユースブランドである「WONDER FLOWER」が作ったお花のサブスクリプションサービスです。

他のサービスは家にお花が届くサービスが多いのに対し、ハナノヒは日比谷花壇の店舗でお花を受け取るサービスです。

コスパグ

月額1,187円で毎日お花を1本もらえる「イイハナプラン」が1番人気だよ!

 

他の花サブスクとの違いは?

ハナノヒは、他のサービスと比べて料金や花に新鮮さにどのような違いがあるのでしょうか?

そこで、花サブスクの各社の特徴がわかるチャート図を作成しました!

ハナノヒは、日比谷花壇の店舗でお花を受け取るサービスであるため、特にお花が新鮮で、

他のサービスでは発生する配達料もかからないので、料金も安いおすすめのサービスです!

一方で、日比谷花壇の一部店舗でしか実施していないなどのデメリットもあります。

 

花サブスクに関しては、以下の記事でまとめて紹介しているので、興味のある方は読んでみてください!

 

ハナノヒのメリットは?

ハナノヒには、店舗で受け取るタイプの花サブスクだからこそのメリットがたくさんあります!

 

大手企業が運営しているので、安心感がある!

他の花サブスクはベンチャー企業によって運営されている場合が多いですが、「ハナノヒ」は大手企業の日比谷花壇が直接運営しているため、

他のサブスクよりもサービスに対して安心感があると言えます。

突然のサービス中止や、アプリの不具合などの可能性は、他のサービスよりも低いかもしれません。

 

新鮮なお花がもらえる!

先ほど紹介した通り、「ハナノヒ」は日比谷花壇の店舗でお花を受け取るサービスであるため、お花の新鮮さに関してはは全く心配が要りません。

コスパ博士

他のサービスはポストに投函される場合が多いから、お花が枯れている可能性もなくはないしね。。

 

毎月定額なので、通えば通うほどお得!

1番人気のイイハナプラン(月額1,187円)では、毎日1本お花を受け取ることができるため、日比谷花壇に通えば通うほどお得です!

仮に、月30日お花をもらった場合は、1本あたり40円程度で受け取ることができます!

コスパグ

めっちゃ安い!

 

ハナノヒのデメリットは?

たくさんのメリットがある一方で、ハナノヒにはデメリットもいくつかあります。

 

店舗にお花を受け取りに行く手間がかかる

ハナノヒは日比谷花壇の店舗でお花を受け取るサービスであるため、必ず店舗に受け取りに行く必要があります。

職場の近くの店舗で受け取ろうとしている方は、お花を持って電車やバスに乗る必要があるので、中には恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。

ヒナタ

たしかに、お花を持って電車に乗るのはちょっとだけ恥ずかしいかも。。。

 

ハナノヒを実施していない店舗もある

日比谷花壇は全国に約200店舗ある国内最大級のお花屋さんですが、ハナノヒを実施しているのは半分弱の90店舗程度です。

サービスに加入する前に、お花を受け取ろうとしている店舗がハナノヒを実施している店舗なのかは必ず確認するようにしてください。

 

花を自分で選ぶことはできない(イイハナプランの場合)

1番人気のイイハナプランでは、受け取るお花を自分で選ぶことはできません。

店舗に「本日のイイハナ」と展示されているお花が複数あり、その内の1本を受け取ることがでるのですが、「本日のイイハナ」選びは各店舗に裁量を任せています。

そのため、お花の売れ行き状況によっては、数日間同じお花が続いてしまう可能性があります。

ヒナタ

同じお花がもらえたら、花束みたいになってそれはそれでいいんじゃないかな♪

 

お花を選ぶのに時間がかかるかも?(イイハナプラン以外の場合)

イイハナプラン以外の場合は、自分でお花を選ぶ必要があるので、選べるお花の種類がありすぎて若干迷ってしまうと思います。

例えばサクハナプランの場合、1回あたり1,300円分のお花を選ぶことができるので、花の種類によっては5~7本ほど受け取ることができます。

1本ずつ選ぶとなると、中々時間がかかってしまいそうですよね。

ヒナタ

お花は2~3種類くらいにしたら選びやすいかも♪

 

ハナノヒの評判は?

ハナノヒは、Twitterやインスタに数多くの投稿があります。

その中でいくつか紹介していきます。

概ねサービスに関しての評判は良いですが、「店舗によってサービスの質がかなり異なる」「数日間同じ花が続いたことがあった」などの

マイナスイメージの評判も少なからずありました。

コスパ博士

サービス加入前に、実際に店舗に行ってみるのがおすすめ。

 

ハナノヒの料金プランは?

ハナノヒには、1番人気の「イイハナプラン」をはじめ、4つの料金プランがあります。

以下でそれぞれのプランについて簡単に紹介していきます。

コスパグ

それぞれのプランの月額料金は、プラン名の「ゴロ合わせ」になっているから、そこにも注目!

 

イイハナプラン(月額1,187円)

イイハナプランでは、「本日のイイハナ」と展示されている複数のお花の内、毎日1本お花を受け取ることができます。

仮に、月に30日受け取ることができた場合、1本あたりの料金は40円程度となり、かなりお得になります。

ヒナタ

平日に毎日(20日/月)通えたとしたら、1本あたり60円だから、それでも十分お得♪

補足説明
イイハナプランは、花の他に、葉・枝・実を受け取ることができる場合があります。

 

サクハナプラン(月額3,987円)

サクハナプランでは月に6回まで、1回あたり1,300円分までのお花を受け取ることができます。

1,300円分のお花を6回受け取れた場合は、3,800円ほどお得になります。

 

ハナハナプラン(月額8,787円)

ハナハナプランでは月に6回まで、1回あたり3,000円分までのお花を受け取ることができます。

3,000円分のお花を6回受け取れた場合は、9,200円ほどお得になります。

 

イコーハナヤプラン(月額15,878円)

イコーハナヤプランでは月に6回まで、1回あたり6,000円分までのお花を受け取ることができます。

6,000円分のお花を6回受け取れた場合は、20,100円ほどお得になります。

コスパ博士

まずは1番お手軽な「イイハナプラン」から始めるのがおすすめかな。

 

ハナノヒの利用方法は?

ハナノヒの利用方法は、以下のようになっています。

ハナノヒの利用方法
  1. 「ハナノヒ」アプリをダウンロード
  2. アプリ内で好きなプランを購入
  3. 店舗でアプリの画面を見せる
  4. お花を受け取る

コスパグ

アプリは無料でダウンロードできるから、とりあえず見てみてもいいかも♪

 

まとめ

「ハナノヒ」は、店舗で受け取るタイプの花サブスクであるため、お花が新鮮かつ料金も安いのが最大の特徴です。

中でも月額1,187円の「イイハナプラン」はとても人気で、「#ハナノヒ」「#イイハナプラン」は色とりどりのお花で溢れかえっています♪

店舗に受け取りに行く必要はありますが、そこがまた乙なサービスです。

ハナノヒでお花のある生活を初めてみてはいかがでしょうか?

 

 

(画像出典元:「ハナノヒ」「日比谷花壇」公式HP)

その他の【花の定期便】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。