The Roast(ザ・ロースト)

コーヒー焙煎機のサブスクリプション「The Roast」の特徴、デメリット、評判などを解説します。

記事更新日: 2020/01/28

執筆: 大和貴人

こんにちは、コスパ部です♪

 

「家でも喫茶店で飲む様なコーヒーを飲みたい」

 

そんなお悩みをお持ちの方にピッタリな、Panasonicが提供する「The Roast」というサービスがあります。

The Roastは、スマホと連動して操作できるスマートコーヒー焙煎機と、厳選したコーヒー豆をパッケージ売りするサービスです。

この記事では、The Roastの特徴や料金などについて、解説していきます。

良い点

喫茶店で飲む様な焙煎豆のコーヒーが自宅やオフィスで楽しめます。

悪い点

Basicプランでも初期費用に10万円以上かかるため、どうしても手を出しにくくなってしまいます。

良い点

コーヒー豆毎に適切な焙煎度で、焙煎することができます。

悪い点

初期費用が高いのに、無料でお試しすることができません。

The Roast(ザ・ロースト)とは?

「The Roast」は、パナソニックが運営するコーヒー豆焙煎機のサブスクリプションサービスです。

スマホで操作するスマート焙煎機と、専用のコーヒー豆をセットで購入します。

コーヒー豆を焙煎機にセットしスマホで操作するだけで、簡単に生豆を焙煎することができ、プロの焙煎士が焙煎したようなコーヒーを自宅で味わうことができます。

 

The Roastの特徴(メリット)

コーヒー豆を自家焙煎することができる

The Roastでは、コーヒー好きの憧れでもある自家焙煎を、自宅で簡単に楽しむことができます。

専用アプリで豆ごとにおすすめの焙煎度で焙煎ができるので、コーヒー豆に関する専門的な知識は不要です。

 

コーヒー焙煎の世界チャンピオンが監修

「The Roast」は日本人で唯一、コーヒー焙煎の世界大会で優勝した「豆香洞コーヒー(福岡県大野城市)」の後藤直紀氏が監修しています。

コスパグ

「マツコの知らない世界」に出てた人だね!

 

「世界チャンピオンの味が家庭で楽しめる」というのが、このサービスのウリになっています。

 

The Roastのデメリット

現在対応しているのはiOSのみ

専用焙煎機は専用のアプリを用いて操作しますが、現在対応しているのはiOSのみで、アンドロイドユーザーの方は利用できません。

日本では、スマホ利用者の約4割がアンドロイドユーザーなので、そもそも4割の方が利用できないサービスになってしまっています。

アンドロイドユーザーもサービスを利用できるようになり次第、このページでもお知らせさせて頂きます。

コスパ博士

androidに対応していないのは、残念だな。。。

 

高いのに、無料お試し期間が設定されていない

「The Roast」の初期費用は10万円以上と高いですが、無料のお試し期間などは設けられていません。

後述しますが、「The Roast」で焙煎したコーヒーを飲むことができる展示スペースもあるので、気になる方はぜひそちらに行ってみてください!

また、「DMMいろいろレンタル」で、Basicコースを14日間5,000円でレンタルできるので、近くに展示場がない方はこちらも利用してみてください。

DMMいろいろレンタルはこちら

 

The Roastの評判

30代 会社員
展示場で試して即決しました!
高いなぁ、、、と思っていたのですが、二子玉川の蔦屋家電にある展示場で試してみて、すぐに買おうと決めました!妻の説得には時間を要しましたが。。。笑 悩んでいる方は、展示場で試飲してみることをおすすめします!

 

The Roastの料金体系

コース名 初期費用 内容
The Roast Basicサービス 100,000円(税抜) 焙煎機本体、チャフ専用ビン、スターターキット(生豆200g×2種、ジャーニーブック)
The Roast Expertサービス 250,000円(税抜)

The Roast Expert対応焙煎機、チャフ専用ビン、専用アプリ「The Roast Expert」(iOSのみ)、スターターキット(焙煎プロファイル付き生豆200g×2種、ジャーニーブック)

補足
The Roast Basicサービス加入の方は、月々税抜3,800円の生豆2種(200g×2)か月々税抜5,500円の生豆3種(200g×3)を12カ月間購入する必要があります。

コスパ博士

The Roast Expertサービスは焙煎上級者向けのサービスだから、Basicコースがおすすめだよ。

 

The Roast Expertサービスでできること

The Roastには、Basicサービスの他、Expertサービスがあります。Expertサービスでは、専用アプリを通じて①プロファイリング作成、②焙煎モニタリング、③ハゼ記録、④プロファイル管理などが可能です。

Basicサービスに加えて、自分で作成したプロファイルを楽しむことができる、というイメージです。

詳細は公式サイトをご確認下さい。

注意
「The Roast Expert」アプリはiOSのみ対応しています。

 

まとめ

The Roastは特製焙煎機によって、自宅で上質なコーヒーを体験できるサービスです。

「試してみたいけど、初期費用がちょっと高くて…」と思った方は、The Roastに関する展示を行っている場所もあるので、そちらをチェックしてみてください。


焙煎機はBasicサービスでも10万円以上しますが、専用生豆の値段をコーヒー1杯あたりの金額に換算すると100円強で、毎日お店でコーヒーを買うような人なら、長期的に考えれば十分に元が取れるサービスになっています。

みなさんもThe Roastで極上のコーヒー体験を楽しんでみてはいかがでしょうか?


公式サイト

(画像出典元:「The Roast」公式HP)

良い点

コーヒー豆毎に適切な焙煎度で、焙煎することができます。

悪い点

初期費用が高いのに、無料でお試しすることができません。

その他の【コーヒー豆】のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。