コーヒー豆について

おすすめのコーヒー豆サブスク10選!各サービスの特徴や注意点は?

記事更新日: 2020/08/30

執筆: 且井亜美香

コスパグ

こんにちは、コスパ部です!

みなさん、コーヒーはお好きですか??

カフェで飲む豆から挽いたコーヒって、やっぱり美味しいですよね。

でも毎日カフェに行くのはお金がかかるし、家でも美味しいコーヒーが飲めたらなぁ、、

そう思ったことはありませんか??

今回はそんなあなたにおすすめのコーヒー豆のサブスクリプションサービス10選をご紹介したいと思います!

コーヒー豆のサブスクって??

コーヒー豆のサブスクは、月額料金を支払うことで、毎月美味しいコーヒー豆が届くサービスです。

このサービスを利用すれば、おうちで簡単に本格的なコーヒーを豆から楽しめるだけでなく、プロが選んだ美味しいコーヒー豆が届くんです!!

今回はコスパ部がおすすめするコーヒー豆のサブスク10選をご紹介したいと思います!!

以下の図は各サービスの特徴を簡単に説明したものです。

気になるサービスをチェックしたり、いろんなサービスを比べたりして自分好みのサブスクを見つけましょう!

それでは、それぞれのサービスの特徴や評判、メリット・デメリットを紹介していきます♪

 

コーヒー豆のサブスクおすすめ10選

毎日のコーヒーをもっと美味しく、スマートに「PostCoffee」

「PostCoffee」は月額1,280円で自分の好みにあったコーヒー豆が届くサービスです。

シングルオリジンとオリジナルブレンドの中から好きなコーヒー豆を1種類選ぶことができます♪

「PostCoffee」のメリット
  1. 自分で好きなコーヒー豆を選べる
  2. 日本トップレベルの美味しいコーヒーをお家で楽しめる
  3. アプリで簡単に注文ができる

「PostCoffee」では自分で好きなコーヒー豆を選んで届けてもらうことができるのが特徴です。

最先端のテクノロジーによって調整されているので、誰が入れても美味しいコーヒーになるのも嬉しいポイントです!

公式サイトではそれぞれのコーヒーの味がわかりやすく紹介されているので、気になった方はチェックしてみてください♪

「PostCoffee」のデメリット
  1. 1回に1パッケージしか届かない
  2. 自分でコーヒー豆を選ぶ必要がある

「PostCoffee」で1ヶ月に届くコーヒー豆は150gなので、コーヒー約15杯分です。

毎日飲みたい人にとっては少なく感じてしまいますよね、、

追加で注文もできますが、その時にも1パッケージしか頼めないので注意してください!

こちらの記事では「PostCoffee」をもっと詳しく紹介しています♪

↑おしゃれなサイトなので、是非チェックしてください♪

 

有名店のコーヒーを自宅で味わえる「Blue Bottle Coffee定期便」

「Blue Bottle Coffee定期便」とは、月額2,850円でブルーボトルコーヒーのコーヒー豆が定期的に送られてくるサブスクです。

「Blue Bottle Coffee定期便」のメリット
  1. 自宅で有名店のコーヒーを楽しむことができる
  2. 定期的に豆が届くので買う手間が省ける

Blue Bottle Coffee定期便のメリットとしては、ブルーボトルコーヒーのコーヒーを自宅で楽しむことができるということが挙げられます。

おうち時間がおしゃれなひとときになること間違いなし♪

「Blue Bottle Coffee」定期便のデメリット
  1. 届く豆は自分で選ぶことができない

一方で、届く豆が自分で選ぶことができないというデメリットもあります。

届いた豆が自分の好みに合わない可能性もあります。

 

Blue Bottle Coffee定期便については、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

コーヒーを楽しみながら社会貢献もできる「ABC Coffee Club」

コース名 費用(月額) 内容
MINI 1,800円税・送料込み)

コーヒー豆3種類(各50g、計150g)

コーヒーガイド(コーヒー豆、ロースターの紹介も含む)

STANDARD 2,800円(税・送料込み)

コーヒー豆3種類(各100g、計300g)

コーヒーガイド(コーヒー豆、ロースターの紹介も含む)

ABC  Coffee Club」では上の2つのプランが用意されています!

