牛角サブスク

再開した「牛角サブスク」のサービス内容やコスパについて解説します。

記事更新日: 2020/03/03

執筆: 大和貴人

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

2020年3月2日(月)、予約者が殺到して中止になった「牛角サブスク」が復活しました!

この記事では、試験的に再開する牛角サブスクについて、サービスの詳細やコスパ、注意点などを解説していきます。

良い点

かなりの頻度で通えれば、コスパの良いサービスです。

悪い点

旧牛角サブスクに比べると、魅力はかなり落ちます。また、利用店舗は限られています。

中止となった「旧牛角サブスク」のおさらい

2020年11月、牛角は月額11,000円で毎日食べ放題ができるサブスクリプションを開始しました。

開始直後は問題なく運営できていましたが、2020年1月、このツイートをきっかけに破格のコスパが話題となり、サービス利用者が殺到しました。

利用者が殺到した結果、牛角は食べ放題サブスクを中止するハメに。

旧牛角サブスクについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

復活した「牛角サブスク」はどんなサービス?

復活した牛角サブスクは、以下7つのコースから選択して利用できるサブスクです。

今回は試験的に再開するので、1ヵ月間のみ利用でき、サービスの更新はありません。

また、前回の失敗を活かし、混雑する時間帯には利用できないようになっています。

牛角サブスクの7コース
  1. 【平日早遅】500g焼肉定食(18,700円)
  2. 【平日早遅】350g焼肉定食(13,200円)
  3. 【平日早遅】黒毛和牛定食(14,300円)
  4. 【平日早遅】麺屋牛角(11,000円)
  5. 【平日18時まで】5種人気焼肉盛り(11,000円)
  6. 【土日祝17時半まで】5種人気焼肉盛り(8,800円)
  7. 【毎日使える!】生ビール付き50種類以上飲み放題(5,500円)

コスパグ

7つもあって良くわからない・・・

旧牛角サブスクと同じように、「モンスターパス」という飲食店のサブスクを集めたポータルサイトで販売されています。

7つもコースがあって若干戸惑いますが、以下でそれぞれのコースについて、詳しく解説していきます。

 

各コースについて解説!

ここでは、各コースについて詳しく説明していきます。

 

① 【平日早遅】500g焼肉定食(18,700円)

このコースは、平日18時まで、または22時以降の来店で利用することができます。

厚切りカルビ(タレ)、ピートロ(タレ)、鶏もも(タレ)、キムチ、サラダ、スープ、ごはんのセットを1日1回頼むことができます。

 

② 【平日早遅】350g焼肉定食(13,200円)

このコースは、①のコースから、お肉の量が500g⇒350gに変わっただけのものです。

500gのお肉はかなり多いので、1人で行くことが多そうな方は、350gのコースで十分な量です。

 

③ 【平日早遅】黒毛和牛定食(14,300円)

このコースは、平日18時まで、もしくは22時以降の来店で利用することができます。

黒毛和牛カルビ(タレ)、黒毛和牛中落ち(ゲタ)、黒毛和牛の焼きしゃぶ、キムチ、サラダ、スープ、ごはんのセットを1日1回頼むことができます。

 

④ 【平日早遅】麺屋牛角(11,000円)

このコースは、平日18時まで、もしくは22時以降の来店で利用することができます。

麺1杯、600円以下の焼肉メニュー1品を、1日1回注文することができます。

麺のメニューは、以下から選ぶことができます。

アオイ

焼肉と一緒に食べるなら、冷麺がおすすめ♪

 

⑤ 【平日18時まで】5種人気盛り(11,000円)

このコースは、平日18時までの来店で利用することができます。

通常1,980円のファミリー牛角盛り(牛角カルビ、ロース(タレ)、ピートロ(塩ダレ)、厚切りカルビ(塩ダレ)、王様ハラミ(塩ダレ))に、

チョレギサラダ、スープ、ごはんを1日1回頼むことができます。

月額料金は11,000円なので、お肉以外の料理まで考えると、月5回行ければ元を取ることができます。

 

