パンスク

パンのサブスク「パンスク」について、サービスの特徴や評判などを解説していきます。

記事更新日: 2020/03/28

執筆: 大和貴人

コスパグ

みなさんこんにちは、コスパ部です!

近年、全国各地でパンフェスとよばれるパンの祭典が開催されるなど、空前のパンブームが続いています。

パンにも「パンスク」というパンのサブスクリプションがあります。

この記事では、パンスクの特徴やメリット・デメリット、評判やパン食べられるお店などについて徹底的に解説していきます。

 

良い点

全国のおいしいパンを食べることができます。また、焼きたてのパンを冷凍するので、おいしさが保たれたまま届きます。

悪い点

月額料金3,700円(税抜)は若干高めです。また、パン屋さんを自分で選ぶことはできません。

パンスクとは?

パンスクは、2018年秋から展開し、150社以上に導入している人気のサービス「オフィス・パンスク」という法人向けのサービスを、個人向けに改良したものです。

2019年11月にテストモニターを100名募集したところ、3,000名以上から応募がありました。

「おいしいパンを旅しよう」というコンセプトの元、毎月1回、全国のパン屋さんからおいしいパンが発送されるサブスクリプションサービスです。

 

パンスクのメリットは?

まずはパンスクのメリットについて紹介していきます。

 

全国のパン屋さんのパンが食べられる

パンスクでは、普通に暮らしているだけでは決して出会うことのない、全国のおいしいパン屋さんと出会うことができます。

パン屋さんの紹介カードと共にパンが送られてくることで、全国のパン屋さん巡りをしているような気持ちになることができます。

記事作成時点(2020年3月4日)の提携店舗は約20店舗ほどですが、全国のパン屋さんからパンスクへと申込みが殺到しており、今後提携店舗はかなり増えそうです。

 

焼きたてを冷凍するからおいしさはそのまま

パン屋さんが焼きたての状態で冷凍してくれるため、パンのおいしさが保たれたまま家に届きます。

パンスクの冷凍方法によって冷凍された焼きたてのパンは、常温で1日放置したパンよりも水分量や糊化度(触感や風味の良さを表す指標)をキープするという実証結果があります。

 

配送はスキップ可能

長期休暇で旅行に行くなど、家にいないことが多そうな月は、配送をスキップすることができます。

他にも前月分のパンが食べきれていないときにスキップしてもいいかもしれません。

 

パンスクのデメリットは?

ここまではパンスクのメリットについて紹介してきましたが、デメリットもいくつかあります。

 

料金はちょっとお高め

デメリットとして挙げられるのは、やはり料金が少し高めということです。

6~10個程度のパンに対して、月額料金の3,700円は若干高めに感じます。

コスパ博士

全国のパン屋さんに出会うことができるという点に付加価値があるんだね。

 

パン屋さんは自分で選ぶことができない

パンスクでは、パン屋さん及びパンの内容を自分で選ぶことはできません。

せっかく気に入ったパン屋さんが見つかっても、そのパン屋さんのパンを食べ続けられないのは、少し残念ですね。

コスパ博士

今後のサービス改善に期待しよう。

 

一人暮らしには少し多い量

パンスクで送られてくるパンは6~10個で、その内食パンが2斤ほど含まれているので、一人暮らしの方には若干多めの量になっています。

「食べきれなさそうだな、、」と思ったときは、次の月の配送をスキップするようにしましょう。

 

パンスクの評判は?

パンスクはできたばかりのサービスなので、サービス開始前のモニターの方々のレビューを中心に紹介します!

