1日1杯野郎ラーメン生活

野郎ラーメンが食べ放題となる「1日1杯野郎ラーメン生活」の特徴や料金などを解説します。

記事更新日: 2020/02/04

執筆: 大和貴人

みなさんこんにちは、コスパ部です。

突然ですが、俗に言う二郎系のラーメンはお好きでしょうか?

三度の飯より二郎系ラーメンが好き。そんな方もいるかと思います。

そんな二郎系ラーメン好きの方に朗報です!

二郎系ラーメンチェーンの「野郎ラーメン」が提供する衝撃のサブスクリプションサービスがあります!!

その名も「1日1杯野郎ラーメン生活」!!

この記事では、1日1杯野郎ラーメン生活の特徴や料金について説明させていただきます。

 

 

良い点

野郎ラーメンが月額8,600円で食べ放題となります。野郎ラーメン好きにはたまらないサービスです。

悪い点

元をとるのに毎月10杯以上食べることになり、入会にはかなりの覚悟が必要です。

1日1杯野郎ラーメン生活の特徴

1. 月々8,600円で野郎ラーメンが食べ放題

もはや特徴はこれのみ、といっても過言ではありません。月々8,600円(税抜)で野郎ラーメンを1日1杯食べることができます。ラーメンは豚骨野郎(税込780円)、汁無し野郎(税込830円)、味噌野郎(税込880円)の3種類から選ぶことができます。関東に15ある野郎ラーメン全店で利用可能です。

 

2. 野菜がたくさん食べられる!

野郎ラーメンの看板商品である豚骨野郎には300gもの野菜が含まれています。1日1杯野郎ラーメン生活によって、現代人に不足しがちな野菜をしっかりとることができます。

 

3. ラーメン業界では珍しい定額食べ放題方式

音楽や動画配信サービスによって、今や一般的となったサブスクリプションのサービスですが、ラーメン業界、ひいては外食業界でのサブスクリプションサービスは珍しい存在と言えます。しかも、サービス開始が2017年11月だというから驚きです。

 

1日1杯野郎ラーメン生活のデメリット

1. カロリーが心配。。。

野郎ラーメン1杯のカロリーは、1,000キロカロリー前後と言われています。

1杯で300gの野菜が含まれているとは言えど、どうしてもカロリーが心配になってしまいます。。。

アオイ

野郎ラーメン生活をするなら、適度に運動もしようね!

 

2. 元を取るには毎月10杯以上食べなければいけない

1日1杯野郎ラーメン生活の料金は月額8,600円なので、一番高い商品の味噌野郎(880円)を食べても毎月10杯以上食べる必要があります。

一番安い豚骨野郎(780円)でで元を取るには、毎月12杯も食べなければいけません。

入会するときは、かなりの覚悟が必要ですね。

 

1日1杯野郎ラーメン生活の料金

プラン名 料金 内容
1日1杯野郎ラーメン生活 8,600円(税抜) 「豚骨野郎780円(税込)」、「汁無し野郎830円(税込)」、「味噌野郎880円(税込)」のいずれかを1日1杯食べられる
補足
豚骨野郎なら12杯、汁無し野郎なら11杯、味噌野郎なら10杯で8,600円の元を取ることができます。

 

利用手順

1. 野郎ラーメンアプリをインストール

携帯電話に野郎ラーメンアプリをインストールします。

2. アプリ内でパスポートを購入

アプリ内で「1日1杯野郎ラーメン生活」のパスポートを購入します。決済方法はクレジットカード、携帯キャリアから選択可能です。

補足
野郎ラーメンアプリには、ラーメン1杯あたりトッピングが1つ無料になる「野郎まんぷく定期券」という月額300円(税抜)のパスポートもあります。

3. パスポートを店舗スタッフに提示

購入したパスポートを店舗スタッフに提示します。その際に、店舗スタッフから店舗IDを聞き、入力する必要があります。

 

サービス利用者の評判

 

野郎ラーメンには2日に1回くらい行っていたので、思い切ってはじめてみました。

 

野菜を食べる機会が少ない一人暮らしの男性にはおすすめのサービスです。

食費もかなり浮いた気がします。

 

まとめ

1日1杯野郎ラーメン生活はその名の通り、野郎ラーメンが1日1杯食べられるサブスクリプションサービスです。

看板商品である780円の豚骨野郎を30日食べれば、23,400円分となり、圧倒的なコストパフォーマンスを秘めているサービスとも言えます。

野郎ラーメンが好きな方は、1日1杯野郎ラーメン生活で濃厚な野郎ラーメンライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

公式サイト

(画像出典元:「野郎ラーメン」公式HP)

その他の【定額制ランチ・ディナー】のサービス

定額制ランチ・ディナーのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。