always LUNCH(オールウェイズランチ)

月額7,980円で都市部のランチが毎日食べられるalways LUNCHについて、評判やデメリットをまとめました。

記事更新日: 2020/03/08

執筆: 月原都

こんにちは!コスパ部です!

今回は、都市部のランチのサブスクリプションサービスのalways LUNCH(オールウェイズランチ)を紹介します!

アオイ

サラリーマンにぴったりのサービスそう!コスパは良いのかな?

コスパ博士

他の定額ランチサービスとの比較やalways LUNCHの最新情報、評判をみながらコスパの良さを解説するよ!

良い点

平日毎日食べれば、1食税込440円程度でランチを食べることができます。

悪い点

対象店舗はまだまだ少なく、提供エリアも限定的です。

オールウェイズランチの特徴(メリット)は?

毎日食べられる人にとってはかなりコスパが良い!

alway LUNCHの1番の魅力は、なんといってもコスパの良さ!

月額7,980円(税別)で、エリア内のランチが1日1回食べられます。(2020年3月1日より月額5,980円から値上げしました。)

コスパグ

他にもPOTLUCKっていうランチ定額サービスもあるけど、圧倒的にalways LUNCHがコスパいいね!

月に20回ほど使うと、1食440円となってかなりお得なことが分かりますね!

頻繁に外食する人、パスのエリア内で働いている人にとってはとてもコスパがいいサービスです。

コスパ博士

1ヶ月に10食くらいしか使用しない人にとっては値上げはネックかもね......

値上げに関して、このような声もありました!

 

always LUNCHを使う頻度や満足度によって、すでに使用している人も続けるかやめるかを決めているようです。

 

対象エリア拡大中!

現在always LUNCHが使用できるのは、東京・大阪・京都・福岡の一部エリアのみですが、利用できる店舗はかなり増えてきています。

以下はエリアごとのalways LUNCHが利用できる店舗数です(2020.2.22時点)。

always LUNCHが使用できるエリア(店舗数)
  • 東京(65) 渋谷区/新宿区  
  • 大阪(66) 中央区/福島区/西区/北区
  • 京都(72) 中京区/下京区/西院/大宮
  • 福岡(47) 中央区/博多区

always LUNCHのエリア内であればどこでも使用できるので、出張先によっては出張時にも使うことができそうです!

 

次の拡大はここのエリア!

always LUNCHは京都と福岡で始まって以来、着々とエリアを拡大しています。

今後は、以下のエリアで利用できるようになる予定です。

今後拡大されるエリア
  • 東京 池袋/新橋
  • 神奈川 横浜
  • 大阪 高槻/難波
  • 兵庫 神戸

順調にエリアが拡大していけば、値上げ後(月額税抜7,980円)もコスパは良さそうですね!

 

オールウェイズランチのデメリットは?

使用できる時間に制限がある

always LUNCHは、ランチ定額サービスなだけあってランチタイムのみの使用が可能で、さらに店舗によって使用可能な時間が違ってきます。

アオイ

行きたいお店の時間と自分の休憩の時間が合わなかったりすると不便そう......

店舗によっては、12~13時の混雑する時間帯で利用できない場合があります。

事前に、行きたいお店がいつパスを使えるかなどを確認する必要がありそうです。

 

提供時間の短縮や、提携を解除するお店も出てきている

オールウェイズランチの提携店舗は増えてきていますが、オールウェイズランチ経由で来るお客さんは通常のお客さんよりも単価が安くなってしまうので、

元々人気のある店にとっては売上が落ちてしまうことになります。

↓会員用サイトのキャプチャーです

オールウェイズランチとの提携後、少なからず売上が落ちてしまっている飲食店もあり、提供時間の短縮や、提携を解除する店舗も出てきています。

コスパ博士

オールウェイズランチへの加入は、ある程度サービスが落ち着いてからでも良さそうかな。

 