「ABC Coffee Club」のメリット
  1. 毎月違う種類のこだわりコーヒー豆に出会える
  2. コーヒー豆の素材を活かすサービスがついている
  3. コーヒーを通して社会貢献ができる

ABC Coffee Clubコーヒー豆と一緒にコーヒーの紹介や淹れ方ガイドもついてくるので、誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。

地域コミュニティーの絆を深める一環として、精神的障害を抱えている方がコーヒー豆の包装を担当しているので、間接的に障害を抱えている方の支援にもなります。

「ABC Coffee Club」のデメリット
  1. 自分好みのコーヒーが届くとは限らない
  2. 人によってはコーヒーが余ってしまことも

ABC Coffee Clubでは、自分でコーヒー豆を選ぶことができないので、中には好みに合わないコーヒー豆が届くこともあります.

スタンダードコースでは合計300gのコーヒー豆が届くので、約30杯分飲むことができます。

毎日コーヒーを飲むわけではないという人はコーヒー豆が余ってしまう場合があるので、ミニコースから始めて見るのがおすすめです♪

ヒナタ

毎月違ったコーヒーを楽しめるだけじゃなくて、同時に社会貢献にもつながるなんて素敵!!

ABC Coffee Clubが気になった方は、こちらの記事でもっと詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください!!

 

上島珈琲のサブスク「My COFFEE お届け便」

「My COFFEE お届け便」は上島珈琲が提供するコーヒー豆のサブスクリプションサービスです。

コース 月額料金(税抜) 内容
おきがるコース 980円 5杯分(1杯分12g×5個)
たまにはコース 1,580円 約15杯分(1袋60g×3袋)
いつでもコース 2,580円 約25杯分(1袋60g×5袋)

3つのプランが用意されており、どのコースでも3種類のコーヒー豆が届きます!

「My COFFEE お届け便」のメリット
  1. 感想を記録すればするほど自分好みのコーヒー豆が届く♪
  2. 3つのコースから飲みたい量で選べる

「My COFFEE お届け便」では、COFFEEマップに感想を記録できるようになっています。

その記録をもとにコーヒーのプロがあなたにあったコーヒー豆をセレクトしてくれます!

記録すればするほど自分好みのコーヒーが届くようになっているので、お気に入りのコーヒー豆にきっと出会えますね♪

「My COFFEE お届け便」のデメリット
  1. 好みじゃないコーヒー豆が届くこともある

「My COFFEE お届け便」のデメリットは、自分でコーヒー豆を選ぶことができないので、好みじゃない豆が届く場合もあることです。

ただ、毎月どんなコーヒー豆が届くのかワクワクするのもサブスクの魅力なので、自分で選んで買いたい人にはおすすめできません(>_<)

「My COFFEE お届け便」が気になった方はこちらの記事もチェックしてみてください♪

 

おうちでできる極上のコーヒー体験「The Roast」

「The Roast」ではBasicサービスとExpertサービスの2つが用意さられています。

どちらも焙煎機の設置のために初期費用がかかってしまうことに注意が必要です!

「The Roast」のメリット
  1. 喫茶店で飲むようなコーヒーをお家で飲める
  2. コーヒー豆にあった焙煎機で本格的に焙煎することができる

「The Roast」ではアプリとの連動でコーヒー豆にあった適切な焙煎度で焙煎することができ、本格的な味を楽しめます。

コーヒー好きの人にはとっても魅力的なサービスですよね!

「The Roast」のデメリット
  1. 初期費用に最低でも10万円かかってしまう。
  2. 無料体験ができない

「The Roast」は初期費用が高いのにも関わらず、無料体験することができないのが残念なポイントです。

どちらかといえば、気軽にコーヒーを楽しみたい人よりも、自宅で本格的に豆から焙煎したい人向けのサービスになったいます!

気になった方はこちらの記事で詳しくチェックしてみてください↓

 

 

subscで利用できるサブスクリプションボックス「Coffee Base KANONDO」

「Coffee Base KANONDO」では3つのコースが用意されています!

