ChargeSPOT Pass(チャージスポットパス)

モバイルバッテリーのサブスク「ChargeSPOT Pass」の特徴や料金を紹介しています。

記事更新日: 2021/07/02

執筆: 衣川 史香

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

みなさん、スマホの充電は満タンですか??

出かけ先でスマホの充電が切れると、焦りますよね!

スマホを財布代わりにしている方も増え、今やスマホがないとかなり困りますよね!

そこで、今回紹介するサブスクは、モバイルバッテリーのサブスク「ChargeSPOT Pass(チャージスポットパス)」です。

この記事では、モバイルバッテリーのサブスクの特徴を紹介していきます!

この記事の監修

大和 貴人(やまと たかと)

2013年、慶應義塾大学卒業後、新卒で三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。
その後、大手広告代理店への転職を経て、2019年に㈱ユニベルを設立。
2020年1月、サブスク紹介サイト「コスパ部」を立上げ。
サブスク専門家として、日本テレビ「スッキリ!」、MBS「ミント!」などのメディアに多数出演。
良い点

月額1,100円でモバイルバッテリーが無制限に使い放題になります。

悪い点

実証実験は限定15,000人の利用となっています。

ChargeSPOT Passとは?

ChargeSPOT Passとは、「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーが月額制で回数・時間無制限にレンタルすることが出来るサブスクです。

ChargeSPOT は、全国に26,000カ所あります。(2021.07現在)

全国にこれだけ多くのスポットがあるので、ChargeSPOT Passを契約すれば、モバイルバッテリーを持ち運ぶ必要がなくなります!

設置場所は、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストアなど幅広く展開しています。

 

ChargeSPOT Passの特徴は?

ChargeSPOT Passの特徴をいくつか紹介していきます。

 

月額1,100円で無制限にレンタル可能

ChargeSPOTを単発で利用する際は48時間以内に返却しなければいけませんが、

ChargeSPOT Passに加入すると、月額1,100円無制限にモバイルバッテリーをレンタルすることが出来ます

設置場所は全国26,000カ所と、かなり多くのスポットがあるので、契約したけどスポットがなくて借りられないということは、ほとんどないと思います。

 

どこでも借りられてどこでも返せるスマホ充電器

ChargeSPOT Passに加入すると、全国26,000カ所のスポットのどこでもレンタルすることが出来ます

また、借りた場所でないスポットにモバイルバッテリーを返却することも出来ます。

ある場所でモバイルバッテリーをレンタルし、移動中に充電を済ませ、移動先でモバイルバッテリーを返却するということも出来ます。

充電がなくなった時のために、常にモバイルバッテリーを持ち運ぶ手間が省けるのは、嬉しいですよね♪

 

ChargeSPOT Passの注意点は?

ChargeSPOT Passの注意点をいくつか紹介していきます。

 

返却しないと充電されない

もちろんですが、レンタルしたモバイルバッテリーは、返却しないと充電がされません。

スポットでは、特殊な充電機でモバイルバッテリーを充電する為、レンタルしたモバイルバッテリーの充電を自宅でする事はできません

今日は返すのを忘れてしまったから、家で充電をして明日も使おうということは出来ないの注意してください。

「レンタルして充電したらすぐに返却する」

というサイクルで使用することをおすすめします!

 

ChargeSPOT Passは限定15,000人のみ利用可能

ChargeSPOT Passは、2021年7月現在、実証実験の段階です。

その為、利用可能期間は2021年7月2日~2021年12月31日までの期間限定で、15,000人のみが限定で利用することが出来ます

この実証実験を通して、加入するユーザーの属性や加入数を比較分析し、利用ニーズを調査し、有効性の検証を行うようです。

実証実験次第では、今後の利用も可能になると思います!

 

サブスクを契約すると、実際お得なの!?

今回は、ChargeSPOT Passというサブスクを紹介していますが、「ChargeSPOT」は、単発でも利用することが出来ます

単発で利用するときの料金は、以下の通りです↓

 

ここでは、どれくらい利用すればChargeSPOT Passを利用したほうがお得なのか、検証していこうと思います。

実際に、30分未満でモバイルバッテリーを返却する場合と48時間以内にモバイルバッテリーを返却する場合において、検証していきます!

30分未満で返却する場合は、月に7回以上利用することで、月額料金の元を取ることが出来ます。

しかし、モバイルバッテリーをレンタルする場合、充電する時間も考慮すると、30分未満で返却するのはなかなか難しいですよね!

その為、48時間未満でレンタルすることが多いと考えると、月に4回以上利用すれば元を取ることが出来ます

月に4回以上の利用で元が取れるのであれば、利用する価値ありなのではないでしょうか!?

 

ChargeSPOT Passの料金プランは?

ChargeSPOT Passは、先ほども紹介しましたが、月額1,100円の1プランのみです。

この月額料金を支払うことで、全国26,000カ所全ての「ChargeSPOT」が回数・時間無制限にレンタルすることが出来るようになります!

ヒナタ

毎回、利用時間と料金を気にせずに、定額で利用できるのは、ありがたいかも!

 

ChargeSPOT Passの評判は?

ここで、ChargeSPOT Passのの評判を紹介していきます。

ChargeSPOT Passは、まだ開始されたばかりのサブスクですが、「ChargeSPOT」自体は、前からあったサービスです。

そのため、ChargeSPOT Passの評判はまだないので順次更新していきますが、今回は「ChargeSPOT」に関する評判をいくつか見ていきましょう!

 

お出かけ中に助かった!

 

めちゃくちゃ良い!

 

「ChargeSPOT」に関する評判は、かなり良かったです

この評判の良さであれば、ChargeSPOT Passを利用する方も増えてくるのではないでしょうか?

 

まとめ

モバイルバッテリーのレンタルのサブスク「ChargeSPOT Pass」はいかがでしたか?

モバイルバッテリーを毎日充電したり、持ち運んだりするのって意外と面倒ですよね!

また、モバイルバッテリーを忘れた時に限って充電ってなくなるんですよね、、

いっそのこと、モバイルバッテリーを持ち運ぶのを辞めて、レンタルのサブスクもありだと思います!

気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

画像出典元:「ChargeSPOT」公式HP

その他の【その他】のサービス

その他のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。