ほぼ毎日利用できなければ、コスパは微妙

先ほど述べた通り、平日で毎日利用できれば(月20回)1食あたりの料金は税込440円ですが、

仮に半分程度しか利用できなければ(月10食)、1食あたりの料金は税込880円となります。

週の半分程度しか利用できなさそうな方にとっては、あまりコスパが良くないかもしれません。

ヒナタ

私も月に数回はみんなでランチに行くから、、、よく考えた方が良さそう。

 

エリアが限られている・メニューが少ない

使用できるエリアは拡大中ではありますが、東京で拡大予定を含めて4エリアのみなので会社の近くになかったり出張が多かったりするとコスパ良く感じないのではないでしょうか。

このように一部エリアに固まっているので、ここから遠い場所に会社があったりすると1ヶ月に20食は難しそうです。

コスパ博士

さらに、ランチタイムで混んでいて入れなかったり、選べるお店の数が少なかったり、自由に好きなお店に行きたい場合に不便に感じそうだね

また、1つの店舗でalways LUNCHが使えるメニューが限られている場合があるため、必ずしも好きなメニューを食べられるというわけではありません。

 

アプリがなくて若干使いづらい

always LUNCHにはアプリがありません。

ランチを食べる際にはパスを表示する必要がありますが、インターネットからログインして使う必要があります。

現在、アプリ化の準備もしているみたいなので、エリア拡大に伴って便利になりそうです。

 

社内で孤立してしまう、、、、、かも

社内でランチを食べるメンバー全員がオールウェイズランチに加入していればいいですが、

みんなでランチに行くときに自分ばかりオールウェイズランチの提携店舗に行っていると、社内で孤立してしまうかもしれません。

コスパグ

コスパを求めるあまり、社内で孤立しないようにね、、、

 

サーバーダウンで繋がらない場合が数回あった

ユーザー数が拡大していて、かつ、お昼どきにアクセスが集中するので、過去サーバーがダウンしてしまったケースが数回あります。

コスパグ

サイトにアクセスできないと当然利用できないから、これは心配だね。。。

 

オールウェイズランチの評判は?

気になるalways LUNCHの評判をみてみましょう!

 

良い評判

 

アオイ

すごい!こんなにボリューミーなランチも食べられるんだね!800円〜1,000円相当の食事も多いって!

すでに展開されているエリアの中でも加盟店が増えているのも、飽きなくて良いですね!

 

良くない評判

コスパに関する良くない評判はなく、内容に関する評判がありました。

 

加盟店の中で、食べられるランチの量が違うことがあるようです。

さらに、

 

同じお店でも、普通にお金を払って食べるランチよりもalways LUNCHの方が量が少ない気がする......

という声もありました。量が足りない場合は、追加料金で大盛りにしたり他のメニューを追加したりする必要がありそうです。

また、alway LUNCHは使用できる時間が決められていますが、アナウンスなく時間が変更されることもあるようです。十分にチェックしてからお店に向かった方が良さそうですね。

always LUNCHはコスパがいい代わりに使用する際に制限があることも......

 

オールウェイズランチの利用方法

利用方法
  1. always LUNCHの定額パスを購入する
  2. 行きたいお店を選ぶ
  3. お店にあるQRコードを読み込んで、店員さんに提示する
  4. 会計なしでランチを楽しむ

 

他に飲食店系のサブスクは?

オールウェイズランチの他にも、飲食店関連のサブスクは複数あります。

以下の記事でまとめて紹介しているので、興味がある方は読んでみてください。

 

まとめ

always LUNCHは、月に20回ほど使う人にとってはとてもコスパがいいと言えますが、月に10回ほどしか使わない人にとってはコスパがいいとは言えず、値上げ後は若干コスパが悪いとも言えます。

提供エリア近辺で働いている方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ヒナタ

パスのエリア内で働いていたり、ランチでよく外に食べに行ったりする人には本当にオススメだよ!

 

 

ぜひ、always LUNCHを使って、コスパがいいランチタイムを過ごしてみてください!

(画像出典元:「always LUNCH」公式HP)

 

その他の【定額制ランチ・ディナー】のサービス

定額制ランチ・ディナーのサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。