コース名 月額料金(税・送料込み) 内容
エコノミーコース 1,598円 200g×1種
スタンダードコース 2,570円 100g×3種
スーペリアコース 4,622円 200g×3種

毎月シーズンに合わせたスペシャリティコーヒーが京都から届くサービスです。

通常は豆状のまま届けられますが、注文の時に備考欄に粉状を希望することを書けば、粉状で届けてくれます!

「Coffee Base KANONDO」のメリット
  1. 量と何種類にするかを自分で選ぶことができる
  2. 焙煎したてのスペシャルティコーヒーが毎月届く
  3. スキップで1ヶ月間利用しないこともできる

「Coffee Base KANONDO」のメリットは、3つのコースの中から量と何種類かを選ぶことができるところです。

毎月届くコーヒーも、焙煎したてのスペシャルティコーヒーが届くので、おうちでも本格的なコーヒーを楽しむことができます。

サービスをやめたいわけじゃないけど今月は発送をストップしたいなぁという時には、1ヶ月お休みすることもできます

「Coffee Base KANONDO」のデメリット
  1. 好みのコーヒーが届かない場合もある

「Coffee Base KANONDO」では、毎月シーズンに合わせてセレクトされたコーヒー豆が届くので、好みの味のコーヒーが届くこともあれば、自分の好みには合わないコーヒーが届くこともあります。

自分の好みのコーヒー豆を届けて欲しいという人には、自分でセレクトできるサービスをおすすします!!

「Coffee Base KANONDO」が気になった方はこちらの記事もチェックしてみてください!

また、「Coffee Base KANONDO」が出店している、サブスクリプションボックスのショッピングモール「subsc」を詳しく紹介している記事もあるので、気になった方はぜひ読んでみてください♪

 

 

量を自分でカスタムできる「SLURP」

「SLURP」は、月額1,500円から利用でき、フィンランドから毎月自分の好みにセレクトしたコーヒー豆が好みの量だけ届きます。

自分好みにカスタマイズされたコーヒー豆がおうちに届けられるのが「SLURP」の特徴です!!

料金は1,500円から利用することができ、コーヒー豆の質や量に応じて金額が変わっていきます。

「SLURP」のメリット
  1. 自分の好みにコーヒー豆をカスタマイズできる
  2. フィンランドのこだわりのコーヒーを味わえる
  3. 世界中どこでも届けてくれる

「SLURP」の最大の魅力が、自分でコーヒー豆の種類や量をカスタマイズできることです。

また、「SLUPR」で届くコーヒーは、フィンランドのこだわりロースタリーで焙煎された高品質のコーヒとなっています。

コーヒーの1人あたりの消費量が一番多いと言われているフェンランドにはコーヒーのエキスパートがたくさんいるので、「SLURP」で届くコーヒーは美味しいこと間違いなしです!!

「SLURP」のデメリット
  1. 自分でコーヒー豆の種類や量を選ぶ必要がある
  2. 送料がかかる

「SLURP」では、初回の発送では送料はかかりませんが、そのあとの発送からは送料がかかってしまいます

月額料金に送料も含まれているサービスがほとんどなので、送料がかかってしまうことがお得に感じない人もいると思います。

ヒナタ

フィンランドからコーヒー豆が届くなんてすごいね!!

「SLURP」が気になった方はこちらの記事もチェックしてみてください!!

 

いろいろなコーヒーを試せる「WOODBERRY」

「WOODBERRY」は、月額2,980円で毎月1回旬のコーヒーが3種類届くサービスです。

送料が無料でお家のポストに届き、コスパもいいのが特徴となっています♪

「WOODBERRY」の3つのメリット
  1. お家でお得に本格的な味が楽しめる
  2. 新しいコーヒーとの出会いがある
  3. ポストに届くから気軽に利用できる

WOODBERRYでは毎月ピックアップされたコーヒーが届くので、今まで飲んだことがないような新しいコーヒーとの出会いもあります。

ポストに届くので家で受け取る必要がなく、気軽に利用できるのも嬉しいポイントですね♪

「WOODBERRY」の2つのデメリット
  1. 好みではないコーヒーが届くこともある
  2. 人によってはコーヒーが余ってしまうこともある

届くコーヒー豆を自分で選ぶことはできないので、好みではないコーヒー豆が届くこともあります。

1ヶ月に約30杯ほどの量が届くので、好みの味ではなかったら余ってしまうこともあるかもしれません(>_<)

「WOODBERRY」が気になった方はこちらの記事もチェックしてみてください!