30代 女性
全国のパン屋を巡れる
パンが大好きです。でも全国のおいしいパンは食べることができないので、お家にいながら全国のパンを巡れるのは素敵だなと思いました!パン屋さんの雰囲気をご紹介くださるのも楽しみの一つに繋がるかなと思います!
30代 女性
冷凍パンがこんなに美味しいとは
冷凍パンがこんなにもおいしいとは思いませんでした…!二人暮らしなのでパンがいつも残ってしまうのですが、冷凍なので食べる分だけで、とても便利でした!また、人気のパン屋さんは遠かったり並んだり完売していたりと買えないこともあるので、家に届くのはありがたいなぁと思います。
30代 女性
毎日おいしく食べられた
パンの種類も豊富で、毎日どのパンを食べようか楽しみながら食べることができました。中に入っている案内もとても可愛くて、センスの良さを感じました。

※「PR TIMES」掲載レビュー参照

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【パンスク】届いた! この前ネット記事で偶然見かけてそのまま登録してしまった、「パンスク」。 立ち上がったばっかり!?で、日本全国の地方のパンを毎月1回ランダムで届けてくれるサブスクリプションサービス。 さっそく本日、第1回目が到着! 石川県の「NOTOHIBAKARA BAKERY」というパン屋さんのパンが10個くらい入って冷凍で届きました。 会社に保管しながら1個ずつ解凍して1ヶ月を過ごす会社での新しい楽しみ方。 来月はどこのどんなパンが来るのかも楽しみ。 #パンスク

Masaya Ohshima(@masayassy)がシェアした投稿 -

「味は美味しかったけど、高いと感じた」という意見もありました。

 

食べられるパン屋さんを紹介!

パンスクの提携パン屋さんは20以上ありますが、提携している一部の店舗を紹介します!

 

BAKERY ABE

田園都市線「藤が丘」駅から10分程度歩いたところにある「BAKERY ABE」は、有名店「ビゴの店」のシェフブーランジェを務めていた店主の阿部さんが独立して開いたお店です。

地元の方々に愛される名店で、ハード系のパンから、メロンパン、あんパンまで幅広い品ぞろえがあります。

画像出典元:「パンスタ」

 

NOTOHIBAKARA BAKERY

石川県金沢市の「NOTOHIBAKARA BAKERY」の店内は、能登ヒバをふんだんに使用していて、まるで森の中にいるような感覚になれるパン屋さんです。

厳選された素材で焼き上げるパンは、味はもちろん見た目にもこだわっており、公式インスタもとてもキレイです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NOTOHIBAKARA BAKERY(@notohibakara_bakery)がシェアした投稿-

 

パン屋さんにとっても嬉しいサービス

パンスクは、ユーザーにとって嬉しいサービスであることはもちろんですが、パン屋さんにとっても嬉しいサービスです!

 

新規顧客獲得につながる

パンスクでパンが全国のパン好きに食べられることで、新たなお客さんを獲得できます。

パンスクで食べたパン屋さんが近かったら、是非直接お店に行ってみましょう。

 

廃棄ロスを削減できる

売れ残ったパンは通常では廃棄処分してしまいますが、パンスクを経由して販売することで、廃棄ロスを削減できるだけでなく、売上アップにもつながります。

パン屋さんにとっては正に魔法のようなサービスと言えます。

 

パンスクの月額料金は?

パンスクの月額料金は、税抜3,700円です。

パン6~10個で月額3,700円と考えると若干高めに感じますが、普通に暮らしているだけでは出会えないパン屋さんと出会うことができるのが、パンスクの魅力です。

 

パンスクの利用方法は?

パンスクの利用方法は、以下のようになっています。

パンスクの利用方法
  1. 会員登録する
  2. 受取日時を指定する
  3. パンをトースターで焼きなおす
  4. 焼きたてのパンを楽しむ

 

他に食べ物のサブスクはある?

パンスクの他にも、食べ物に関するサブスクは複数あります。

お菓子のサブスクなど面白いサービスがあるので、興味のある方は以下の記事をご覧ください。

 

まとめ

サブスク化の流れが、パンにも広がってきました。

ユーザーはもちろん、特にパン屋さんにとって非常に良いサービスなので、提携店舗は今後増えてくると思います。

パン好きの方は、一度サイトを見てみてはいかがでしょうか?

 

(画像出典元:「パンスク」公式HP)

その他の【食べ物】のサービス

食べ物のサービス

ページトップへ

Looking For High Cost Performance

モノやサービスで溢れているこの時代。
高いものが本当に良いものなんでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
安くても良いものもあるはず。
でも、それを探すとなると結構大変。
そんなみなさんを救うべく、我々コスパ部が徹底的に検証して、みなさんの選択をお助けします。