⑥ 【土日祝17時半まで】5種人気盛り(8,800円)

このコースは、⑤コースの内容を、土日祝日の17時半までの来店で利用することができるものです。

月額料金は8,800円なので、お肉以外の料理まで考えると、月4回行けば元を取ることができます。

 

⑦ 【毎日使える!】生ビール付き50種類以上飲み放題(5,500円)

このコースでは、通常1,480円の生ビール付き飲み放題を、月額5,500円で1日1回利用することができます。

月に4回行ければ元を取ることができます。

 

牛角サブスクの注意点は?

牛角サブスクには、いくつか注意点があります。

 

混雑する時間帯には利用できない

飲み放題コースを除いて、牛角サブスクは店舗が混雑する時間帯には利用することができません。

コスパグ

一番食べたい時間に利用できないのは、残念・・・

 

提供数が極端に少ない

前回、利用者が殺到してサービスが中止に追い込まれたという経験を活かし、各コースの提供数は1~10程度(店舗によって異なります)と、かなり制限されています。

売り切れてしまう可能性が高いので、利用を考えている場合はモンスターパスサイトをチェックしてみてください。

コスパグ

利用したい人は急いでね!

 

1ドリンクまたは1オーダーが必要

最大の落とし穴はこの点でしょうか。

旧牛角サブスクでは、ドリンクなど他商品の注文は不要で、0円のレシートを持って帰ることができましたが、今回はそうはいきません。

1ドリンクまたは1オーダーする必要があります。

ドリンクを注文する場合、一番安いソフトドリンクでも290円かかるので、毎回最低290円は支払う必要があります。

 

自動更新ではない

今回は実験的にサブスクを復活するため、サブスクは利用開始から1ヵ月後、自動的に解約となります。

申込み可能なのは、3月2日(月)~3月31日(火)までで、加入した1ヵ月後に解約となります。

 

利用できるのは5店舗のみ

牛角サブスクを利用できる店舗は、以下の5店舗に限られています。

また、店舗をまたがってサービスを利用することはできません。

例えば、東十条店のサービスに加入しても、西千葉店でサービスを受けることはできません。

牛角サブスクの利用可能店舗
  • 東十条店(東京都北区)
  • 西千葉店(千葉県千葉市中央区)
  • 鎌ヶ谷店(千葉県鎌ケ谷市初富本町)
  • 阿佐ヶ谷北口店(東京都杉並区阿佐ヶ谷)
  • ユーカリが丘店(千葉県佐倉市上座)

コスパ博士

都心部の店舗を避けて試験するようだね。

ちなみに、旧牛角サブスクは赤坂店、三軒茶屋店、花見川店で実施していました(休止発表からは48店舗に拡大)。

 

牛角サブスクの利用手順

牛角サブスクの利用手順は、以下のようになっています。

牛角サブスクの利用手順
  1. 「モンスターパス」サイトでパスを購入する
  2. 利用店舗に行く
  3. 利用店舗で、店員さんにパスの画面を見せる

 

牛角サブスクの評判は?

牛角サブスクは新しいサービスのため、まだ利用者の評判はありませんが、旧牛角サブスクが話題になったため注目度は高く、牛角サブスク復活に関するツイートも複数見られました。

評判の情報が入り次第、こちらに追加していきます。

 

まとめ

新しい牛角サブスクはいかがでしたか?

同じ失敗を二度しないのは大事ですが、一番重要なのはユーザーにとって良いサービスを作ることです。

今回は、守りに守った結果、正直イマイチなサービスになってしまったような気がします(旧牛角サブスクが良過ぎましたかね)。

それでも、毎日のように行ける方にとってはコスパの良いサービスです。

利用可能店舗の近くで働かれている、もしくはお住まいの方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

コスパグ

↓記事のシェアも宜しくお願いします!

(画像出典元:「牛角」「モンスターパス」公式サイト)

その他の【定額制ランチ・ディナー】のサービス

定額制ランチ・ディナーのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。