自分の好みに合わせた豆が届く「Cottea」

「Cottee」は月額2,430円で自分の好みに合わせたコーヒーが届くサービスです。

あらかじめ答えた11の質問をもとにCottea独自の方法で選ばれたコーヒーが3種類110gずつ届けられ、約21杯のコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーは豆状から粉状、ドリップバッグ状のものから選ぶことができます!

「Cottee」のメリット
  1. 11個の質問をもとに自分の好みの豆を選んでもらえる
  2. 世界中の珍しい豆が味わえる
  3. 初回サンプル3種類が無料で試せる
  4. 初回定期便限定2,000円OFFになる

「Cottee」は、11個の質問をもとに3個のサンプルを無料体験した後に、定期便へと移ることが出来ます。

定期便では質問やサンプルの感想をもとに自分に合った豆をバリスタに選んでもらうことが出来ます。

また、焙煎されてすぐの豆が届くので最短で翌日に届くこともあります!

「Cottea」のデメリット
  1. 定期便情報が公式HPに載っていない
  2. 無料サンプル後キャンセルし忘れると自動的に定期便に切り替わる

「Cottea」では無料サンプルの発送メールが届いてから9日以内にキャンセルしないと、定期便に自動変更となります。

また、1回の定期便発送では、110g×3種類の豆が届き、値段は2,430円となっています

単品だと100g・810円で売られているので、定期便と同価格だと300gの豆が手に入ることになります。

つまり、定期便にすることで豆の10%、計30gの豆が無料でついてくるというわけですね

ヒナタ

 

 

期便がすっごくお得!というわけではないみたい...。

「Cottea」が気になった方はもっと詳しく紹介している記事があるので是非チェックしてみてください!

 

コーヒーマシンが無料でレンタルできる「ネスカフェドルチェグスト」

ネスカフェドルチェグストの「無料マシンレンタルカプセルお届け便」ではマシンを無料でレンタルできるサービスです!

本体価格14,800円のマシンを無料でレンタルできるので、とってもお得ですよね♪

カプセルお届け便では「2か月お届けコース」と「3か月お届けコース」があり、選ぶカプセルの種類・数で金額が変わってきます。

「ネスカフェドルチェグスト」のメリット
  1. コーヒーマシンを無料でレンタルできる
  2. 簡単に高いクオリティーの味を楽しめる
  3. カプセルのラインナップが豊富♪

なんといっても本格的なマシンを無料でレンタルできるのが嬉しいポイントですよね!

お家でもお店のようなクオリティーの高い味を楽しめるなんてワクワクしますね♪

カプセルもスタバなどいろいろな種類があります!

「ネスカフェドルチェグスト」のデメリット
  1. マシンだけを借り続けることはできない
  2. コーヒーを淹れることを楽しみたい人にはおすすめできない

マシンだけをレンタルすることはできず、必ずカプセルも一緒に注文しないといけないことに注意です!

また、マシンを使うと簡単に美味しいコーヒーを淹れることができるので、自分でじっくり淹れることを楽しみたい人にはあまりおすすめできません、、

まとめ

コーヒー豆のサブスクを10つ紹介してきましたが、気になるサービスは見つかりましたか??

どのサービスも、おうちで本格的なコーヒーを楽しめるサービスとなっているので、お好みのサービスが見つかった方はぜひ利用してみてください♪

(画像出典元:「ABC COFFEE CLUB」、「PostCoffee」、「SLURP」、「Coffee Base KANONDO」、「The Roast」、「ブルーボトルコーヒー」各公式HP)

コーヒー豆のサービス

コーヒー豆のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。